台所やお風呂、洗面所で使用している混合水栓ですが、水漏れや劣化により新しい物と交換する時期がいずれやってきます。混合水栓には壁付けタイプ・カウンタータイプ・デッキタイプ・コンビネーションタイプなど様々な物がありますが、今回の記事では広く使用されている壁付けとカウンタータイプの混合水栓の”自分で出来る交換方法”を解説します。

壁付け混合栓(混合水栓)の交換方法

【事前に用意する物】
混合水栓の交換作業を自分で行う場合、以下の物を事前に用意しておきましょう。

それぞれネット通販で安く簡単に手に入れることができます。以上の物を揃えたらいよいよ交換作業に移りましょう。壁付け混合水栓の交換作業の手順は以下の通りです。

手順①:止水栓(元栓)を閉める

止水栓の場所は戸建てと集合住宅かで変わります。戸建ての場合はほとんどが屋外の水道メーターの中にあります。逆に集合住宅の場合は玄関付近(外)にあるボックス内にあります。

ご自宅の止水栓がどこにあるかわからない場合は、大家さんや管理人、水道局にお問い合わせください。

止水栓の閉め方ですが、バルブを時計回りに回すことで水を止めることができます。
バルブを時計回りに回す

手順②:固定ナットを外す

固定ナットを外す
混合水栓の裏側の固定ナットをモンキーレンチで緩めて取り外します。

手順③:水栓クランクを外す

水栓クランク
水栓クランクを両方とも反時計回りに回して取り外します。固くなった水栓トランクは、無理に回そうとすると給水管が傷つくので気をつけてください。

給水管内の汚れをチェックし、汚れているようであれば歯ブラシで清掃しましょう。汚れを放置すると後々水漏れの原因になってしまいます。
給水管内の汚れをチェック

手順④:新しい水栓クランクの回転数を確認

交換する新しい水栓クランクを、シールテープを巻かない状態で何回転で固定されるか確認します。回転数が6回転であれば、シールテープを巻き付けてからの回転数は5回転になります。

手順⑤:左右の水栓クランクの高さを確認

手順④の状態で、ものさしを平行にして左右の水栓クランクの高さが平行か確認します。確認ができたら水栓クランクを外します。
※高さが合っていない場合、高さを調節するアダプターの購入が必要です。

手順⑥:水栓クランクにシールテープを巻く

左右の水栓クランクの太さが同じになるように、分量を一定に保ちながらシールテープを時計回りに巻き付けます。

手順⑦:新しい水栓クランクを取り付ける

手順④で数えた回転数より1回転少ない回転数で、新しい水栓クランクを「への字」に取り付けます。例えば、シールテープ無しの状態での回転数が5回転なら、ここでは4回転で取り付けます。

注意点として、取り付けている際に調節しようと逆回転にしてしまうと水漏れの原因になってしまうのでご注意ください。もしも逆転にしてしまった場合は、手順6のシールテープを巻くところからやり直しましょう。

手順⑧:水栓本体を取り付ける

水栓クランクが逆回転しないように注意しながら、左右の水栓クランクを調節して水栓本体が水平になるように取り付けましょう。左右の高さが揃って水平になったら、モンキーレンチを使用して左右のナットを完全に閉めます。

手順⑨:作業完了

混合水栓 交換完了
水道の元栓(止水栓)を開いて水を出し、水漏れなどの問題がなければ交換完了です。お疲れ様でした!

カウンタータイプの混合栓(混合水栓)の交換方法

【事前に用意する物】
混合水栓の交換作業を自分で行う場合、以下の物を事前に用意しておきましょう。

それぞれネット通販で安く簡単に手に入れることができます。以上の物を揃えたらいよいよ交換作業に移りましょう。カウンタータイプの混合水栓の交換作業の手順は以下の通りです。

手順①:カウンター下の止水栓を閉める

カウンタータイプの止水栓
キッチンのカウンター下に止水栓がある場合は、その止水栓を閉めることで水を止めることができます。※カウンター下に止水栓が見当たらない場合は、元栓を閉めましょう。

手順②:固定ナットと逆止弁を外す

止水栓に繋がっている固定ナットと逆止弁を取り外しましょう。

手順③:台座の固定部分を工具で外し、古い水栓を引き抜く

六角レンチを使用してカウンター下の固定具を外し、台座と一緒に古い水栓を取り外します。

手順④:新しい水栓の台座を固定

新しい水栓の台座を製品の説明書に書かれた方法で固定する。

手順⑤:新しい蛇口の取り付け

六角レンチ(物によってはドライバー)使って固定した台座に水栓本体を取り付けます。

手順⑥:新しい逆止弁の取り付け、給水ホースに接続

逆止弁にパッキンを入れ、工具でしっかり止水栓に取付ける。取り付けた後、逆止弁に給水ホースを接続し、付属のクリップとキャップで固定する。※給水ホースにはお湯と水の2種類があるので気をつけてください。

手順⑦:作業完了

混合水栓 交換完了
カウンター下の止水栓(元栓を閉めている場合は元栓)を開け、水漏れしていなければ交換作業完了です。

こんな方は『水道修理ルート』に混合栓(混合水栓)の交換をお任せください

今回ご紹介したのは、広く利用されている壁付けタイプの混合水栓の交換方法でした。冒頭でも触れましたが、壁付けタイプ以外のタイプもいくつかあります。

どの混合水栓も自分で交換することは不可能ではありませんが、コツやある程度の技術がないと後々水漏れとなって返ってきます。そのため、

という方は、経験豊富な有資格者が多数在籍しており、水道局認定工事店である『水道修理ルート』にお任せください!

『水道修理ルート』なら、

出張費用と点検が無料で、料金に納得できなくてキャンセルしてもキャンセル料がかからない!だから高額請求に不安な方でも安心!
エリアNo.1の低料金!だからなるべく費用を抑えたい人にオススメ!
24時間依頼ができて、深夜・早朝の対応も可能!だからお仕事で時間が取れない人や急なトラブルにも対応してもらえる!

などなどお客様にとってのメリットがとてもあります!

また、混合水栓の交換だけでなく漏水調査やその他水道関連の修理も受け付けており、修理・工事中の不測の事態にも対処いたしますので、自力での解決が難しい場合は安心してお任せください。

お電話をいただいてから最短15分で駆けつけます。お困りの際はすぐにお申し付けください。

水道修理ルートの料金をチェック!