トイレやお風呂、キッチンなどに導入される代表的な水栓設備の一つ、混合水栓。

そんな混合水栓ですが、他の水栓設備と同様に混合水栓にも耐用年数があるため、しばらく使い続けていると不具合が発生するようになってしまうことも…。

そういった事態に備えて把握しておきたいのが、混合水栓の交換方法についてです。

この記事では、混合水栓の交換が必要になるケースに触れながら、混合水栓の交換方法を種類別にご紹介します。

混合水栓の交換が必要になる4つのケース

混合水栓の交換を迷っている方や検討されている方の中には、どういったタイミングで交換すればいいかがわからず、いまいち交換に踏み切れないという方も多いかと思います。

そこでまずは、混合水栓の交換が必要になるケースについて紹介していきます。

混合水栓の交換をおこなうタイミングを見極める際の参考にしてください。

修理や部品の交換での対応が難しい場合

既存の混合水栓で何かしらの不具合が発生してしまっている場合、修理や部品の交換で対応できる場合と対応できない場合があります。

水栓全体が劣化している場合など、修理や部品の交換での対応が難しい場合は、新しい混合水栓を購入し、交換しなくてはいけません。

耐用年数が過ぎてしまっている・近づいている場合

混合水栓は消耗品ですので、耐用年数が決まっています。

耐用年数はメーカーや混合水栓のモデルによって異なりますが、10年が一つの目安になります。

10年以上使い続けている混合水栓やそろそろ10年になる混合水栓は、いつ不具合が発生してもおかしくありません。

代表的な不具合としては、以下のような症状になります。

【混合水栓で起こる代表的な不具合】

・水が出にくくなる
・水漏れが発生する
・異音がする

耐用年数が過ぎている・近づいている混合水栓はある日急に使えなくなってしまう可能性もありますので、交換を検討するべきだと言えるでしょう。

不具合が発生してしまっている場合

既存の混合水栓で何かしらの不具合が発生してしまっている場合は、なるべく早いタイミングで新しいものに交換する必要があります。

不具合が発生している状態を放置していると、状態が悪化してさまざまな不具合が発生するようになってしまう可能性がありますし、水漏れなどの不具合によって住宅の劣化を招いてしまう可能性もあります。

そのため、すでに何かしらの不具合が発生しているのであれば、新しいものに交換するようにしてください。

新しい混合水栓を取り入れたい場合

既存の混合水栓がまだ問題なく使用し続けられる状態であったとしても、機能的な混合水栓やデザイン性の高い混合水栓を取り入れたい場合は混合水栓の交換が必要になります。

既存の混合水栓がまだ使える状態の場合は若干もったいなく感じてしまいますが、機能的なものやデザイン性の高いものに変更することで快適さや満足感が得られるのであれば交換を検討してみるのもおすすめですよ。

混合水栓の交換は自分でもできる?

混合水栓の交換を検討している方の中には、「業者に依頼せず自分で対応できないか」と考えている方もいるかと思います。

混合水栓の交換は決して簡単におこなえるようなものではありませんが、必要な道具を用意し、正しい方法で対応すれば、一般の方でも交換可能です。

この後紹介する、「自分で混合水栓を交換するメリット・デメリット」や「【種類別】混合水栓の交換方法」をチェックし、自分でも対応できそうであれば、ぜひチャレンジしてみてください。

自分で混合水栓を交換するメリット・デメリット

混合水栓の交換を自分でおこなう場合、事前に把握しておくべきなのが、「混合水栓の交換を自分でおこなうメリットとデメリット」について。

混合水栓の交換を自分でおこなうメリットとしては、混合水栓の交換にかかる費用を抑えられる点があげられます。

混合水栓の交換を水道修理業者に依頼すると作業料だけでも5,000円はかかることになりますが、自分で対応する場合この作業料をまるまる節約できることになります。

また、業者に依頼すると対応してもらうまでにどうしても時間がかかってしまいがちです。

依頼するのが夜間になるのであればなおさらです。

一方、自分で対応する場合は道具と部品が揃っていればすぐにでも対応できますし、業者の都合に左右されず自分の好きなタイミングで対応できます。

ただし、混合水栓の交換は決して簡単におこなえるようなものではありません。

専門的な道具も使用しますし、手順も複雑です。

対応するのが初めての場合だと上手く交換できない可能性もありますし、何とか交換できたとしても後から不具合が発生してしまうこともあります。

自分で混合水栓の交換にチャレンジするのであれば、このデメリットを理解した上でおこなう必要があります。

【種類別】混合水栓の交換方法

混合水栓の交換を自分でおこなう場合、正しい方法・正しい手順でおこなうことが大切です。

混合水栓の交換方法を、必要な道具や交換する際の注意点をまじえながら、混合水栓の種類別に紹介していきます。

まずは混合水栓の種類を確認しよう

混合水栓を交換する場合、まず初めに既存の混合水栓の種類を確認しなくてはいけません。

混合水栓には、種類が4つあり、それぞれ交換方法や手順が異なります。

【混合水栓の種類】

・壁付タイプの混合水栓
・カウンタータイプの混合水栓
・デッキタイプの混合水栓
・コンビネーションタイプの混合水栓

混合水栓を交換する場合は基本的に既存の混合水栓と同じ混合水栓を購入して交換することになるため、まずは既存の混合水栓の種類を確認するようにしましょう。

壁付けタイプの混合水栓の交換方法

壁付けタイプの混合水栓は、住宅の壁に備え付けてある給水管に接続するタイプの混合水栓です。

浴室に採用されることが多くなっています。

壁付けタイプの混合水栓を交換する場合に用意するべき道具は以下のとおりです。

【壁付けタイプの交換に必要な道具】

・モンキーレンチ
・シールテープ
・歯ブラシ
・タオル

また、壁付けタイプの混合水栓を交換する際の手順については以下のとおりとなっています。

【壁付タイプの交換手順】

1.元栓を閉める
2.固定ナットを緩める
3.クランク取り外す
4.給水管を掃除する
5.回転数と高さを確認する
6.シールテープを巻く
7.クランクを給水管に取り付ける
8.水栓を取り付ける

混合水栓の交換をおこなう場合は、必ず元栓を閉め、水が出なくなったことを確認してからおこなうようにしてください。

元栓を閉めたら、水栓を固定しているナットを緩め、水栓を取り外します。

水栓を取り外したら、両方のクランクを回して取り外しましょう。

クランクを取り外したら、用意しておいた歯ブラシを使って壁の給水管を掃除してください。

次に、新しいクランクを仮で取り付け、回転数と高さを確認します。

クランクを外し、接合部にシールテープを10~13回を目安に巻きつけていきます。

次に、クランクを取り付けていきますが、右のクランクの高さを少し下げ、ひらがなの「へ」の字になるようにセッティングしてください。

水栓を取り付け、「へ」の字になっているクランクの高さが平行になるよう高さを調整しましょう。

後は元栓を開け、水が出るのが確認できれば交換は完了です。

カウンタータイプの混合水栓の交換方法

カウンタータイプの混合水栓は住宅のキッチンに多く採用されている混合水栓です。

カウンタータイプの混合水栓を交換する場合に用意するべき道具は以下のとおりです。

【カウンタータイプの交換に必要な道具】

・モンキーレンチ
・ナット締め付け工具
・プラスドライバー
・マイナスドライバー
・六角レンチ
・タオル

また、カウンタータイプの混合水栓を交換する際の手順については以下のとおりとなっています。

【カウンタータイプの交換手順】

1.元栓を閉める
2.床にタオルを敷く
3.固定ナットを緩める
4.カウンターの固定具を取り外す
5.既存の混合水栓を取り外す
6.止水栓の部品を取り外す
7.台座を取り付ける
8.新しい水栓を取り付ける
9.給水管に逆止弁を取り付ける
10.給水ホースを取り付ける
11.シャワー用の給水ホースを取り付ける

元栓を閉めて水が出ないのを確認したら、水栓の下の給排水管の下にタオルを敷いて床が濡れないようにしましょう。

次に、給水管と給水ホースの固定ナットをモンキーレンチで外します。

六角レンチでカウンターの固定具を取り外したら、既存の混合水栓を取り外しましょう。

次に、止水栓に使われている古い逆止弁を取り外します。

新しい台座を取り付けたら、新しい混合水栓を取り付け、台座にしっかりと固定します。

新しい逆止弁を取り付けたら、給水ホースとシャワー用の休止ホースを取り付け、問題なく水が出れば完了となります。

デッキタイプの混合水栓の交換方法

デッキタイプの混合水栓は、サーモスタット式と呼ばれることもある混合水栓です。

サーモスタットがお湯と水の量を自動で調整してくれるため、急に水が冷たくなったり熱くなったりすることがありません。

この特性上、浴室に採用されることが多くなっています。

デッキタイプの混合水栓を交換する場合に用意するべき道具は以下のとおりです。

【デッキタイプの交換に必要な道具】

・モンキーレンチ
・ナット締め付け工具
・プラスドライバー

また、デッキタイプの混合水栓を交換する際の手順については以下のとおりとなっています。

【デッキタイプの交換手順】

1.点検口を開けて水を止める
2.固定ナットを緩める
3.止水栓と混合水栓を取り外す
4.新しい止水栓を取り付ける
5.新しい混合水栓を取り付ける

デッキタイプの混合水栓はお風呂に取り付けられていることがほとんどです。

そのため、作業を始める場合は、浴槽やお風呂の壁にある点検口を開け、元栓を閉めてから始めるようにしましょう。

元栓を閉めたら、モンキーレンチで固定ナットを緩めます。

ナットを緩めたら、止水栓の部分から混合水栓の本体ごと取り外しましょう。

新しい止水栓んと混合水栓と取り付け、問題なく水が出れば完了です。

コンビネーションタイプの混合水栓の交換方法

コンビネーションタイプの混合水栓は、水が出る吐水口とレバーが分かれているタイプの混合水栓です。

洗面所の水栓として採用されることが多くなっています。

コンビネーションタイプの混合水栓を交換する場合に用意するべき道具は以下のとおりです。

【コンビネーションタイプの交換に必要な道具】

・モンキーレンチ
・ナット締め付け工具
・プラスドライバー
・マイナスドライバー
・六角レンチ
・タオル

また、コンビネーションタイプの混合水栓を交換する際の手順については以下のとおりとなっています。

【コンビネーションタイプの交換手順】

1.止水栓を閉める
2.床にタオルを敷く
3.固定ナットを緩める
4.台座の固定具を取り外す
5.古い水栓設備を取り外す
6.新しい水栓設備を取り付ける
7.給水管に逆止弁を取り付ける
8.逆止弁にホースを取り付ける
9.シャワーホースを取り付ける

まず初めに、給水管の止水栓を閉め、水が出ないようにしましょう。

止水栓を閉めても水が漏れる場合があるので、床が濡れないようにタオルを敷くのも忘れないようにしてください。

次に、モンキーレンチで固定ナットを緩め、給水管と給水ホースを取り外します。

固定ナットではなくキャップで固定されている場合もあります。

台座の固定具を取り外し、古い水栓設備を取り外しましょう。

次に、新しい水栓設備を取り付け台座に固定したら、給水管に新しい逆止弁を取り付けます。

逆止弁にホースを取り付け、もう片方にシャワーホースを取り付けたら完了です。

取り付けが完了したら、水が出るか確認しましょう。

自分で交換するのが難しい場合は水道修理業者に依頼しよう

種類別に混合水栓の交換方法を紹介してきましたが、「自分で対応するのは難しそうだな…」と感じる場合は、水道修理業者に対応してもらうのがおすすめです。

混合水栓の交換を水道修理業者に対応してもらうメリットとデメリットに触れながら、おすすめする理由について解説していきます。

混合水栓を水道修理業者に交換してもらうメリット・デメリット

混合水栓の交換を自分でおこなうのが難しい場合やおこなってはみたものの上手くいかない場合は、水道設備のエキスパートである水道修理業者に対応してもらいましょう。

紹介してきたとおり、混合水栓の交換は決して簡単におこなえるようなものではありません。

少しでも対応を間違えてしまうとうまく交換できませんし、上手く取り付けられても、後になって水漏れなどの不具合が発生してしまうことも少なくありません。

一方、水道修理のプロである水道修理業者に対応してもらえば交換できないなんてことはありませんし、取り付け方を間違えて不具合が発生するなんてこともありません。

プロの豊富な知識と経験、技術力で新しい混合水栓に交換してくれます。

一方、水道修理業者に混合水栓の交換を依頼する場合のデメリットとしては、費用が発生する点があげられます。

料金は業者によって異なりますが、作業料だけで5,000円ほどはかかると考えておくべきです。

しかし、適切な方法で対応してもらえることを考えれば、決して高くはありません。

交換した混合水栓をなるべく長く使用するためにも、水道修理のプロである水道修理業者への依頼も検討してみてください。

水道修理業者に混合水栓の交換を依頼した場合にかかる費用の目安

水道修理業者に混合水栓の交換を依頼する場合、何よりも気になるのが交換にかかる費用についてではないでしょうか?

弊社「水道修理ルート」に水栓設備の修理や交換を依頼する場合の費用は以下のとおりとなっています。

修理内容 費用の目安 オプション料金
水栓の部品交換 5,500円 +部品代
+廃材引取料
分岐水栓取付
(単水栓)
13,200円
分岐水栓取付
(シングルレバー)
22,000円
切替弁交換
止水弁交換
16,500円
カートリッジ交換 16,500円
レバー交換 8,800円
断熱(泡沫)キャップ交換 8,800円
吐水口部パッキン交換 11,000円
吐水口部交換 11,000円
逆止弁交換 7,700円
アングル止水栓交換 10,450円
分岐水栓取付 13,200円

上記の費用はあくまで弊社に依頼した場合の費用ですが、目安にはなるはずですので、ぜひ参考にしてください。

正確な費用を知りたい場合は、業者に見積もりの作成を依頼するようにしましょう。

混合水栓の交換を依頼する業者の選び方

混合水栓の交換で失敗したくない場合、重要になってくるのが業者選びについて。

混合水栓の交換を依頼できる業者はたくさんありますが、業者によって技術力が大きく異なりますし、対応の良さにも差があります。

また、住宅のトラブルに対応してくれる業者の中には、「悪徳業者」と呼ばれるあまりおすすめできないタイプの業者もあります。

そういった業者への依頼を避けるためにも事前に知っておきたいのが「業者の選び方」についてです。

ここからは、業者選びの3つのポイントについて解説していきます。

水道修理の実績が豊富な業者を選ぶ

混合水栓の交換を依頼する業者を選ぶ際、まず注目したいのが水道修理に関する「実績」です。

水道修理の実績が乏しい業者に依頼するよりも実績が豊富な業者に依頼する方が安心して依頼できますし、仕上がりに満足できる可能性も高くなります。

業者のホームページを確認し、ホームページに記載されている実績を確認するようにしましょう。

余計な手数料のかからない業者を選ぶ

費用をなるべく抑えながら混合水栓の交換をおこないたいと考えているのであれば、余計な手数料のかからない業者を選ぶようにするべきです。

トイレやお風呂、キッチンなどの水栓設備の交換を業者に依頼した場合にかかる費用についてはさきほど紹介したとおりですが、業者によっては手数料が発生してしまう場合があります。

どういった手数料が設定されているかは業者によって異なりますが、代表的なものとしては、「見積もり料」「出張料」「深夜割増料金」などがあげられます。

住宅設備の修理は、問題が発生している箇所をつきとめ、それぞれの不具合に適した方法で修理をおこなう必要があるため作業をおこなう前に見積もりを作成してもらう必要がありますが、その際に発生するのが見積もり料です。

また、業者によってはお宅に訪問する手間賃として出張料を徴収しているところもあります。

そして、修理の対応が夜の遅い時間帯になる場合に発生するのが、深夜割増料金です。

こういった手数料を設けるかどうかは業者が判断するべき部分であるため文句は言えませんが、手数料を設けている業者に対応を依頼してしまうと、トータルの費用が割高になってしまいがちです。

そのため、こういった手数料を設けている業者の利用を避け、手数料が一切かからないタイプの業者に依頼するようにしましょう。

アフターフォローが充実している業者を選ぶ

混合水栓の交換を依頼する業者を選ぶ場合アフターフォローの内容についても確認しなくてはいけません。

工事完了後の定期点検や無償修理など、アフターフォローが充実している業者を選ぶようにしましょう。

アフターフォローが一切ない業者に対応を依頼してしまうと、工事後の不具合への対処にもお金がかかってしまうことになります。

水道修理業者の中には、定期点検や無料保証などアフターフォローが充実しているタイプの業者もあります。

当然そういったアフターフォローの充実している業者に依頼する方が安心して修理や交換を任せられますので、なるべくそういった業者を選ぶようにしましょう。

まとめ

今回ご紹介した「混合水栓の交換方法を種類別に解説!自分での対応が難しい場合の対処法も」はいかがだったでしょうか?

混合水栓の耐用年数は10年ほどと比較的長めです。

そのため、そう頻繁に交換する必要があるわけではありませんが、耐用年数が近づいている場合や過ぎてしまっている場合、すでに何かしらの不具合が発生してしまっている場合は交換を検討するべきだと言えます。

また、多機能な混合水栓やデザイン性の高い混合水栓に交換したいなど、新しい混合水栓を取り入れたい場合も、当然ですが交換が必要になります。

混合水栓の交換は自分でも対応可能ですので、今回紹介させてもらった内容を参考にしながらチャレンジしてみるのもおすすめです。