トイレ、台所、浴室、洗面台など、排水口のつまりが自然に解消されることは稀です。放置しておけば、水があふれてしまいそのうち床や壁、家具にまで被害が及びます。

あわてて専門業者を呼ぶ前に、まずは真空式パイプクリーナーの使用を検討してみましょう。

真空式パイプクリーナーは、初期の段階であれば、水回り全般のつまりに対処できるため、一家に1台あると便利なアイテムです。

真空式パイプクリーナーがつまりを解消する仕組み、具体的な使い方、値段や注意点も合わせてお伝えします。

真空式パイプクリーナーとは

排水口のつまりを解消するアイテムには、液体もしくは粉末の洗浄剤、ワイヤーブラシ、加圧式パイプクリーナー、ラバーカップ、真空式パイプクリーナーなどがあります。

洗浄剤は、髪の毛や油を溶かします。固形物のつまりには適しませんが、定期的な使用で、つまりの予防になります。

ワイヤーブラシは、つまりの原因となっている物体を、直接かき出して取り除きます。

加圧式パイプクリーナーは、つまりの原因を押し流すものですが、実際の効果は穏やかなので、水流や臭いの改善に使うとよいでしょう。

ラバーカップは、手動で排水口に圧力をかけ、つまりの原因を引き抜きます。俗に「スッポン」とも呼ばれますね。

真空式パイプクリーナーは、別名を「真空ポンプ」といい、ポンプ式で排水口に圧力をかけ、つまりの原因を引き抜きます。

手動でない分、吸引力が強く、なおかつ力が無くても扱えるため、高齢の人や女性でも安心です。

他に、ローポンプや高圧洗浄機もあげられますが、値段が高く、使い方も難しいため、一般的とはいえません。主に業者が使用します。

真空式パイプクリーナーの特徴と仕組み

真空式パイプクリーナーは、本体が筒状で、上部にハンドルが付いているのが特徴です。下部にあたる先端部分は、排水口の種類で形状が違うため、用途に応じて使い分けます。

つまりを吸引する仕組みは、いたってシンプルです。

【真空パイプクリーナーが吸引する仕組み】

1.ハンドルを引いて、先端から水や空気を吸い込み、筒の中にため込む。
2.ハンドルを押して、水や空気を押し出す。

どんなときに使えばいい?

真空式パイプクリーナーが解消できるつまりは、水に溶けるもの、油のぬめり、圧力をかければ引き抜けるものに限ります。

したがって、水に溶けないもの、固形物、大き過ぎるものや多過ぎるものが詰まった場合は、水道修理業者に対応を任せるのが賢明です。

無理な圧力をかけると、つまりの原因は奥に移動して、配菅まで進んでしまいます。

こうなると、水道修理業者の屋内作業では対応できず、配管清掃業者の屋外作業が必要となり、費用も時間もかさみます。

真空式パイプクリーナーの具体的な使い方と注意点

真空式パイプクリーナーで解消できるトラブルと、解消できないケースを仕分けします。

【真空式パイプクリーナーで解消できるつまりのトラブル】

・トイレ
トイレットペーパー
排泄物
トイレ用洗剤
トイレ用掃除シートなど

・台所
油分
液体
野菜くずや食べ残し
台所洗剤など

・浴室
髪の毛や体毛
シャンプーやボディソープ類
スクラブやオイル
入浴剤など

・洗面台
髪の毛
整髪剤
洗顔料など

【真空式パイプクリーナーで解消できないトラブル】

・トイレ
大量のトイレットペーパーや便
子どもがポケットから落としたおもちゃ
掃除グッズのパーツ(プラスティックなど)
生理用品
座ったときにはがれた湿布

特に湿布を流してしまうと、濡れた湿布が大きく膨らんで、ネバネバが便器の奥まで広がります。真空式パイプクリーナーは使用せず、水道修理業者や専門業者に任せてください。

・台所
大量の溶けにくい食材
大量の油
ビニールの包装
シンク磨きのスポンジ(激落ちくんなど)

案外多いのが、シンクを洗うスポンジです。ついでに排水口の掃除をした際、水と一緒にスポンジを流してしまうようです。

スポンジは、それ自体は柔らかいですが、あくまでも固形物です。水に溶けませんから、真空式パイプクリーナーでは対処しきれません。無理をすると、つまりが配管まで進んでしまいます。

洗面台とお風呂のつまりは、ほとんどが髪の毛や体毛です。根気強く繰り返せば、つまりが解消するでしょう。

事前の準備

事前に、濡れたり汚れたりしてもいい服装に着替えます。排水口から何か出てくるかもしれませんから、取り出すためのビニール手袋もしてください。

自動洗浄機能が付いたトイレ、自動水栓が付いた洗面台は、勝手に水が流れないよう、センサーを止めるか、止水栓を締めておきましょう。

真空式パイプクリーナーを使っている最中、もし何かの拍子で体勢のバランスが崩れると、とんでもない方向に液体が飛び散ることが考えられます。

周囲への飛び散りを防ぐため、ビニールや新聞紙で養生(カバー)をしておきます。床と壁、近くの家具にもしておきましょう。養生の必要がないのは浴室だけです。

トイレの場合は、穴を開けたビニール袋で便座ごと覆い、穴から真空式パイプクリーナーを入れて作業すると万全です。

洗面台の場合は、オーバーフロー呼ばれる排水の穴があるので、タオルかガムテープで、ふさいでおきます。

作業の手順

1.先端部分のラバーカップを、排水口にぴったりと密着させる。
2.先端と本体を、排水口に押し付けながら、ハンドルを勢いよく引く。
3.ゆっくり静かにハンドルを押す。
4. 2.3.を繰り返す。
5.ゴボゴボ……という音や手応えが終了の合図。
6.試しに水を流してみる。
※固形物が浮いて出てきたら、必ず手で取り除くこと(流してしまうと、元の木阿弥になりかねません)。

使うときの注意点

ハンドルを引くとき、つい本体ごと引き上げてしまいがちですが、空気が漏れてしまうため、吸引し損ねます。先端部分が排水口から浮かないよう注意してください。

上手に使うコツは、「ハンドルを押すときはゆっくり、引くときは勢いをつける」という鉄則です。

このルールを反対にすると、つまりが解消されないばかりか、水が噴き出して自分にかかる可能性があります。トイレの場合は汚水ですから、慎重に作業しましょう。

真空式パイプクリーナーを買う前に

これから真空式パイプクリーナーを購入する予定でしたら、先端部分のラバーカップが取り外せて、用途に応じた交換が可能なタイプが便利です。

知っておきたいポイント

トイレは和式、洋式の違いだけですが、台所、浴室、洗面台などの排水口は、S、M、Lといったサイズ分けをした商品が多いです。購入前に、排水口の直径を測っておきましょう。

どこで売ってる?値段は?

真空式パイプクリーナーは、大抵のホームセンターには置いてあります。また、通販でも購入できます。販売価格は、1,000円から3,000円程度が目安です。

ラバーカップは、スーパーの掃除用具売り場、日用品が多く並ぶドン・キホーテや100円ショップなどでも目にしますが、真空式パイプクリーナーが置いてあることは少ないです。

まとめ

お風呂のように数日我慢できる場合はともかく、トイレのように一刻もガマンができないケースもあります。そんなときに活躍してくれるのが、真空式パイプクリーナーです。

おすすめは、年末の大掃除で、家中の排水口に真空式パイプクリーナーをかけておくこと!
毎年実践するだけで、つまりのトラブルが、年間を通してぐっと減るはずです。

普段は、定期的な洗浄剤の使用で、つまりを予防するのも忘れずに。