「散水栓から水漏れしてしまっているので、修理をしたい」
「散水栓の使い勝手が悪いから、立水栓に交換したい」

玄関前の散水栓の蛇口は、水漏れが生じやすい箇所の一つです。また、ガーデニングや庭の掃除などで散水栓の利用頻度が高い方にとっては、利便性がよくないと大きなストレス要因にもなります。

この記事では、散水栓の悩みを解決するための方法(DIYと業者に依頼する方法)や、業者に依頼する場合の費用について解説します。

散水栓蛇口に関する悩み・トラブルとは?

散水栓とは、庭掃除や洗車などの際に使用する水栓のことです。おもに庭掃除や洗車などの際に使用されます。

散水栓のメリットは、少ないスペースでも設置可能で、動線の邪魔にならないことです。しかし、散水栓に関して悩みやトラブルを抱えている方もいます。まずは、散水栓蛇口に関して困ってしまいがちな2つのポイントを解説します。

姿勢が大変

散水栓は、地中に埋まっているので、利用頻度が高い方の場合は、毎回腰をかがめて水道の蛇口をひねるのが大変な作業になります。特に、腰を痛めている方やシニアの方にとっては、散水栓の蛇口を回す際の姿勢が負担に感じられるでしょう。痛みを我慢し続けていると、腰痛が悪化してしまう可能性もあります。

効果的な対策は、散水栓を立水栓に切り替えることです。立水栓の場合、蛇口の高さが利用しやすい位置に来るので、身体に負担をかけずに水道を利用できるようになります。散水栓は、手洗いに利用できることや、おしゃれな素材を選べばエクステリアにも良い、というメリットもあります。

ただし、散水栓のデメリットにも注意が必要です。
・設置のためにはスペースが必要であるこ
・寒冷地の場合、凍結しやすい
・工事をする際には、散水栓よりも費用が高くなる傾向がある

上記を踏まえて、検討する必要があります。.

蛇口から水漏れがしている

散水栓は、屋内の水道蛇口と比べて水漏れしやすい傾向があります。利用時にホースを引っ張って蛇口の部品に負荷をかけてしまったり、屋外で子どもが遊んでいて、ボールを蛇口にぶつけてしまったりすることがあるためです。また、散水栓の水漏れは、状況が確認しづらいこともあり(例えば、周辺の土が少し湿る程度など)、水漏れが発見しづらいという特徴もあります。

蛇口からの水漏れは、水道料金が高くついてしまったり、放置しておくと住居の方に侵入して木材を劣化させてしまったりするリスクがあります。

蛇口の水漏れに対しては、部品の交換・締め直しなどの修理作業が必要です。蛇口の修理・故障は水道修理業者に依頼をするか、ご自身で部品を購入してDIYをするかのいずれかです。

パッキンの劣化や部品のゆるみなどの簡単な作業の場合は、不慣れな方でもご自身で作業することが可能なケースもあります。しかし、余計に状況が悪くなることもあるため、自信がない時には業者に修理を依頼しましょう。

散水栓蛇口から立柱栓に交換する方法とは?

散水栓蛇口から、立柱栓に交換する方法は、大きく分けて2種類の方法があります。それぞれの方法について簡単に概要を紹介します。

DIYをする

立柱栓のDIYは、以下の手順で対応できます。

①水栓柱、水受けを準備します。これらの必要素材は、ホームセンターやインターネットで準備可能です。
②止水栓を閉めてから、既存の散水栓を解体・撤去します。
③新しい水受けと排水管をつないで、水平に設置をします。排水のルートをきちんと確保しないと、庭の水捌けが悪くなり、さまざまなトラブルにつながるため注意が必要です。
④水中栓を立てて固定します(ぐらつかないようにするためには、コンクリートでの固定が必要です)
⑤水道管に蛇口を取り付けます。凍結防止のための保温材も同時に設置します。
⑥最終チェックをして、問題がなければ完了です。

ご家庭の状況やDIYの熟練度合いにもよりますが、DIYで散水栓から立柱栓に交換している方は実際にみえます。

水道修理業者に依頼する

水道修理業者への依頼です。水道修理業者に工事を依頼することで、失敗のリスクが小さくなります。立柱栓も、散水栓のように屋内の水道蛇口より水漏れのリスクが高く、作業の質が良くなければすぐに不具合が生じてしまうため、作業の質は重要です。

また、デザイン性の高い立柱栓を選べるなど、専門業者ならではのメリットもあります。

DIYで散水栓蛇口を立柱栓に交換する際の注意点

立柱栓のDIYに、特殊な作業などはありません。しかし、散水栓蛇口の工事をDIYする際には、リスクもあります。この章では3つの注意点を解説します。

適切に取り付けなければ水漏れが起こる

水道の蛇口は、正しく取り付けなければ、水漏れが生じてしまいます。また、給水だけなく排水についても適切に作業をおこなわないと、庭や住居が傷みやすくなります。

立柱栓への交換工事はただ、水が使用できるようになるだけでは不十分です。水漏れしないように適切に設置しなくてはなりません。

工事の内容によっては資格が必要

全ての立柱栓の工事が、DIYで対応できるわけではありません。例えば、元々散水栓や立柱栓のない箇所に新たに蛇口を作るためには、給水装置工事主任技術者という資格が必須です。また、散水ボックスの周りがコンクリートで固められている場合には、資格が必要というわけではありませんが、それなりの工具や技術力が必須です。

従って、本当にDIYが可能なのかという点を冷静に判断する必要があります。また、作業にかかる時間や手間を考えて、水道修理業者に依頼するよりも本当に安く済ませられるのか、という点を冷静に考えることも重要です。

トラブルが生じた際には自己責任になる

DIYによって水漏れや備え付けの不備が生じた際の責任は、当然ですがご自身で負うことになります。例えば、水漏れによって高額な水道料金を負担することになったとしても、減免は受けられません。目先の費用を安く済ませようとしたばかりに後悔してしまうことのないよう、慎重に対応しましょう。

散水栓蛇口を立柱栓に交換する際の費用相場

散水栓から立柱栓への交換を水道修理業者に依頼する際の費用相場は、20,000~100,000円程度までかなり幅があります。

費用の変動要因は、以下のポイントがあります。

・地面がコンクリートで固定されている場合、コンクリートを剥がさなくてはならないため追加費用がかかる
・元の散水栓の位置から離れたところに立柱栓を設置する際、配管を延長する必要があるため、費用がかかる
・駐車場、ご家庭の敷地スペースの問題、駐車場など状況が家庭によって異なる
・立柱栓の素材や商品によって値段の違いが生じる
・業者によって料金体系が異なる

業者に依頼する場合の費用はケースバイケースなので、水道修理業者に見積もりを取るのがオススメです。その際、安さ・耐久性・外観など、重視するポイントを決めておくと水道修理業者との打ち合わせがスムーズに進みます。

また、見積もり依頼する業者を決定する際に意識したいのは、料金のわかりやすさです。一見安く見える料金体系を案内している業者であっても、出張費や時間外料金などが別途加算され、ホームページなどに表記されている金額よりもずいぶん高い請求額になることがよくあるためです。

見積もりを依頼する際に、追加料金発生の有無について必ずチェックしておきましょう。

まとめ

洗車や庭での草花への水やりのときには、散水栓もしくは立柱栓が必要です。両者にそれぞれメリット・デメリットがあるので、どちらが良いとは一概にはいえません。ただし、散水栓を使っていて水漏れが生じているときや、腰に痛みを感じているときには、修理や立柱栓への交換などを検討されてみてはいかがでしょうか?

修理や工事の作業は、DIYでも対応可能です。

ただし、工事には資格が必要なケースもあります。また、不具合が生じてしまったときには全ての責任をご自身で負わなくてはなりません。従って、DIYをする際には、慎重に判断したうえで決定してください。また、業者を選ぶ際にも、料金がわかりやすく明示され、丁寧に対応している業者を選ぶように意識してください。

こんな時は『水道修理ルート』にお任せください

水回りトラブルの中には専門知識を持っている方にしか分からないような難しい事象もあります。
トラブルの根本的な原因を発見する段階でも、やはり専門知識が無いと発見出来ないこともあると思います。

お客様の中には以下のように感じる方も多いかもしれません。

「どこの水道業者に依頼したらいいのかわからない。」
「今すぐ水漏れの修理に来て欲しい。」
「水漏れが起きているかどうか調査してほしい」

そんな時は、「水道修理ルート」にお任せください!
水道修理ルートなら、水道設備や水回りトラブルのの対処に経験豊富なプロのスタッフが解決することが出来ます。

しかも、

出張費用が無料で、料金に納得できなくてキャンセルしてもキャンセル料なし!
エリアNo.1の低料金!
最短で15分後に到着!さらに24時間依頼ができるから深夜・早朝の対応可能!
各種クレジットカード決済やコンビニ後払いにも対応!
水道局指定業者だから安心!

などなど、水回りトラブルにお困りの方をサポートする体制が十分に整っています。

修理後・工事後にもお客様に安心してお使いいただけるように、1~3年間の無料保証&点検を備えております。
修理後の万が一のトラブルでも早急に対応いたしますので、ご安心ください。

水道修理ルートの料金をチェック!