「一生懸命トイレの掃除をしているのに、なかなか臭いが取れない・・・」
「便器と床との間の黄ばみや黒ずみが気になる・・・」
「トイレコーキングは、自分でも簡単にできるの?」

ご家庭のトイレを清潔に守るのは、快適な生活環境を整えるためにとても大切です。
そして、トイレを含めた水回りは、家庭のなかで汚れが気になりやすく、毎日掃除をしていても臭いや汚れが気になりがちな箇所でもあります。

この記事では、トイレの衛生対策として、多くの方が気になっているコーキングについて解説します。コーキングの効果やご自身でコーキングをする際の手順、業者を手配する場合の料金など幅広く解説しているので、トイレの衛生が気になっている方はぜひ参考にしてください。

トイレの臭いや黄ばみ対策にコーキングをするべき?

そもそも、トイレコーキングはトイレの臭いや黄ばみの対策に効果があるのでしょうか?

結論からいえば、トイレと床との間の汚れが気になるご家庭では、コーキングを施すことでトイレを衛生的に保てます。コーキングを施すことで、こぼれた尿の入り込みを防止できるためです。特に、木製や塩化ビニール製などの素材の場合、水分や汚れが床を伝って便器の下に入り込みやすいため、コーキングの効果を実感しやすいといえます。

さらに、尿などの水分が床に浸透していくと、カビの発生・繁殖や木材の腐食にもつながります。

コーキング剤は、汚れても剥がして取り替えられるため、便座の周りをうまくコーキングすれば、ご家庭のトイレを長く衛生的に保つために効果的です。

ただし、コーキングを施すと、トイレ便器下からの水漏れに気が付きにくくなる点に注意しなくてはなりません。コーキングによって水の流れがせき止められ、水漏れしているのかどうかわかりにくくなるためです。

気が付かないうちに床下の水漏れが生じそのまま時間が経過すると、カビが繁殖して住居に大きな損傷が生じる可能性があります。コーキングをする場合には、全面ではなく便器の前方とサイドのみにとどめるようにしましょう。

また、床がコーティングされていない木材などの素材の場合は、コーキングを剥がす際に表面がはがれてしまうこともあるため、あわせて注意しましょう。

トイレコーキングを自分自身でおこなう方法

トイレコーキングは、ご自身で対処することも可能です。
「手軽にできるならやっておきたい」とお考えの方も多いことと思いますので、この章では簡単にご自身でできるトイレコーキングの方法を解説します。

コーキング剤を購入する

トイレコーキング剤は市販されており、比較的簡単に手に入ります。

100円均一ショップで販売されているものでも問題ありませんが、コーキング剤には窓サッシ用のものや外壁用のものもあるため、トイレ用のものを選ぶようにしましょう。

機能面で重視したいポイントは、防カビ性です。
また、コーキング剤のカラーは、無色透明・便器のカラーに近い色・床の色に近い色を選べば、目立たないのでオススメです。

現在の汚れを取り除く

トイレにコーキングを施す際に最も大切なことは、汚れを除去することです。
汚れを取り除く方法は、次のとおりです。

・歯ブラシやウェットティッシュなどで、便器と床の間を丁寧に掃除します(中性洗剤を使用すると、汚れが落としやすくなります。ゴミやほこりが残らないように、掻き出すようにして掃除しましょう)
・雑巾に水をしみこませて、掻き出した汚れを丁寧に拭きとります。
・水分が乾くまで待ちます

汚れが残ったまま、コーキングをするとかなり見栄えが悪くなってしまうため、丁寧に清掃しましょう。

コーキング剤を塗る

便器に沿って、コーキング剤を塗ります。先端を便器にピッタリと付けて、隙間をふさぐようにコーキング剤を注入します。コーキング剤が乾いたら、作業完了です。

トイレコーキングの剥がし方

コーキング剤は、汚れが目立ったり、部分的に剥がれてきたりすると、逆に不衛生な印象を感じさせます。コーキングが剥がれてきても、即座に大きなトラブルになるわけではありませんが、見栄えが悪くなってしまい、また水分の侵入を防ぐ効果が薄れます。

従って、コーキングの剥がし方を、あらかじめ想定しておくことが必要です。

トイレコーキングは、固まるとゴムのような素材になります。従って、古いコーキング剤を引っ張ってそのまま剥がすだけで剥がせます。お風呂や外壁要のコーキング剤は、剥がす際にカッターナイフなどが必要なケースもありますが、トイレコーキングは簡単に剥がせるので心配無用です。

コーキング剤によって剥がし方や剥がしやすさが異なることもあるため、購入時に剥がしやすいものを選ぶことがポイントです。

ただし、コーキングの奥ですでに水漏れが生じているときは、ご自身では対処できません。
水回り専門の修理業者を手配しましょう。

水漏れの根本的な問題の対処をおこなわなければ、余計に水漏れが進行し、大きなトラブルを招くリスクがあります。そうならないために、水漏れが生じているときには、早急に業者を手配しましょう。

トイレの水漏れの原因は多種多様です。

トイレの床が水濡れしている場合

床が濡れているときは、結露や飛び散った尿である可能性もあり、必ずしもトイレの水漏れであるとは限りません。床をしっかりと乾拭きして、まったく使用しない状態で水漏れが生じるかいなかをチェックしてください。

便器のひび割れなどからの水漏れ

便器のひび割れや経年劣化などにより、水漏れが生じることもあります。直接的にトイレコーキングと水漏れの関連性はありませんが、いずれにせよ業者を早急に手配する必要があります。

タンク・止水栓・配管などの故障や劣化

トイレのタンクや止水栓・配管などの劣化や故障により、水漏れが生じることもあります。この場合も、早急に業者に手配をして修理を依頼しなくてはなりません。
このように、トイレの汚れの程度によっては、業者に依頼しないと対処できないケースがあります。

トイレコーキングを依頼する際にかかる費用相場

トイレのコーキングや修理を水道修理業者に依頼すると、費用がかかります。
この章では、業者に依頼する場合のトイレコーキングの費用を紹介します。

コーキング作業を依頼する場合(5,000~)

一般的に、コーキングの費用は使用する素材とコーキングを施す箇所の長さに比例します。
とはいえ、水漏れが生じていない一般的なコーキング作業であれば、作業費や材料費が多くかかってしまうことも少ないでしょう。

正確な見積もりは個別に業者の見積もりにて確認しなくてはなりませんが、基本料金(出張費・基本作業費などの最低ラインの金額)のなかで収まるケースも珍しくないでしょう。

ただし、トイレの汚れが頑固なケースやトイレの壁材のシーリングなどほかの箇所も依頼する場合はやはり、その分料金は高額になります。

トイレリフォーム業者、水道修理業者、工務店のどの業者に依頼するにせよ、トイレコーキング作業を単体で依頼できるか否かのチェックも必要です。

コーキング箇所からの水漏れ修理を依頼する場合(10,000円~)

便器と床との間から水漏れが生じているケースで考えられる水漏れの原因は、以下のとおりです。

・便器下の排水管に何らかのトラブルが生じてる
・便器下の部品の劣化や損傷
・便器の設置不良

水漏れの種類は、排水管にものがつまっていて、つまりを解消すれば水漏れが解消できるような軽度なものから、大掛かりなものまで多種多様です。便器を取り外しての修理作業を必要とする場合など、修理代金がかなり高額になるケースも想定されます。

また、便器自体が大きく損傷しているときには、便器を買い替えなくてはならないこともあるでしょう。結論としては、10,000円程度から10万円を超えるケースまで、さまざまなケースが考えられます。

いずれにせよ、コーキング箇所の水漏れを放置すると、床材の腐敗やカビの発生など、取り返しのつかないトラブルを招くリスクがあります。手遅れにならないように、早く水道修理業者に相談しましょう。

まとめ

トイレを衛生的に保つための方法の一つが、コーキングです。コーキングには、トイレ便器と床との間の汚れや、臭いの発生を防ぐ効果が期待できます。

トイレコーキングは、便器と床との間の汚れをキレイに掃除してから、市販のコーキング剤を注入するという手順でおこないます。もともとの汚れさえキレイにできれば、市販のコーキング剤で比較的手軽に作業可能です。

ただし、汚れの状態や部品の劣化・損傷の状態によっては、専門業者に依頼した方がよいこともあります。特に、水漏れが生じている際には、水道修理業者に連絡をすることが重要です。