気づくと発生しているトイレの嫌な尿石汚れ。

尿石による汚れはトイレ掃除をおこなってもしばらくすると現れるため、嫌気がさして放置してしまっているお宅も多いのではないでしょうか?

しかし、尿石による汚れを放置するのはあまりおすすめできません…。

この記事では、尿石による汚れを放置するのをおすすめしない理由に触れながら、尿石がこびりついてしまったトイレの掃除方法についてご紹介します。

トイレにこびりつく厄介な「尿石」とは?

尿石は、私たちの体から排出される尿に含まれる成分がかたまったものです。

私たちの尿には、たんぱく質やミネラルなどさまざまな成分が含まれていますが、それらの成分が便器にこびりついたまま長い間放置されると、尿石となって目に見える形であらわれるようになります。

尿石を放置するのをおすすめしない理由

トイレの尿石による汚れは、トイレを使い続けている限り定期的に発生します。

意識することで汚れの発生をある程度予防できたりもしますが、完全に抑えられるわけではありません。

そのため、定期的に掃除するのが面倒に感じてしまい、尿石による汚れを放置してしまっている方もいるかと思います。

しかし、尿石を放置するのはあまりおすすめできません。

なぜなら、見た目が悪くなってしまうのはもちろん、その他にも、「臭い」「雑菌」「配管を詰まらせる」などのトラブルにつながってしまいかねないからです。

尿石は尿による汚れです。

そのため、放置し、汚れがひろがってくると臭いが発生するようになります。

また、尿石は雑菌の温床となるため、衛生的にもよくありません。

何より、増殖して結晶化した尿石がトイレに流れてしまうとトイレの配管を詰まらせてしまいかねません。

配管が詰まると尿石を掃除するよりも面倒なことになってしまいかねませんので、手間はかかるかもしれませんが、定期的に掃除をおこなうようにするべきだと言えるわけです。

尿石がこびりついたトレイの掃除方法

尿石の掃除方法は、尿石による汚れの度合によって異なります。

尿石による汚れがそこまでひどくない場合と尿石がこびりついてしまっている場合とに分けて、効果的な掃除の方法を紹介していきます。

尿石による汚れがそこまでひどくない場合

尿石による汚れが発生してしまっているものの、汚れがそこまでひどくない場合は、酸性の洗剤で落とすことができます。

代表的なものとしては、「サンポール」などがあげられるでしょうか。

使い方は簡単で、尿石がこびりついてしまっている部分に酸性の洗剤を塗布し、ブラシでこすり洗いするだけです。

簡単な尿石汚れであれば、これで十分に落とすことができます。

ただ、酸性の洗剤は非常に強力な洗剤です。

肌に付着してしまうと肌荒れなどのトラブルを引き起こす可能性がありますし、目や鼻などの粘膜に付着すると危険ですので、必ず手袋とマスク、ゴーグルを着用した上で使用するようにしてください。

使用する際は、パッケージの裏に記載されている用法や用量、注意点をよく確認し、それを守りながら使用するようにしましょう。

また、トイレ自体が酸性の洗剤に対応しているかどうかについても確認しなくてはいけません。

ほとんどのトイレは対応していますが、便器に使用されている素材によっては、酸性の洗浄剤を使うと便器を痛めてしまう場合があります。

使用する前に便器の取扱説明書をよく読み、「酸性の洗剤を使用するのは避けてください」などの注意書きがされていないか確認した上で使用するようにしてください。

尿石がこびりついてしまっている場合

尿石による汚れを長い間放置してしまい、尿石がこびりついてしまっている場合は、強力な洗浄力を誇る酸性の洗剤でも落とすことができません。

その場合、ぜひ試してみてほしいのが、重曹とクエン酸を活用する方法です。

まず、以下のものを用意してください。

【尿石を落とすためのアイテム】

・重曹
・クエン酸
・スプレーボトル
・洗浄ブラシ

いずれもホームセンターや100円ショップなどで購入できるものばかりです。

購入したら、以下の手順で掃除を進めていきましょう。

【重症とクエン酸を使い尿石を落とす手順】

1.クエン酸水を作る
2.クエン酸水をスプレーボトルに入れ、尿石に吹きかける
3.重曹をまぶす
4.30分放置する
5.洗浄ブラシでこする
6.洗い流す

クエン酸水は、水100mlに対しクエン酸を小さじ2分の1の割合で混ぜ合わせて作ります。

クエン酸水を作ったら、スプレーボトルに入れ、尿石が気になる部分に吹きかけましょう。

クエン酸水を吹きかけたら、洗浄力を高めるために、クエン酸水の上から重曹をまぶしていきます。

重曹をふきかけたら、いきなり洗浄ブラシでこするのではなく、30分ほど放置しておきましょう

これにより、洗浄成分が尿石に染み込み、より汚れを落としやすくなります。

30分放置した後は、洗浄ブラシでこすり、洗い流すだけです。

これで頑固な尿石汚れでもしっかりと落とすことができます。

上記の方法を試しても尿石による汚れを落とせない場合

クエン酸と重曹を使った方法でも尿石による汚れが落とせない場合、削り落として除去するしかありません。

尿石は文字通り尿が石化して現れるものですので、削り落として除去することが可能です。

尿石を削り落とすには、サンドペーパー(やすり)を活用します。

ホームセンターや100円ショップでサンドペーパーを購入し、尿石をこすり、除去していきましょう。

この際、力を入れすぎてしまうと便器まで削ってしまいかねませんので、なるべく力を入れず、尿石だけを削り落とすようにしてください。

また、目の細かいサンドペーパーの方が便器が傷つきにくいので、なるべく目の細かなサンドペーパーを選ぶようにしてください。

1000番以上のサンドペーパーがおすすめです。

トイレで使用するサンドペーパーですので、耐水のサンドペーパーを選ぶと作業がおこないやすくなりますよ。

自分で対処しても汚れを解消できない場合の対処法

先ほど紹介した方法で掃除をおこなってみても尿石による汚れが解消されない場合、別の方法での対処を検討しなくてはいけません。

具体的な対処法としては、「専門の業者に掃除を依頼する方法」「業者に依頼して便器を交換する方法」という2種類の方法があります。

それぞれの方法について解説していきます。

1. 専門の業者に掃除を依頼する

先ほど紹介した方法で掃除をおこなっても尿石による汚れが落ちない場合、一般の方が落とせるレベルでの汚れではないと考えられます。

そのため、専門の業者に掃除を依頼して、綺麗に落としてもらいましょう。

この場合の専門の業者とは、「ハウスクリーニング業者」です。

ハウスクリーニング業者は住宅全体の掃除はもちろん、「トイレだけ」など、特定の箇所だけの掃除にも対応してくれます。

もちろん、頑固な尿石汚れも、強力な洗浄剤と掃除のテクニックで徹底的に取り除いてくれます。

また、ハウスクリーニング業者に対応を依頼した場合、尿石によるよごれだけでなくトイレ全体を綺麗にしてくれるので、ピカピカのトイレに生まれ変わりますよ。

どの業者に依頼するかにもよりますが、10,000円ほどで対応してもらえるので、ぜひ検討されてみてはいかがでしょうか?

2. 業者に依頼して便器を交換する

尿石は長らく放置しているかなり頑固な汚れへと変化します。

あまりにも放置されている時間が長いと先ほど紹介した方法でも落とせませんし、トイレ掃除のプロである業者でも落とすことができません。

そのため、そのままそのトイレを使用し続けるか、業者に依頼して新しい便器に交換してもらう方法のいずれかで対応することになります。

冒頭でもお伝えしたとおり尿石の汚れを放置していると、「臭い」「雑菌」「配管を詰まらせる」などのトラブルを引き起こしてしまいかねませんので、業者に依頼し、新しいトイレに交換してもらうことをおすすめします。

新しいトイレに交換した後は、この後紹介する「尿石によるトイレの汚れを予防する方法」を実践し、尿石による汚れを発生させないようにしてください。

尿石によるトレイの汚れを予防する方法

尿石によるトイレの汚れを完全に防ぐことはできませんが、ある程度予防することは可能です。

代表的な予防方法としては、以下のような方法があげられます。

【尿石の予防方法】

・トイレを使用した後は毎回しっかりと水を流す
・座って排尿し、尿が飛び散らないようにする
・定期的に掃除する

「節約のために…」と、トイレの水を何回かに一度しか流さないようにしているご家庭がありますが、尿石を予防したいのであればその節約方法はおすすめできません。

タンクにペットボトルを入れるといった節約方法もありますが、その方法を実施すると、トイレを流したときの水の量が少なくなりますし、水の勢いも弱くなり尿石が流れ落ちにくくなってしまうのでおすすめできません。

また、男性は立ったまま排尿する方が多いかと思いますが、立ったまま排尿すると尿が飛び散りやすくなってしまうので、できるだけ座って用を足すようにしてください。

そして、定期的なトイレ掃除の実施が何よりも大切です。

トイレ掃除を定期的におこなっておけば、そう簡単に尿石がこびりついてしまうことはありません。

月に一度でもかまいませんので、定期的に掃除するようにしましょう。

まとめ

今回ご紹介した「トイレにこびりつく「尿石」とは?発生のメカニズムから掃除の方法まで」はいかがだったでしょうか?

尿石は見た目がよくありませんので、なるべく発生した段階で掃除して落とすようにするべきです。

そのため、尿石による汚れが発生した場合は、今回紹介させてもらった内容を参考に、できるだけ早いタイミングで掃除をおこなうようにしてください。

尿石がこびりついてしまい、自分で掃除しても汚れが落ちない場合は、専門の業者に依頼して掃除してもらうようにしてください。

また、汚れがひどく掃除で対処できない場合も、業者に依頼して新しい便器に交換してもらいましょう。