普段からきちんと掃除しているのに、なかなかお風呂の臭いが取れないとお悩みではありませんか?

湿気や人間の皮脂が多く、雑菌にとって絶好の環境であるお風呂場には、意外と見落としがちな箇所がたくさんあります。

そこでお風呂が臭いとお悩みの方に向けて、臭いが発生する原因とその臭いの原因を断ち切る効果的な掃除方法についてご紹介いたします。

お風呂の排水溝の汚れ・つまりによる臭い

毎日入浴していると自然と排水溝に溜まる「髪の毛」「皮脂」「石鹸」「シャンプーカス」などは、毎日少しずつ蓄積されることによって、ドブの様な悪臭を放つようになります。これらの汚れを放置していると、雑菌が増殖しヌメリが発生してしまうので、早めに臭いの対処をしましょう。

掃除方法

今回ご紹介する排水溝の掃除方法は2通りです。
どちらも皮脂汚れやヌメリを落とすのに効果的ですが、日頃から使っている家庭とそうでない家庭もあるため、ご自身に適した方法を選択しましょう。

液体パイプクリーナー(排水溝用洗剤)を使う
排水溝まわりに臭いの原因がある場合は、つまり解消用の液体パイプークリーナーが効果的です。
排水溝を直接触らずに臭いの原因のヌメリや皮脂を溶かしてくれるので、汚いところを触るのにに抵抗がある方によく利用されています。排水溝に誤って落としてしまった金属のアクセサリー類は溶かすことができませんのでご注意ください。

つまりや臭いがしつこい場合は、「水酸化ナトリウム」の濃度が1%以上の溶解力の高いものを選びましょう。

汚れを長期間放置しすぎると、つまりがしつこくなり、パイプクリーナーだけで掃除するのが難しくなります。また、配管の奥深くに臭いの原因のつまりがある場合も同様に、液体が届かず効果を示さない可能性が高いです。

重曹とクエン酸を使う
掃除に興味がある方なら、重曹を使った掃除方法について一度は耳にしたことがあるかもしれません。お風呂の排水溝の臭いの原因も、重曹とクエン酸を組み合わせることによってスッキリ解消できます。
「アルカリ性の重曹」と「酸性のクエン酸」を混ぜた時に発生する炭酸ガス(二酸化炭素)が、排水溝の汚れに効果的です。

重曹とクエン酸で排水溝の汚れを落とす手順は次の通りです。

【準備するもの】

【手順】

1.炭酸ガスが充満しないよう換気扇を回す
2.取り除けるゴミは取り除き、排水溝に重曹を振りかける
3.次にクエン酸を振りかける
4.コップ一杯ほどの水かお湯を注ぐ
5.泡立ってきたら30分〜1時間ほど放置
6.時間たったら水を流し込みつまりの解消を確認する

しつこい汚れには、泡立った後にブラシで擦ってあげると汚れが落としやすくなります。

排水溝本体以外にも、排水溝の目皿、浴室の椅子や風呂桶にも使用できるので、上手に活用しましょう。

「塩素系漂白剤」と「酸性洗剤」に注意

なかなか汚れが落ちないと様々なパイプクリーナーを試そうと考える方がいるかもしれませんが、「塩素系漂白剤」と「酸性洗剤」をまぜてしまうと人体に有毒な塩素ガスが発生してしまいます。
最悪の場合死亡事故に繋がる恐れがあるので、薬剤の使用には十分気をつけましょう。

パイプクリーナーだけでなく、食器用洗剤やクエン酸の中にも酸性の洗剤が含まれます。2つ以上の薬剤を試したいのであれば、成分表をきちんと確認したうえで、混ぜてはいけないものであれば、翌日以降に使うようにしましょう。

排水溝下の排水トラップの不具合による臭い

お風呂場から下水の臭いがするようであれば、排水トラップや排水管に不具合が発生しており、下水管から悪臭が上がってきているのかもしれません。

通常であれば、排水トラップ内には封水と呼ばれる一定量の水を溜まっているはずですが、下水の臭いがするようであれば、その封水が切れている可能性が高いです。

排水トラップの不具合の他にも、水の蒸発によって封水切れが起きる場合もあります。

解決方法

排水トラップの不具合であれば自力での解決が難しいケースがほとんどです。一度水を流してみて、蒸発による封水切れか、排水トラップの不具合か判断するようにしましょう。

水を流す
長期間の旅行で家を留守にしており、封水が自然蒸発してしまった場合には、水を流すだけで簡単に解決します。

封水は何もしていなくても1日約1mmずつ蒸発すると言われており、夏場などは特に蒸発現象による封水切れが起きやすいです。

これから長期間家を開けるのであれば、排水トラップ用の「封水蒸発防止剤」を使用して蒸発を防止しましょう。

排水トラップや配管などのトラブル
お風呂の排水溝に水をいくら注いでも下水臭が消えない場合は、排水管に異物が混入していたり、排水トラップにトラブルがある可能性が高いです。

排水トラップの老朽化や故障が原因で悪臭が発生する場合は自力での対処は難しく、水道修理業者に依頼して交換するのが一般的になります。

水を足すだけでもしばらくの間は臭いを防げるため、業者が来るまでの応急処置として水を注いでおくようにしましょう。

放置しておくと虫の入り口になることも

排水トラップがうまく機能しておらず、封水切れの状態を放置していると、コバエやゴキブリなどの害虫が進入する入り口になる恐れがあります。

お風呂場で何度も害虫を見かけるようであれば、封水切きれや水位が低くなっていないかを確認しましょう。

風呂釜・追い焚き配管からの臭い

なかなか掃除する機会がない風呂釜・追い焚き配管は、臭いが発生してから気づく場合が多いです。

お風呂の温度を上げるために使用される追い炊き機能とは、浴槽に入っていたお湯を給湯器で吸い上げて、温め直してからまた浴槽に戻す仕組みです。そのため、皮脂や雑菌を含んだ水を吸い上げる際に、風呂釜や追い炊き配管に付着してしまい、臭いの原因となってしまいます。

人が浸かった後のお風呂の水には以下のような様々な雑菌が潜んでいます。

一晩放置するだけでも雑菌の数が1000倍になると言われています。このような雑菌の繁殖を防ぐには、定期的な掃除をするようにしましょう。

掃除方法

風呂釜や追い炊き配管の掃除方法は、専用の洗浄液を浴槽内に流し込んで、追い炊き機能で循環させる方法が一般的です。
風呂釜洗浄剤はたくさん種類がありますが、ここでは「酸素系漂白剤」を使った洗浄方法についてご紹介いたします。

【準備するもの】

【手順】

1.金属の部品をフィルター(カバー)をはずす
2.いつも通りにお風呂を沸かします(風呂釜の穴の5cm上くらいまで)
3.そこに酸素系漂白剤を250g入れてかき混ぜる
4.追い炊きをし、3時間ほど放置する
5.時間が経ったら再度追い炊きをし、排水する
6.もう一度風呂釜の穴の5cm上まで水を貯め、追い炊きをする。
7.パイプ内の洗浄剤を洗い流せたら完了
※風呂釜には1つ穴と2つ穴のタイプがありますが、洗浄に専用工具が必要になる場合もあります。

風呂釜の洗浄に使うお湯は残り湯でも問題ありません。さらに、洗浄剤が入っているお湯に椅子、風呂桶、フィルターなども一緒につけこんでおくと掃除の手間が省けるためおすすめです。

大理石が使用されているお風呂で酸素系漂白剤を使用してしまうと、変色してしまう恐れがあるため注意しましょう。

自分で掃除するのが難しいようなら業者へ

「もう何年も風呂釜を掃除してない」「買い替えてから一度も追い炊き配管を掃除してない」というのであれば、皮脂などの汚れが固着してしまい、市販の洗浄剤では落とせなくなっているかもしれません。

何度洗浄しても臭いが消えないようであれば、プロの業者に依頼して清掃してもらう方法が効果的です。

お風呂場の壁・床・窓の汚れによる臭い

お風呂場の壁・床・窓は、手が届きやすく一番掃除しやすい場所ですが、掃除がしやすいがために見落としてしまうポイントがいくつかあります。

汗のような酸っぱい臭いがするようなら、お風呂場の壁や床が原因と考えられます。特に小さな子供がいる家庭では、親がみていない間に尿が飛び散ってしまってい、アンモニア臭を発生させている可能性もあります。

排水溝などと比べて、比較的掃除のしやすい場所ですが、見落としがないかもう一度確認してみましょう。

掃除方法

お風呂場の壁や床、窓の効果的な掃除方法と見落としがちなポイントについてご紹介します。しっかりと臭いの元を断ち切ってキレイな浴室にしましょう。

壁・床
お風呂場の壁や床をみた時に気になる汚れとしてカビや水垢がありますが、お風呂場の隅にピンク色のヌルヌルとした汚れがみられることがあります。

このピンク色のヌルヌルとしたものは「ロドトルラ」と呼ばれる菌の一種です。普通の洗剤でも十分に落とせる汚れですが、放置しておくとあっという間に広がってしまうため早めに対処しましょう。

壁や床には、カビや水垢などの原因別に適した洗剤を使いますが、しつこい汚れはキッチンペーパーに洗剤を染み込ませて、汚れに密着させておくと効果的です。

また、浴室の水気が残っている状態でカビ取り剤を使用すると、水分を含んで薬剤の効果が薄まってしまいます。カビ取り剤の効果が薄いと感じるのであれば、しっかりと水分を拭き取ってから洗剤を使いましょう。


お風呂場で特にカビが発生しやすいのが、窓枠部分です。窓のサッシに発生する黒カビは大変厄介で、 濃度の薄いカビ用洗剤だけでは落とし切れない場合もあります。

窓本体の汚れには中性洗剤でキレイにできますが、窓枠のカビには塩素系漂白剤などの強力な洗剤を使うようにしましょう。

さらに効果的にカビを除去したいのであれば、キッチンペーパーに塩素系漂白剤を染み込ませて、カビが気になる箇所に貼り付け一晩寝かせるとより効果的です。カビがしつこく、一度で落としきれなければ、2度3度と繰り返しましょう。

洗剤による材質の変色について

浴室用洗剤や塩素系漂白剤を浴室の床・壁などに使うと、まれに変色することがあります。
これは、洗剤で落とすことのできなかった水垢が白くなり残ったものです。

そのため落とし切れなかった水垢はクレンザーなどを使い、丁寧にこすり落としましょう。

お風呂場の換気扇のカビによる臭い

お風呂場の湿気を逃す役割を持っている換気扇に発生するカビやホコリも臭いの原因となる場合があります。

換気扇に汚れが溜まってしまうと換気機能が鈍り、お風呂場の湿気をうまくにがすことが難しくなります。結果的に室内カビの増殖に加担してしまうことになるので、換気扇も忘れずにこまめに掃除しましょう。

また、換気扇を回した時に下水の臭いがするようであれば、排水溝から新しい空気が吸い上げられることによって、下水臭が発生しているのかもしれません。一度、排水トラップ内の封水が切れていないかも確認しましょう。

掃除方法

ほとんどの場合、換気扇はお風呂場の天井に設けられているため、足場がないと取り外せません。
換気扇をキレイにするには、すべて取り外して部品を掃除する必要があるので、脚立などの安全な足場を用意して慎重に取り外しましょう。

換気扇の掃除方法は次の通りです。

【準備するもの】

【手順】

1.取り外す前にスイッチを切る、ブレーカーを落とす
2.足場をつくり、換気扇の化粧カバーを外す(内部の固定用のV字針金は摘んで外す)
3.ロッコファンが取り外せるタイプのものであれば、ドライバーやレンチを使い取り外す
4.中性洗剤を使い丁寧に擦り洗う、もしくは30分〜1時間ほどつけ置きする
5.洗い終わりキレイになれば、外した部品を取り付けで完了
※換気扇を取り外す際にホコリが落ちてくるため、目に入らないように注意しましょう。

換気扇の臭いや汚れには中性洗剤が効果的ですが、重曹につけ置きするのも効果的です。

重曹のつけ置きで掃除するには、大きめの段ボールにビニールを被せ、お湯10リットルに対して重曹200mlをいれて、30分ほど付け置きします。
汚れと臭いがしつこい場合はぜひ試してみてください。

取り外せないドラム部分も忘れずに

お風呂の換気扇
天井から取り外せないドラム部分にも汚れが溜まります。
臭いの直接の原因にはなりにくいですが、換気扇をうまく機能させるには定期的に掃除しましょう。

水気が厳禁なため水には濡らさずに、タオルなどで汚れを拭き取るようにしましょう。

お風呂の臭いを防ぐためには

お風呂の臭いを防ぐには、毎日のこまめな掃除が大事になります。こまめに掃除をすることで、ゴム部分に繁殖するしつこかったカビが、一度の掃除でも簡単に落ちるようになります。

お風呂の臭いの原因のは、湿気の高さによるカビによるケースが非常に多いです。そのため、入浴後の湿気が籠もらないよう、換気扇を長めに回すとカビの繁殖予防になります。

今までお風呂から臭いが発生してから掃除をしてきた方は、定期的な掃除習慣をつくることで、日々の掃除が楽になりますよ。

こんな時は水道修理ルートにお任せください

臭いの元を掃除しようとしても、自力では解決できない場合もあります。以下のケースであれば、経験豊富なスタッフが多数在籍している「水道修理ルート」が確実・スピーディーに解決いたします。

この他にも、漏水調査や水道の修理も受け付けております。修理・工事中の不測の事態にも対処いたしますので、自力での解決が難しい場合は安心してお任せください。

お電話をいただいてから最短15分で駆けつけます。まずはトラブルのご相談からでも構いません。お気軽にお問い合わせください。

水道修理ルートの料金をチェック!