いつも通りお風呂を使っていただけなのに「排水溝の流れが悪い」「お風呂がつまって水が流れない」とお困りではありませんか?

お風呂のつまりを解消しないまま放置していると、水がお風呂場に溢れてしまったり、排水溝から逆流してしまい、脱衣所まで水浸しになってしまう可能性があります。

ここでは、お風呂のつまりの原因と自分でできる排水溝つまりの解消方法についてご紹介します。

普段から掃除をしているのにお風呂がつまりやすくなっている方は、意外な原因が見つかるかもしれません。

お風呂の排水溝の構造

お風呂の排水溝
まずはつまりの原因を詳しく知るために、お風呂の排水溝の構造についてお伝えします。

お風呂の排水溝には以下の3タイプの排水トラップが使われていることが多いです。

排水トラップとは、一定の水を蓄えておくことで、排水管下の悪臭が上がってくるのを防いだり、コバエや虫の侵入を防ぐ設備です。お風呂場だけではなく、キッチンやトイレなど、水回りの排水部分には必ず設置されています。

お風呂のつまりが原因で、排水トラップの封水が切れると、下水臭が上がってくることがあります。つまりによる悪臭が発生する場合は、場合はこれから紹介する方法でスッキリ解消しましょう。

お風呂の排水溝のつまりの原因とは

お風呂の水の流れが悪くなる原因として、「排水溝がつまる」ことが挙げられますが、「何がつまるか」については意外と知らない方も多いのではないでしょうか。

普段の清掃で見落しがないかも含めて、これから紹介するポイントでお風呂のつまりの原因を確認しましょう。

髪の毛のつまり

お風呂場の排水溝・排水管つまり原因として最も多いのが、髪の毛によるつまりです。

人の髪の毛は健康な人であっても、1日に50〜100本抜けると言われており、抜けた髪の毛はシャンプーの際に頭から床へと流れ落ちていきます。そのため、髪が長い女性であれば、1回のシャンプーであってもつまりを引き起こすきっかけとなる量の髪の毛が溜まることがあります。

また、浴室の排水溝に目皿やカバーをかけていても、排水管に流れるまでのすべての髪の毛はキャッチできません。そのため、毎日きちんと目皿の髪の毛を取っていても、排水管内のつまりを引き起こす可能性があります。

特にバスタブ内の排水溝では、髪の毛をキャッチする目皿が無い分、洗い場の排水溝よりつまりやすくなっているため注意しましょう。

皮脂や垢のつまり

普段の入浴やシャワーで流れた人の皮脂や垢も、排水溝・排水管にこびりつき、つまりの原因となります。

たった一回の入浴やシャワーではつまりの原因にはなりませんが、毎日の繰り返しで配管内に皮脂や垢が蓄積されることでつまりを引き起こします。

人の皮脂や垢は雑菌のエサとなるので、放置していると繁殖し、ヌメリを発生させてしまうため、つまりの症状がなくても早めの対処が必要です。

そして、人数の多い家庭や1日の入浴回数が多い方ほど、皮脂つまりが発生しやすいと言えます。

固形物のつまり

お風呂のつまりの原因として見落とされがちなのが固形物・異物のつまりです。浴室内に持ち込んだ物を知らない間に排水溝に落としてしまうケースが多く見られます。

洗い場の床にはカバーや目皿が付けられている場合が多く、排水溝に大きな固形物を落とす可能性は低いですが、バスタブは直接排水溝とつながっているので、2〜3cm以内の大きさであれば簡単に入ってしまいます。

【お風呂に落としやすいつまりの原因】

手の届く排水トラップの範囲内でのつまりであれば、手で取り除くだけでもつまりを解消できますが、排水管まで入ってしまった場合は自力での解決が難しくなります。

お風呂の排水溝に固形物を落としたとハッキリしている上で、排水トラップに詰まっているのが目視できないようであれば、水道修理業者に相談するようにしましょう。

シャンプーやリンスのつまり

入浴時に毎日使うシャンプーやリンスなどもお風呂つまりの大きな原因の一つです。頭や体を洗った後のシャンプーや石鹸のカスが排水管に溜まり、そのカスが蓄積されて排水管・排水溝でつまりを引き起こします。

これらの石鹸カスは髪の毛や固形物に付着することで、さらにつまりの症状を悪化させる厄介な性質があります。

特に、とろみのあるリンス・コンディショナーなどを大量に流してしまうと、1度の使用でもつまる可能性があるため、普段使用するリンスの量が多すぎないかを思い返して確認しましょう。

排水桝のつまり

排水桝
排水桝と呼ばれる、お風呂やキッチンの排水に含まれる油やゴミを分離する役割がある設備でつまりが発生すると、水の流れが悪くなったり、排水溝から逆流する場合があります。

排水桝は排水の中継地点のようなもので、普段の生活であまり目にする機会はありません。この排水桝を定期的にメンテナンスをしていないと、流れなくなった油や汚物がつまりを引き起こしてしまいます。

排水桝は戸建て・マンションによっても管轄が異なるので、清掃前にはあらかじめ確認しましょう。

排水桝の掃除には悪臭が伴い、汚れることも覚悟しなければなりません。汚れや悪臭に悩まされることなく、つまりや臭いを解消したい方は、水道業者による本格的な排水桝清掃がおすすめです。

自分でできるお風呂つまりの解消方法5つ

ここからは自分でできるお風呂のつまりの解消方法をご紹介します。

つまりの原因によって対処方法がガラリと変わるため、それぞれの原因に応じた効果のある方法でお風呂つまりを解消しましょう。

液体パイプクリーナーを流す

お風呂のつまり専用の液体パイプクリーナー(排水口用洗剤)を使えば、排水溝を直接触ることなくお風呂のつまりを解消できます。

髪の毛つまりと原因がハッキリしている場合は、タンパク質を溶かす成分となる「次亜塩素酸ナトリウム」が含まれているパイプクリーナーを選ぶようにしましょう。

皮脂汚れをしっかり落としたいのであれば、油を分解する能力が優れている「水酸化ナトリウム」が含まれている液体パイプクリーナーがおすすめです。つまりがひどい時は、水酸化ナトリウムの濃度が「2%以上」となっている強力なものを選びましょう。

【こんなつまりに有効】

液体パイプクリーナーの使い方の手順は次の通りです。

【使い方】

1.洗い場の場合は、排水溝の目皿に溜まっている髪の毛を取り除く
2.換気扇を回す・窓を開ける
3.排水溝に向けて液体パイプクリーナーを流し入れる
4.指定の時間放置する(30分程度)
5.大量の水でしっかり洗い流す

液体パイプクリーナーを使用しても効果が薄い、つまりが解消されない場合は、つまりの原因元になる箇所まで届いていない可能性があります。

また、汚れが固まってしまっている場合は、汚れの箇所まで届いていてもつまりの解消が難しいです。排水管の奥につまりの原因がある場合は、水道修理業者に相談しましょう。

【注意】

※「塩素系(漂白系)の洗剤」と「酸性タイプの洗剤(お酢やクエン酸も含む)」を混ぜてしまうと、有毒な「塩素ガス」が発生するため、十分お気をつけください。

重曹とクエン酸を使う

「お酢やクエン酸」と「重曹」を混ぜて使用することで、炭酸ガス(二酸化炭素)を発生させ、より効果的に汚れを落とすことができます。

排水溝に溜まった酸性の汚れである皮脂・垢の汚れにはアルカリ性の重曹が、アルカリ性の汚れであるシャンプー・石鹸カスには酸性のクエン酸が効果的です。

クエン酸や重曹は近くのスーパーやドラッグストアで簡単に手に入ります。また、クエン酸も酸性となるので、「塩素系漂白剤」と併用しないようにご注意ください。

【こんなつまりに有効】

重曹とクエン酸の使い方は次の通りです。

【必要な材料】

【使い方】

1.洗い場の場合は、排水溝の目皿に溜まっている髪の毛を取り除く
2.換気扇を回す・窓を開ける
3.重曹3:クエン酸1を混ぜ合わせ、排水溝などのつまりの元に振りかける
4.水またはお湯を200mlほど注ぎ、30分〜1時間ほど放置
5.浮き出た汚れを洗い流す

汚れがしつこい場合は、重曹とクエン酸を使用してからブラシなどで擦ると汚れが落ちやすいです。

クエン酸が無い場合はお酢でも代用できます。お酢で代用する際は、先に重曹を振りかけておき、水の代わりとしてお酢を注ぐようにしましょう。

これらの方法は、つまりの原因となる髪の毛やヘドロを直接溶かす作用があるわけではないので、重度の場合は根本的な解決が難しい可能性があります。

排水トラップの掃除

排水管ではなく手前の排水トラップにつまりの原因がある場合はしっかりと汚れを落としてあげることが重要になります。ヘアキャッチャーに溜まった髪の毛だけでなく、排水トラップのパーツを一旦すべて取り外して洗浄しましょう。

排水溝のパーツである以下3つに関しての隙間には、髪の毛やヌメリ汚れが溜まりやすいので、重点的にキレイにしましょう。

先述した重曹とクエン酸を使用すると汚れが落ちやすいです。

排水トラップはこまめに掃除することでつまりの防止にもつながるので、定期的に掃除する様にしましょう。

ラバーカップなどのつまり専用道具を使う

ラバーカップ(スッポン)やワイヤーブラシなど、つまり専用の道具を使うことでも、お風呂の排水溝つまりが解消できます。

ヘドロなどのつまりの他に、固形物がつまってしまったケースに対しても効果的な方法です。

【ラバーカップ・スッポン】

トイレが詰まった際に使用されることで有名なラバーカップは、お風呂つまりでも効果を発揮します。

使い方としては、まず排水溝に先端のゴム部分を密着させて、空気を押し出してゆっくり押し込みます。
そして一気に引っ張り上げると、つまりの原因となる物が引き出されて、つまりが解消されます。一度で効果が無い場合は何度か繰り返しましょう。

コツとしては押すのではなく、引く際に力を入れることがポイントになります。

【ワイヤーブラシ】

細長いワイヤーの先端にブラシがついている「ワイヤーブラシ」を使えば、手が届かないような狭い箇所でも簡単に届くので、配管の深い場所でのつまりに適しています。

ワイヤーでつまりの原因の汚れを擦り落とすので、つまりが硬すぎたりするとワイヤーでは対処できない場合があります。
配管奥深くのつまりは、水道修理業者に依頼する方法でも簡単に解消できますので、排水溝に触れることに抵抗がある方におすすめです。

ワイヤーブラシをお持ちの家庭は少ないですが、服を干すために使われる針金ハンガーをほどいて、一本のワイヤーにすることでも代用できます。

【真空パイプクリーナー】

真空パイプクリーナーを使用すれば、ラバーカップでも引き上げられなかったしつこい異物やつまりを取り出せます。

真空パイプクリーナーとは、その名の通り真空状態を作り出して、つまりを解消する専門道具です。ラバーカップよりも吸引力が高く、硬いつまりの症状にも効果があります。ヘドロつまりはもちろん、異物が入ってしまった時に効果的を示します。

真空パイプクリーナーはホームセンターでも簡単に購入できます。

真空パイプクリーナーを使用しても異物が取れない場合は、プロが使うさらに強力な吸引器具が必要になるかもしれません。

自分できるお風呂つまりの予防法

お風呂のつまりを防止するためには、石鹸カスや髪の毛、皮脂などの汚れを排水溝や排水管に流さないことが大切です。

ここからは自分でできるお風呂つまりの予防方法をご紹介します。

お風呂がつまる度に掃除をしていては大変な労力がかかります。毎日コツコツと積み重ねてつまりを予防しましょう。

こまめに掃除をする

お風呂のつまりで最も効果的な予防方法は、こまめに掃除することです。地味ですがこれに勝るつまりの予防方法はありません。

定期的に掃除をしていれば、こびりつく頑固な汚れになる前に落とせるので、液体パイプクリーナーや重曹などでも十分な効果が期待できます。

毎日徹底した掃除するのは難しいかもしれませんが、排水溝に溜まった髪の毛を取るだけでもつまる確率を大きく減らせます。

今まで全く排水溝内を掃除する習慣がなかった方は、「掃除の際はブラシで擦って汚れを落とす」「月に2回はパイプクリーナーを流す」など、小さなことから始めていきましょう。

排水溝ネットを被せる

お風呂の排水溝にゴミ取り専用のネットを被せれば、髪の毛などの細いゴミであっても、排水溝に絡まらずに簡単に取り除くことができます。

また、排水溝ネットを利用すれば、髪の毛以外にも、固形物の落下やつまりの防止にも役立ちます。

バスタブ内には排水溝ネットを被せられる目皿が無いため、洗面器などでも使われるアルミ製のゴミ受けなどがオススメです。

人数の多い家庭であれば、髪の毛やゴミが溜まりやすいので、付け替える頻度は高めになります。付け替える頻度が高くなったとしても、結果的に必要な掃除の回数が減ることになるので、積極的に使用しましょう。

お風呂のつまりは放置では直らない

トイレのつまりは、水に溶けやすい性質もをっている排泄物やトイレットペーパーが原因のつまりが多いです。そのため、自然放置していてもつまりが解消される場合があります。

しかしお風呂のつまりは、今までの入浴で蓄積された異物が原因となるため、放置では直りません。

つまりを解消せずに、そのまま放置していると排水溝から水が溢れてきてしまったり、皮脂などの汚れがさらに蓄積され、より頑固な汚れに進化してしまいます。

お風呂つまっていることに気がついたら、悪化してしまう前に早めの対応を取るようにしましょう。

こんな場合は水道修理業者にお任せください

お風呂のつまりは、根本的なつまりが解消できていないと、今後もつまりやすい場所になります。
きちんと掃除をしてもつまりを繰り返すようであれば、今までの対処方法の効果が薄かった可能性があります。

など、自力での解決が難しい場合は、「水道修理ルート」にお任せください。

水道修理ルートでは、お風呂のつまりの解消の他にも、キッチンやトイレなどの水回り全般のトラブルの対応も受け付けております。

経験豊富な水道修理のプロが対応いたしますので、価格や施工方法などの疑問点があれば、お気軽にご質問ください。

全国の幅広いエリアに対応しておりますので、今からお電話いただいてもすぐにご自宅まで伺います。
まずはつまりなどのトラブルのご相談からでも構いません。お気軽にお問い合わせください。