キッチンやトイレ、浴室など、住宅の水まわり設備に備え付けられている排水口。

排水口は水まわり設備から出た生活排水を下水道へと排水してくれる設備ですが、まれに排水口に流された水が逆流してきてしまうことがあります。
一度排水した水が逆流するようになってしまうわけですから衛生的によくありませんし、臭いが発生することもあるため、逆流するようになってしまった場合はすぐにでも対処したいところです。

この記事では、水まわり設備の排水口で水の逆流が発生してしまう原因と自分でできる対処法についてご紹介します。

排水口からの水の逆流を引き起こす4つの原因

住宅の水まわり設備の排水口からの水の逆流を引き起こす主な原因としては、

の、4つがあげられます。

それぞれの原因について詳しく解説していきます。

排水管のつまり

排水口からの水の逆流を引き起こす原因の一つ目が、「排水管のつまり」です。

水まわり設備の排水口には、毎日のように水と一緒にさまざまなものが排水されていきます。
水と一緒に排水口へと流されていく代表的なものとしては、以下のようなものがあげられます。

水まわり設備の種類 水と一緒に排水口へと流されていくもの
キッチン 洗剤カス
生ゴミ
野菜くず
食べ残し
トイレ 排泄物
尿石
トイレットペーパー
浴室 石鹸カス
洗剤カス
皮脂
水垢
髪の毛
体毛
洗面台 石鹸カス
ヒゲなどの体毛
皮脂
洗濯機 洗剤カス
繊維
皮脂
細かなゴミ

これらは大半が水と一緒に下水へと排水されていきますが、ごく一部が排水管に留まって堆積し、やがて排水管のつまりを発生させてしまうようになるわけです。

また、トイレの場合は、

など、本来流してはいけないものを流してしまうことで排水管がつまってしまうケースも。
排水管がつまると水が排水されづらくなってしまい、最終的には排水口からの水の逆流を引き起こすようになります。

排水管の損傷

排水口からの水の逆流を引き起こす原因の二つ目が、「排水管の損傷」です。

排水管は耐久性が高く、滅多に損傷することはありません。
しかし、何十年も使い続けていると、経年劣化によってヒビ割れなどの損傷が発生してしまうことがあります

排水をおこなうための設備である排水管が損傷すると、排水が正常におこなえなくなり、排水口から水が逆流してしまうことがあります。
この場合、自分で対応するのは難しいため、水道修理業者など専門の業者に依頼して対応してもらう必要があります。

排水桝のつまり

排水口からの水の逆流を引き起こす原因の三つ目が、「排水桝のつまり」です。

排水桝は、キッチンやトイレ、浴室など、住宅の水まわり設備からの排水に含まれるゴミを貯めるための設備です。
住宅からの排水は、排水桝によって不純物をある程度取り除かれた状態で下水道へと流されていきます。

排水桝は排水に含まれる不純物を取り除く設備ということもあって、ゴミなどがつまってしまいがちです。
ゴミなどの不純物を取り除くための設備ですのでつまりが発生することは滅多にありませんが、しばらく掃除をおこなわないとつまってしまうことがあります。

排水桝のつまりがひどくなると下水への排水がおこなえなくなり、排水口からの逆流が発生してしまうようになるわけですが、排水桝の掃除を自分でおこなうことは簡単ではありません。
排水桝のつまりが原因で排水口からの水の逆流が発生していると思われる場合は、水道修理業者など専門の業者に依頼して対応してもらう必要があります。

下水の水量の増加

排水口からの水の逆流を引き起こす原因の四つ目が、「下水の水量の増加」です。

台風などによって極端に雨量が増えてしまった場合、下水で処理できる水量を超えてしまって水が逆流し、住宅の排水口から下水があふれでてしまうことがあります
この場合も自分では対応できないため、下水を管理している自治体の部署に連絡し、対応してもらう必要があります。

排水口で水の逆流が発生してしまったときに自分でできる3つの対処法

実際に水まわり設備の排水口からの水の逆流が発生してしまった場合、自分でできる対処法としては、

の、3つがあげられます。

それぞれの対処法について解説していきます。

ラバーカップでつまりを解消する

ラバーカップは、「スッポン」の愛称でも知られる排水管のつまりを解消するための便利なアイテムです。

ラバーカップを排水口に押し当て、引いたり押したりすると、排水管に圧力が加わり、つまりの原因を下水へと押し流してくれます。
ラバーカップはホームセンターや通販サイトで購入可能ですし、100円ショップで購入できる場合もあります。

ラバーカップで排水口からの水の逆流を解消する際の手順は以下のとおりです。

1, ラバーカップをセットする
2, ラバーカップを押し込む
3, ラバーカップを引き抜く
4, ラバーカップを押し込む動作と引き抜く動作を繰り返す

ラバーカップを使用する場合、先端が水に浸かる程度に水を張る必要があります。
そのため、浴室の排水口や洗濯機の排水口での使用には向いていません。

浴室の排水口や洗濯機の排水口からの水の逆流には、この後紹介する液体パイプクリーナーを活用してください。
ラバーカップの先端が浸かる程度に水を張ったら、排水口に垂直に押し当てる形でラバーカップをセットしましょう。

セットしたら、ラバーカップを押し込み、一気に引き抜きます。
この動作を、排水管のつまりが解消されて水の逆流が止まるまで繰り返しおこないましょう。

真空式パイプクリーナーでつまりを解消する

真空式パイプクリーナーは、先ほど紹介したラバーカップとよく似たアイテムです。

ただ、ラバーカップよりも強い圧力を生み出せるため、より排水管のつまりによる水の逆流を解消しやすくなっています。
真空式パイプクリーナーはホームセンターや通販サイトで2,000円ほどで購入できます。

真空式パイプクリーナーで排水口からの水の逆流を解消する際の手順は以下のとおりです。

1, 真空式パイプクリーナーをセットする
2, レバーを押し込む
3, レバーを引き抜く
4, 真空式パイプクリーナーを押し込む動作と引き抜く動作を繰り返す

真空式パイプクリーナーも、ラバーカップ同様、効力を発揮するためには先端が浸かる程度の水を張る必要があります。
水を張ったら、排水口に垂直に押し当てる形で真空式パイプクリーナーをセットしましょう。

セットしたら、レバーを使って先端を押し込み、十分に押し込めたら、再度レバーを使って引き抜いていきます。
後は、排水管のつまりが解消されてみ排水口からの水の逆流が止まるまで、この動作を繰り返すだけです。

液体パイプクリーナーでつまりを解消する

液体パイプクリーナーは、排水管のつまりを解消するために用いられる洗浄剤です。

排水管の中に流し入れてしばらく放置すると、洗剤によって排水管の内部のつまりの原因が溶かされ、つまりが解消されるようになります。
液体パイプクリーナーは、ホームセンターやドラッグストア、通販サイトで購入可能です。

液体パイプクリーナーで排水口からの水の逆流を解消する際の手順は以下のとおりです。

1, 液体パイプクリーナーを排水口に流し込む
2, 30分ほど放置する
3, 大量の水を排水口に流し入れる

液体パイプクリーナーは強力な洗浄剤ですので、手袋とゴーグル、マスクを装着した上で作業をおこなうようにしてください。

準備ができたら、排水口に液体パイプクリーナーを流し入れましょう。
流し入れる量は製品によって異なりますので、製品の裏面に記載されている使用方法を確認してください

排水口に流し入れたら、液体パイプクリーナーが排水管のつまりの原因を溶かすまで30分ほど放置します。
後は、バケツや洗面器に水を溜め、一気に水を流し込むだけです。

ワイヤーパイプクリーナーでの解消法がおすすめできない理由

ワイヤーパイプクリーナーは、ワイヤーを排水管に通し、そのワイヤーによってつまりの原因を物理的に取り除くタイプのアイテムです。

他のウェブサイトの中には、このワイヤーパイプクリーナーを用いる方法も紹介しているサイトもありますが、ワイヤーパイプクリーナーを用いる方法はあまりおすすめできません

なぜなら、ワイヤーパイプクリーナーは取り扱いが難しいアイテムだからです。
取り扱うのが初めての方の場合、ワイヤーによって排水管の内部を傷つけてしまう可能性があります

また、ワイヤーを奥まで入れすぎてしまい、抜けなくなってしまう可能性もあります。
便利なアイテムではありますが、上手く取り扱うには技術と経験が必要になりますので、なるべく使用しないようにしてください。

自分で対応するのが難しい場合は水道修理業者に対応を依頼しよう

軽度な排水管のつまりであれば、先ほど紹介したラバーカップや真空式パイプクリーナーを使って自分でも対処可能です。

しかし、重度なつまりになると、ラバーカップや真空式パイプクリーナーでは対処できませんし、液体パイプクリーナーを使っても対処できません
また、排水桝のつまりや排水管の損傷も個人が対応できるものではありません。

自分で対応するのが難しいと判断される場合は、無理に自分で対応しようとせず、専門家である水道修理業者に対応を依頼するようにしましょう。
水道修理業者に対応を依頼すれば、豊富な知識と技術力、そしてノウハウで、適切に対処してくれます。

ただ、下水の水量の増加によって発生する排水口からの逆流は水道業者でも対応できませんので、下水道を管理している各自治体の部署に連絡し、対応してもらうようにしてください

対応を業者に依頼した場合にかかる費用の相場

排水口からの水の逆流への対応を業者に依頼した場合にかかる費用の相場は、おこなう作業によって異なります。

業者がおこなう作業としては、

の、3つがあげられます。

それぞれの作業にかかる費用の相場は以下のとおりです。

作業内容 費用の相場
ローラーポンプ 5,000円~
トーラー 10,000円~
高圧洗浄機 30,000円~

ローポンプは業者用のパイプクリーナーでラバーカップや真空式パイプクリーナーとよく似たアイテムですが、ラバーカップや真空式パイプクリーナーよりも強い圧力を生み出すことができます。

トーラーは業者用のワイヤーパイプクリーナーです。排水管に挿入し、物理的につまりの原因を取り除きます。

高圧洗浄の場合は、業者用の高圧洗浄機を使ってつまりの原因を取り除いていきます。

まとめ

今回ご紹介した「排水口から水が逆流するのは何で?その理由と自分でできる対処法を紹介!」はいかがだったでしょうか?

など、住宅の水まわり設備の排水口には、毎日のように水と一緒にさまざまなものが流されていきます。
それにより、排水管や排水桝でつまりが発生し、水が逆流してしまうようになるわけです。

また、排水管が損傷してしまった場合も逆流が発生する可能性がありますし、大雨や台風などの被害によって下水道の水があふれてしまった場合も逆流する可能性があります。
排水桝のつまりや排水管の損傷、下水の水の増加については個人で対応するのは難しいと言えますが、軽度な排水管のつまりであれば対応可能ですので、

などを活用し、対応してみてください。

自分で対応するのが難しい場合や紹介した対処法を試してみても水の逆流が解消されない場合は、水道修理業者に依頼し、対応してもらうようにしましょう。

水道修理業者に対応を依頼される際は、ぜひ私たち「水道修理ルート」にご依頼ください。私たちは水道設備のことを知りつくした水道局指定の水道修理業者です。
排水口からの逆流も高圧洗浄などの専門的な方法で適切かつ迅速に対応させていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。