住宅の水道で発生するトラブルには水漏れや詰まりなどさまざまなものがありますが、北海道や東北など、冬の寒さの厳しい地域で発生するのが「水道の凍結」です。

水道が凍結してしまうと水が出なくなるだけでなく水道管の破損など大きなトラブルにもつながる可能性があります。

この記事では、そんな厄介なトラブルである水道の凍結についてご紹介します。

水道が凍結する条件に触れながら、凍結を予防する方法や実際に凍結してしまった場合の対処法などについて紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!
【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する

水道が凍結する条件

水道の中の水は、気温が「マイナス4℃」以下になると凍結してしまう可能性があります。

比較的簡単に凍結してしまうため、北海道や東北などの寒さの厳しい地域だと、冬の時期は常に凍結を意識しなくてはいけません。

関東などの地域で気温がマイナス4℃以下になることはそうそうありませんが、直近ですと2018年の1月にマイナス4℃を記録しているため、北海道や東北以外の地域であっても冷え込む日は注意が必要だと言えるでしょう。

凍結してしまいやすい水道の箇所

住宅にはさまざまな水まわり設備が備わっていますが、

などは、その他の水道設備や水道管よりも凍結しやすいため注意が必要になります。

水道の凍結を予防する方法

水道の凍結を防ぎたいのであれば、普段から水道の凍結を予防するための措置をおこなっておくことが大切です。

水道の凍結を予防する方法としては以下の3つがあげられます。

それぞれの方法について詳しく紹介していきます。

1. 水道管を保温する

水道を凍結させないためには水道管の内部の温度を少しでも高く保つ必要があります。
水道管に布や緩衝材を巻きつけてテープなどで固定し、水道管の内部の熱が逃げないようにしましょう。

2. 水を少しだけ出しっぱなしにしておく

水を出しっぱなしにしておくと水道が凍結しなくなるので、気温が低くなる日は常に水を出しっぱなしにしておくようにしましょう。
出す水の量は少量で問題ありません。
また、水道の下にバケツなどを用意して水を溜めて洗濯などに使用するようにすれば、水を無駄にせずに済みます。

3. 水抜きしておく

水道に水抜き栓が設置されている場合は、寝る前に水抜きをおこなっておきましょう。
水抜きをおこなっておくことで水が滞留しなくなり、凍結してしまうことがなくなります。

水抜きの方法は水抜き栓によって異なりますので、説明書を確認しながらおこなうようにしてください。

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!
【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する

水道が凍結してしまった場合の対処法

先ほど紹介した方法で凍結を予防していたとしても水道が凍結してしまうことはあります。

もし実際に水道が凍結してしまった場合は、水道管にタオルを巻きつけ、その上から50℃ほどのお湯をかけてみてください。
そうすることで水道管の内部の温度が上昇し、凍結が解消されます。

熱湯にしてしまうと水道管を損傷させてしまう可能性がありますので、くれぐれも熱湯ではおこなわないようにしてください。

まとめ

今回ご紹介した「水道の凍結を予防する方法と凍結してしまった場合の対処法」はいかがだったでしょうか?

水道の凍結は北海道や東北など寒さの厳しい地域で特に発生しやすい水道トラブルですが、「マイナス4℃以下」になると発生するため、その他の地域でも発生する可能性は十分にあります。

そのため、北海道や東北にお住まいの方はもちろん、それ以外の地域の方も、冷え込みが厳しくなる日は今回紹介した予防法を実践するようにしましょう。
また、実際に水道が凍結してしまった場合は、紹介させてもらった対処法で対処するようにしてください。

もし紹介させてもらった対処法を実践しても凍結が解消されない場合は、水道修理の専門家である水道修理業者に対応を依頼するようにしましょう。

その際は、ぜひ、私たち「水道修理ルート」にご依頼ください。
私たちは水道設備のことを知りつくした水道局指定の水道修理業者です。

水道の凍結によって水道管が破損して交換が必要になった場合であっても適切かつ迅速に対応させていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!
【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する