「バブルおそうじ機能」をはじめとした独自機能が魅力の三菱エコキュートは、5大メーカーの一つとして人気を集めています。

三菱は、ほかの国内エコキュートメーカーと同様に技術力に定評がありますが、使用していると故障が疑われる症状が生じることもあります。

そのような場面では、迅速かつ的確な対応が必要です。

「お湯が出ない」「エコキュート本体から水漏れがしている」など、焦りを感じる場面であっても、場合によっては簡単な作業で復旧することがあります。

また、エコキュートを中心に対応方法を解説しますが、三菱の電気温水器に関しても基本的な対応方法は同様です。エラーコードが表示されたり、給湯器がいつもと同じように作動しなかったりして困っている方は、是非参考にしてください。

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

※水道事務局(クリーンライフ)に繋がります

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!
【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する

※水道事務局(クリーンライフ)に繋がります

三菱エコキュートの故障時の基本的な対応

三菱のエコキュートの故障が疑われる場合、基本的な対応方法を押さえておくと対応がスムーズです。

エコキュートに不具合が生じていても、簡単な作業で復旧する場合があります。
また、機器の故障・トラブルの際にはスピーディに対応することにより、被害を最小限に抑えられます。

症状とエラーコードを確認する

故障や不具合が疑われる際に最初にチェックしておきたいのは、以下の点です。

上記3点を確認することで、三菱のエコキュートが故障した際にどのように行動すべきかの目安をはかることができます。

エラーコードは、エコキュートに不具合・故障が発生したときにリモコンパネルに表示されます。

三菱エコキュートの場合アルファベット1文字+数字2ケタの表示です。

症状ごとにエラーコードが設定されており、どのような対応を取るべきかが具体的に示されています。

自分で対応できるかできないかを判断する

エコキュートが故障している場合、ご自身で対応できるケースはほとんどありません
エコキュート本体やヒートポンプの修理作業をするのは非常に危険なことであり、大きな事故や火傷に発展することもあります。

また、エコキュートの修理作業は免許・資格を必要とするものが大半です。

しかしながら、ご自身でできる作業として以下のケースがあります。

症状 対応
リモコンパネルの誤表示やエコキュートの誤作動 リモコンのスイッチ入れ直しや本体電源プラグの抜き差しにより復旧する場合あり
誤った操作方法 正しい使用法をすることで復旧(浴槽の排水栓が抜けているケースなど)
メンテナンス不足 浴槽フィルターの清掃や配管洗浄などを実施することで復旧する場合あり
気候条件などによるもの 時間の経過によって改善刷る場合あり

これらのケースは、メーカーサポートや修理業者の力を借りなくても復旧できる場合があります。

対応をおこなう

状況を把握した上で、対応をおこないます。
このとき重要なポイントは、確実にご自身で対応できる場合以外に関しては、無理に対応をしないことです。

対応ができるか不安なときや適切な対応方法がわからないときには、修理サポートや専門の修理業者に相談し、修理・点検を依頼しましょう。

迅速な対応をとることもまた重要なポイントです。

三菱エコキュートの故障・不具合自分でできるエラーコード対処方法

三菱エコキュートの故障や不具合をお知らせするエラーコードの中で、ご自身で対応可能だと考えられるケースもいくつかあります。

この章では、ご自身で対応可能なエラーコードとその症状を解説します。

P05

三菱エコキュートにP05のエラーコードが表示される場合、以下の事情から湯はりのエラーが生じている可能性が考えられます。

症状 対応
配管の凍結 気温が上昇して、凍結が解消されるのを待つ
タンク内の水がなくなっている タンク内の水を満水にする
給湯器止水栓が閉じている 止水栓を開く
浴槽アダプターにゴミが詰まっている 歯ブラシなどでゴミを清掃する

上記の作業のあとに、「ふろ自動」のボタンを押すことで、エラーが解消される可能性があります。

U00

三菱エコキュートのU00は、外気温が高いために水温が45度以上になったときに表示されるエラーコードです。

U00が表示されている際には、水を使用しようとしても熱いお湯が出てきます。

急ぎで水を使用したいときは、水をしばらく流し続けることで温度が下がり、同時にエラーコードも解除されます。

U03

三菱エコキュートのエラーコードU03は、温水器側での水位確認ができないときに表示されるエラーコードです。

U03が表示される際の根本的な原因として考えられるのが浴槽アダプターフィルターや湯はり配管内部の汚れ・詰まりです。
フィルタの清掃や配管の洗浄をすることで、エラーコードが解消されエコキュートを再び利用できるようになることがあります。

日常のメンテナンスとして、フィルターの清掃は、1週間に1度程度・配管洗浄は半年~1年に1度程度のペースでの実施が推奨されます。

U04・U05

三菱エコキュートのU04とU05のエラーコードは、タンク内のお湯が切れてしまったときに表示されるエラーコードです。
リモコンパネルの「満タン」ボタンを押して再びお湯がたまるのを待つ必要があります。

ふだんよりもお湯を多く使用した際にU04・U05のエラーコードが表示される場合は大きな問題ではありません。
しかし、頻繁にこのエラーが表示される場合には、湯はりの量やタンク容量が適切ではない可能性があります。

三菱エコキュートの故障・不具合でよくある事例

よくある事例ごとにエコキュートの故障・不具合の対処法を押さえておくことも効果的です。

この章では、症状ごとに対処法を解説します。

お湯が出ない

お湯が出ないケースでは、以下の状況が考えられます。

エコキュートの故障や配管設備の故障以外に関してはご自身で対応できるケースが多いです。
反対にエコキュートの故障に関しては、速やかに水道修理業者に依頼しましょう。

エコキュートから水漏れしている

エコキュート本体やタンクからの水漏れは、さまざまな状況が考えられます。

〇故障や不具合ではない状況

・エコキュートタンク下の少量の水漏れは、全く問題ありません。
・温度変化による水分の膨張によって起こります。

〇修理業者への依頼が必要なケース

・エコキュート本体の故障・劣化
・各種配管・空気チューブの故障・劣化

配管からの劣化は、エラーコードの表示がされないこともあります。

水道料金が高額になったり、温度が安定しなかったりするなどの異常が見られた際には修理業者に相談してください。

お湯のわきあげができない

三菱エコキュートの故障・不具合によりわきあげが正常にできなくなる症状が見られます。

主なエラーコードは以下のとおりです。

エラーコード 症状
C03 高圧異常
C20 ヒートポンプ配管内の水が正常に循環していない
C21 わきあげ温度低温異常
C30 入水温度高温異常

これらのエラーコードが生じたとき、本体や配管の不具合でなければご自身で対応できる可能性もあります。

上記の対応をしても改善が見られない場合には、修理業者への相談が必要です。

設定温度よりも熱い

三菱のエコキュートが設定よりも熱くなりすぎることがあります。

考えられる原因は複数あります。

〇ご自身での対処が可能であるケース

・フィルターの汚れ・詰まり
・給水の元栓がきつく閉まっている
・ガス栓が中途半端に閉まっている

これらのケースでは、根本の原因が解決されれば、自然にエラーが改善されます。

〇ご自身での対処ができないケース

・給湯器本体の故障
・混合栓(お湯と水を混ぜて温度調節をするための部品)の故障

高温のお湯が出る状態をそのままにしておくと、火傷などの事故につながることがあります。

お湯の使用を中止して、直ちに修理業者に依頼をしましょう。

三菱エコキュート故障時の修理料金の目安

三菱Webサイトでは、エコキュート故障時の修理料金の目安が案内されています。

この章では、エコキュート故障時の修理料金の目安を解説します。

症状 料金目安
電源が入らない 15,400~49,500円
お湯が沸かない 17,600~47,500円
ふろ自動運転しない 15,400~49,500円
リモコンが点灯しない 20,900~49,500円
水漏れ 15,400~49,500円
エラーコードC〇〇の表示 15,400~45,900円(電機部品交換)
84,700~171,600円(ヒートポンプユニット内部品交換)
エラーコードH〇〇の表示 15,400~64,900円
取扱説明・点検 8,800~14,300円

まとめ

三菱のエコキュートに故障や不具合が疑われる際には、状況を冷静に判断して速やかに対応を取ることが重要です。

しかしながら、エコキュート・電気温水器に生じる症状は多岐にわたります。
また、同じ症状でも原因が異なるケースも少なくないため、一つひとつ考えられる原因を冷静に対処することが重要です。

エコキュート本体や部品に故障・破損が生じている場合には、ご自身での対応は不可能です。
修理業者に相談・依頼をおこない、支持を受けましょう。

このときに正確に情報を伝えるためにも、エラーコードの内容を把握して冷静に対処することが重要です。