冷蔵庫をいつも通り使っていたのに水が漏れてしまったとお困りではありませんか?

冷蔵庫は水道から水を引いていませんが、様々な原因によって水漏れが発生してしまいます。
一度経験のある水漏れであれば、初めての方にとってはどこから水がもれてきなのかすら判別できないかもしれません。

ここでは、初めての方にもわかりやすく冷蔵庫の水漏れの原因と自力でできる対処方法をご紹介します。

冷蔵庫の水漏れを修理する前にまずは原因の特定から始めましょう。

冷蔵庫水漏れの原因6つ

冷蔵庫ではどこで水漏れが発生しても最終的には、水は床に垂れていくケースがほとんどです。そのため初めての方にとっては、どこから水漏れが発生しているのか特定するのが難しいです。

これから紹介する原因を参考に水漏れ箇所を特定しましょう。

ドレンホース

冷蔵庫には、冷蔵庫内の霜をとるために「ドレンホース」と呼ばれるホースが取り付けられています。このドレンホースにホコリやゴミなどが溜まると、行き場を失った水が床に漏れ出してしまう症状が水漏れの最も多い原因の1つです。

ドレンホースは野菜室の引き出しの裏側や冷蔵庫の背面から下に向かって設置されているタイプが多いです。もしなかなか見当たらない場合は取扱説明書やメーカーHPから調べてみましょう。

ドレンパン(受け皿)

ドレンホースを通じて排水された水は冷蔵庫の下側に設置されているドレンパンと呼ばれる受け皿に溜まる仕組みになっています。

通常であればドレンパンに溜まった水は蒸発して消えてゆくのですが、発生した霜の量に対して蒸発のスピードが追いつかなかった場合、この受け皿から水が溢れ出してしまします。

まだ温度の高い料理を入れると、冷蔵庫内の温度が上がると霜が大量に溶け出してしまい、ドレンパンが溢れ出すケースが多いです。料理を冷蔵庫にしまう際には、温度を少し覚ましてからにしましょう。

扉にスキマができている

冷蔵庫は外の空気を遮断することで冷たい状態を維持しています。そのため少しでもスキマができてしまうと、外の暖かい空気が入り込んでしまうと結露につながります。

冷蔵庫の扉がきちんと閉まらない理由として多いのが