屋外の地中に埋め込まれた「潜水船」や、玄関先に立ててある水道蛇口「立柱栓」の水が急に出てこなくなってしまうと、焦りを感じるものです。原因がわからないときは、対応方法の目星もつかないかと思います。

この記事は、水道局指定の水道修理業者である水道修理ルートが、散水栓(立柱栓)から水が出ないときの対応方法を解説します。

散水栓から水が出ないときに考えられる原因

散水栓や立柱栓から水が出ないときには、最初にご家庭のほかの箇所で水が出るかどうかをチェックしてください。そして、もしほかの箇所ではきちんと水が出るときには、蛇口や配管に何かしら不調が生じているかもしれません

具体的に考えられるのは、以下の原因です。

散水栓のつまり

散水栓の蛇口内が、サビや配管用の接着剤などでつまってしまうことがあります。特に、長年使用している配管は金属製のため、配管内のサビが溜まって蛇口のフィルター部分につまりやすいという特徴があります。

配管の凍結

気温が氷点下になると、水道管凍結のリスクがあります。水道管が凍結する温度は、-4度以下ですが、風の強い日には-1~2度でも凍結してしまうことがあります。

蛇口の故障・不調

蛇口が故障したり、部品が劣化して損傷したりしたときにも、蛇口から水が出てこなくなります。

その他

上記以外に、配管の破損が原因で水が出てこなくなることもあります。

散水栓から水が出ないとき、自分で対処できる?

散水栓や立柱栓の不調を自分自身で直せたら、業者に依頼をするよりも費用を節約できます。また、簡単に対応できる内容なら、対応に要する時間も短くて済むため、できるだけ自分で直したいという方も多いでしょう。

この章では、ご自身で修理できるかどうかをチェックするための3つのポイントを解説します。

止水栓の確認

水道の蛇口から水が出てこないときに意外と多いのが、止水栓が締まっているために水が出なくなるパターンです。例えば、水道の工事やメンテナンスをした後や、家族の誰かがなんらかの事情で止水栓を締めた場合などが考えられます。

通常、止水栓を開ければすぐに水が出るようになりますが、稀に止水栓が強く締められていたりサビついて動きにくくなったりしているケースがあります。ご自身の力でどうしても開けられないときには、家族の方の力を借りたり、水道修理業者に依頼をしたりして対応してください。

蛇口の空回り

蛇口本体の故障のうち、ハンドル部分が手ごたえなく空回りしてしまうケースであれば、ご自身で対応できるかもしれません。蛇口空回りの理由の多くは、蛇口部品の「スピンドル」「コマ」のいずれからの故障もしくは劣化による不調です。その場合、これらの部品を新品と交換することで、修理できます。

ただし、蛇口の修理がご自身で対応できるのは、単水栓というひねって回すタイプの蛇口のときに限られます。ほかのタイプの蛇口は、蛇口内部の作りが複雑なため、水道修理業者に依頼してください。

凍結の対策

配管が凍結してしまった場合は、水道管にタオルをかけてから50度くらいのお湯をかけることで、凍結を溶かせます。熱湯をかけてしまうと、配管を破損させてしまうことがあるため、注意しましょう。

蛇口のつまり

蛇口のつまりによって水が出てこないときは、まず蛇口先端部分のフィルターの状況をチェックしてみましょう。フィルター内のゴミや汚れを清掃すれば、水が出るようになることもあります。

フィルター清掃で直らない時には、水道修理業者を依頼しましょう

蛇口のつまりに対しては、予防が大切です。使用頻度が少なすぎるときや使用時に目いっぱい蛇口を締めたりしているケースでは、蛇口のつまりや部品の劣化が起こりやすいです。

散水栓から水が出ないときの修理対応にかかる時間と費用(業者依頼時)

ご自身での対応が困難な時、頼りになるのは水道修理業者です。水道修理業者は、水道修理の専門家であるため、最短時間で解決できる可能性が高くなります。

この章では、水道修理業者に修理を依頼した際にかかる一般的な時間と費用について解説します。

時間

水道修理業者の時間について考えるとき、2つの時間を意識ましょう。
1つ目は、業者が自宅に駆けつけてくれるまでの時間、2つ目は修理作業時間です。もちろん、どちらも早く対応してくれる業者が大切です。

まず、依頼時の時間についてですが、業者によっては依頼後すぐ(30分以内など)に駆けつけてくれます。

作業時間は、散水栓の不調原因やご自宅の状況に大きく左右されますが、比較的単純な部品交換などで済む際には、1時間以内に作業が完了することも珍しくありません。ただし、配管の奥のほうにつまりが生じている場合などは、修理時間が半日以上かかることもあります。

費用

水道修理業者の費用のベースは、基本料金・出張費です。これらに、別途作業の内容によって追加費用を加算されます。

水道修理業者個々に料金設定がされているため、具体的な料金は一概にいえませんが、基本料金+出張費で5,000~10,000円程度が目安です。
具体的な内容として、当社水道修理ルートに依頼をいただいた場合の時間と時間と費用を紹介します。

当社水道修理ルートは、依頼をいただいてから最短15分で駆けつけ、無料で点検・見積もり対応をしています。また、修理の依頼費用は、出張費込みで5,000円~(税込)です。
水道修理業者として10年の実績、お客様満足度94%の水道修理業者ですので、お困りの方はぜひ気軽にご相談ください。関東地方・近畿地方・中部地方・中国地方と、全国の多くの地域で対応しています。

まとめ

散水栓から水が出ない時には、蛇口のつまりや配管の凍結、蛇口の故障などの原因が考えられます。不調箇所の原因によってはご自身で対応することも可能なので、この記事に沿って、止水栓の確認や蛇口の状況のチェックから、状況確認を進めてください。

業者に依頼する際には、スピードと丁寧な対応を意識して相談していただくのがベストではないかと思います。当社水道修理ルートは、相談・見積もりまでは無料で対応しているので、不安に感じている方や対処法が詳しくわからない方はぜひ気軽にご相談ください。