玄関前や駐車場にある散水栓は、水漏れが起こりやすい箇所です。

水漏れしてしまうと、高額な水道がかかってしまったり、庭や住居に大きなトラブルが発生したりするなど、大きなトラブルにつながる危険性があります。被害を最小限に抑えるには、適切かつ迅速な対応が不可欠です。

この記事は、10年の実績をもつ水道局指定の水道修理業者である水道工事ルートが散水栓の修繕について解説します。

散水栓から水が出ないときの修理対応にかかる時間と費用(業者依頼時)

散水栓に水漏れが生じていると、水道料金が高額になったり、地面の土を伝って住居の木材を劣化させてしまいます。

さらに悪いことに散水栓の水漏れは、屋内の水漏れと比べて発見しづらい傾向があります。場所自体が目にとまりにくく、程度や状況によっては見えても気がつかないことも多いためです。

まずは、散水栓の水漏れを発見するための2つのポイントを紹介します。

心当たりがないのに水道代がいつもより高い

散水栓の水漏れが生じていると、普段と同じように水道を使用しているにもかかわらず、急に水道料金が高くなります。水道料金の異常に気づくには、普段から毎月どの程度の水道料金がかかっているのかを意識することが大切です。

散水栓周辺がよく湿っている

散水栓の周辺の土やコンクリートが頻繁に湿っているとき、散水栓の水漏れが原因かもしれません。天候や気候の影響で湿りやすくなることもあるので、気になったときは直接散水栓を見るか、水道メーターをチェックしてみましょう。

一戸建ての場合、メーターは玄関や駐車場周辺の地面にあります(鉄製の長方形のフタを開けると、メーターバルブと一緒に入っています)。水を使用していないのにメーターが回っていれば、水漏れしている証拠です。

散水栓からの水漏れで応急処置としてできること

散水栓から水漏れしているときにおこなうべきことは、症状の改善です。また、応急処置としては、取り急ぎ被害の拡大を抑えることも重要です。

被害を最小限に抑えるには、一刻も早く修理をすることが重要であり、応急処置としてできることはそれほど多くありません。それでも最初におこなっておきたいのは、元栓を締めることです。元栓を閉めれば、被害の拡大は抑えられます

もし蛇口の不良やパッキンなどの部品劣化など、原因が明確であり比較的簡単に作業できる場合は、そのままご自身で修繕できることもあります。

ただし、散水栓の水漏れ対応はスピードが重要です。以下の対応方法は、避けてください。

・対処方法がわからないものの、なんとか自分で修理しようと試みる
・自分で対処をするために、時間をかけて対処法を調べる
・原因がわからないまま、蛇口を分解してとりあえず適当に部品を交換する

これらの作業をすることで、時間をムダに費やしてしまったり、トラブルが大きくなったりしてしまうことがあります。

散水栓から水漏れが生じる原因とそれぞれの対策

水漏れの原因が推測できると、ご自身で直せるか否かの判断ができるようになります。また、水道修理業者に依頼する場合にも、事態の深刻度合いや復旧までの所要時間などの目安にもなるでしょう。

この章では、散水栓水漏れの原因となる3つの箇所と、それぞれの対処方法を解説します。

パッキンの劣化や不良

散水栓のパッキンは、劣化や不良がとても生じやすい部品です。パッキンが劣化すると、蛇口をしっかり閉めていても劣化したパッキンの箇所から水漏れします。散水栓に使用されるパッキンは、3箇所あります。

・ハンドル部分:三角パッキン
・吐水パイプの根本:Uパッキン
・吐水パイプの先端:コマパッキン

上記のように、水漏れ箇所で問題のあるパッキンが特定できます。水漏れの原因であるパッキンが確認でき、分解と組み立てができる方は、ホームセンターなどで部品を購入して、ご自身で修理することも可能です。

蛇口に問題が発生

蛇口にトラブルが生じている場合は、蛇口本体の交換もしくは修繕が必要です。

一般的に散水栓に用いられている蛇口である単水栓の部品は、ホームセンターなどで購入可能です。蛇口の交換は、必ず元栓を閉めてからおこないましょう。また、蛇口の部品以外に、レンチやプライヤーなどの工具が必要になることもあります。

配管から水漏れ

地震や凍結などによって、配管が破損して水漏れ原因になってしまうこともあります。配管の水漏れは、パッキンや蛇口の水漏れよりも気が付きにくく、まだ被害も大きくなりやすい傾向があります。

修理対応に関しても、ご自身での対応は不可です。技術的な部分でもとても一般の方の手に負えるものではありませんし、箇所によっては工事専門の資格が要求されます。

配管からの水漏れが疑われる際には、早急に水道工事業者を手配しましょう。

散水栓の水漏れを業者に依頼したときの時間・費用は?

散水栓の水漏れの修理対応を検討している方は、所要時間や費用などがどの程度かかるのか気になるのではないでしょうか?

この章では、散水栓の水漏れを業者に依頼した場合にかかる時間や費用の目安を解説します。

対応までの時間

水道修理業者に電話してから自宅に到着するまでの到着時間は業者によって異なるので、迅速対応をうたっている業者に依頼しましょう。

ポイントは、2点あります。

①ホームページの情報をチェック

スピードを強く意識している水道修理業者は、ホームページなどに時間の目安を掲載しています。業者を選ぶ際には、目安時間を記載しているスピード意識の高い業者を選びましょう。

②依頼をする際に到着時間を確認する

水道修理業者に依頼の電話をする際に、何分ほどで到着できるのかを確認しましょう。地理的な位置関係や、当日の業者の状況などによって、到着時間はホームページに記載の時間とから誤差が生じます。

個別に確認することで、時間を正確に把握できることに加え、業者が到着するまでの時間を有効活用できます。

修理完了までの時間

水道修理工事の内容や業者の技術力などによって、修理工事開始から完了までの時間が異なります。技術力の高さを客観的に判断するのは難しいですが、わかりやすいポイントとしては以下の点があります。

・水道局指定の工事業者で、水道工事に必要な資格をきちんと習得している
・地元密着を掲げていて、地域に根付いて営業をおこなっている
・強引な営業手法などをおこなわず、丁寧かつお客様目線で対応をおこなっている

優良な業者を選ぶことは、修理作業の品質にも影響します。作業の質がよくない場合は、トラブルが再発したり、すぐに別の箇所が故障してしまったりするなどの問題が起こることもあります。

技術力のある業者が作業対応をした場合の目安時間は以下のとおりです。

・パッキンや蛇口本体の交換や修繕・・・1~3時間。比較的短時間で作業完了するケースが大半です。
・配管のトラブル・・・4~6時間。トラブル発生箇所にもよりますが、地面を掘って作業をしなくてはならないこともあり、作業時間が長くなりがちです。

作業の所要時間についても、見積もり時の段階などで修理工事の担当者に質問をするとよいでしょう。

費用目安

費用工事の目安は、以下の項目で決まります。

・基本料金(基本料金/出張費)
水道修理業者を手配する際に必ずかかる基本料金です。目安としては、5,000~10,000円程度です。

基本料金に出張費を含めて金額を掲載している業者もあれば、安い低価格を設定しておきながら、出張費の項目で費用を乗せ、最終的に相場よりも高額な業者もあります。

また、土日祝日や夜間などは、時間外料金がかかることもあります。

水漏れ中の水道代負担は?

散水栓で水漏れが発生すると、原則的には漏れた分の水道代を負担しなくてはなりません。ただし、水漏れによる水道料金水道料金の負担が軽減されることもあります

減額が認められるための要件は、お住まいの市町村によって異なりますが、一般的にご自身の故意や重大な過失があった場合や、漏水を修繕せずに放置したとみなされた場合などは減額が認められません。

申請にあたっては、水道修理の際の請求書と所定の申請書の提出が必要です(ご自身で修繕をした場合の必要書類にも、減免の対象になることがあります)。

減額の可否や手続き方法、細かな質問事項は、市町村の水道局に問い合わせをしてください。

散水栓が水漏れをしやすいのはなぜ?予防策とは?

散水栓は、ほかの箇所と比べて水漏れを起こしやすい面があります。この章では、散水栓にトラブルが生じやすい理由と、対策について解説します。

水漏れしやすい理由

散水栓の水漏れが生じやすい理由は、さまざまなリスク要因が存在するためです。具体的に水漏れがしやすい理由を紹介します。

・雨や雪などの影響により、パッキンなどの部品が劣化しやすい
・使用時にホースを強く引っ張るなどによって蛇口に負荷がかかり、変形させてしまう
・凍結によって内部の水が膨張し、蛇口を破損させる

従って、これらの要因に対して注意をすることで、散水栓の水漏れをある程度予防できます。

予防策

水漏れを招く散水栓の故障・不具合を防ぐための予防策は以下のとおりです。

・日ごろの使用状況
蛇口や配管に余計な負荷をかけないように、日ごろから丁寧な使用を心がける

・雨や凍結に対する予防
お住まいの地域の気候や環境によっては、カバーを使用したり凍結対策(保温材の取り付けなど)を施したりする

また、水道料金を毎月チェックして、異常が生じた際にはすぐに確認できる状況にしておくことも大切です。

まとめ

屋外に設置された散水栓は、水漏れなどのトラブルが生じやすい箇所であると同時に、トラブルに気が付きにくい箇所でもあります。重要なことは、できるだけ早くトラブルに気が付き、被害を最小限に抑えることです。

トラブルに対しては、パッキンの劣化や蛇口の交換などの軽微な破損であれば、作業が得意な方ならご自身で対応可能なものもあります。ただし、余計に被害が拡大してしまったり、元通りに組み立て出来なくなってしまったりすることもあるため、確実な自信がないときには水道修理業者を依頼しましょう。ご自身での修繕作業に失敗した場合、水道代減免を申請する際に過失とみなされ、減免が認められない可能性もあります。

業者を依頼する際には、スピード・技術力・丁寧な対応が重要です。水道修理ルートは、水道局指定・10年以上の実績・顧客満足度94%の水道修理業者です。関東・近畿・中部・中国などの幅広い地域に対応しています。お見積りまでは無料で対応しているので、ぜひ気軽にご相談ください。

こんな時は『水道修理ルート』にお任せください

水回りトラブルの中には専門知識を持っている方にしか分からないような難しい事象もあります。
トラブルの根本的な原因を発見する段階でも、やはり専門知識が無いと発見出来ないこともあると思います。

お客様の中には以下のように感じる方も多いかもしれません。

「どこの水道業者に依頼したらいいのかわからない。」
「今すぐ水漏れの修理に来て欲しい。」
「水漏れが起きているかどうか調査してほしい」

そんな時は、「水道修理ルート」にお任せください!
水道修理ルートなら、水道設備や水回りトラブルのの対処に経験豊富なプロのスタッフが解決することが出来ます。

しかも、

出張費用が無料で、料金に納得できなくてキャンセルしてもキャンセル料なし!
エリアNo.1の低料金!
最短で15分後に到着!さらに24時間依頼ができるから深夜・早朝の対応可能!
各種クレジットカード決済やコンビニ後払いにも対応!
水道局指定業者だから安心!

などなど、水回りトラブルにお困りの方をサポートする体制が十分に整っています。

修理後・工事後にもお客様に安心してお使いいただけるように、1~3年間の無料保証&点検を備えております。
修理後の万が一のトラブルでも早急に対応いたしますので、ご安心ください。

水道修理ルートの料金をチェック!