普段からきちんと掃除しているのに、「なぜかトイレが臭う」とお困りではありませんか?きちんと掃除しているように思えても、意外と見落としているケースが多いです。

「トイレから下水の臭いがする」「毎日掃除しているのにアンモニア臭がする」

と悩んでいる方に向けて、「トイレが臭くなる悪臭の原因」と「自力でできる臭いの解消方法」についてご紹介しています。

悪臭の原因を突き止めて、トイレをスッキリさせて気分良く使えるようにしましょう。

トイレの臭いの発生場所と原因

トイレの臭いは様々な原因によって発生します。便器の表面や排水口付近だけを掃除していても、臭いの原因は様々な箇所に隠れているため、なかなか臭いは取れません。

意外と忘れられがちな臭いの発生場所をご紹介します。

温水洗浄便座の裏

トイレ掃除で忘れられがちなのが温水洗浄便座の裏です。

便座の表面はきちんと掃除していても、温水便座の裏・便器との隙間・ウォシュレットノズルに尿石汚れが溜まっているケースが多いです。

【ウォシュレットに付着しやすい汚れ】

そのまま放置していると汚れがこびりついてしまったり、温水洗浄便座の故障にもつながります。定期的なトイレ掃除の際に、温水洗浄便座の裏などもセットで掃除することで、臭いの予防に繋がります。
※濡れた手で電源に触れてしまうと感電する恐れがあるので、掃除する際はからならず電源プラグを抜くようにしましょう。

便器のフチやフチ裏

便器内のフチやフチ裏も掃除で見落としがちな臭いの発生源で、掃除を怠っているとアンモニア臭やカビ臭の原因になります。

また、便器のフチは多くの場合内側に反り返っており、立ったまま便器を見ているだけでは汚れを確認できません。

便器フチの汚れを確認するには、便器の中に頭を入れて覗き込む必要があり、掃除するのも一苦労です。

しかし、掃除する際は手を便器の奥に手を入れる必要がないため、トイレの中では比較的簡単に掃除がしやすい箇所です。

【便器のフチに付着しやすい汚れ】

カビが奥深くまで根付いてしまったり、尿石が固まったしまった場合は、ブラシで擦るだけでは汚れを落とすのが難しくなっています。汚れに気がついたらこまめに拭き取るようにしましょう。

便器と床の隙間

便器と床の隙間は汚れに気がついていても、狭い隙間に汚れが溜まっているため、キレイに掃除するのはなかなか簡単ではありません。これは便器のフチにかかった尿が下まで垂れてしまったり、床に跳ねた尿が入り込んでしまうことが原因です。

また、ユニットバスのお風呂横に設置されているトイレでは、シャワーやお風呂による湿気がカビの原因になることもあります。その場合は、個室のトイレよりも積極的に換気するようにしましょう。

【便器と床の隙間に付着しやすい汚れ】

床に飛び散った尿が、床の色や模様で汚れが見えづらい場合があります。一見汚れていないように見えても、掃除を怠らないようにしましょう。

壁や床材

明らかにトイレの隅々まで掃除をしたにも関わらず臭いが取れない場合は、アンモニア臭が壁やフローリング・クッションフロアなどに染み付いている可能性が高いです。

アンモニアは空気より比重が軽いため、臭いがどんどん上に登っていきます。そのため床に尿が飛び散ってしまっているだけであっても、人の鼻の高さの位置まで臭いが上がってきてしまうというわけです。

また、男性が立って用を足すときに跳ね返った尿が直接壁に付着してしまうことも原因の一つとして考えられます。

トイレタンク手洗いがついている場合は、手を洗う際に壁に飛び跳ねた水が黒カビとなり、臭いが発生してしまう原因にもなります。

トイレ用具

トイレを掃除するブラシや、スッポンの洗浄が不十分だと臭いの原因になります。トイレの臭いを消そうと掃除したあとで、トイレ用具の洗浄を怠ると、排泄物の汚れがこびりついてしまい、結局は新しい臭いの原因を作り出してしまいます。

また、使用後にしっかりと水を切らずに収納する場合もカビが繁殖してしまい、臭いの原因となるため、トイレ用具の清潔に保つようにしましょう。

【トイレ用具に付着しやすい汚れ】

夏など気温が高くなる時期では特にカビが繁殖しやすいため、トイレの湿気対策も忘れずに行いましょう。

タンク内のカビや汚れ

トイレの臭いの原因となるのは、尿が飛び跳ねる場所だけではありません。トイレタンクのふたを開けて、タンクの中を普段から掃除する方は少ないのではないでしょうか。

タンク内では常に水が張ってあるため、水垢や黒ずみが発生しやすい場所のひとつで、放置しているとドブ臭に近い悪臭を放ちます。

【タンク内に付着しやすい汚れ】

また、タンク内でカビが繁殖したまま放置していると、トイレで水を流すたびにカビを含んだ水で便器を汚していることになります。タンク内の黒ずみは放置するほど頑固な汚れへと進化するため、早めの対処を取りましょう。

トイレの封水切れ

下水管に溜まった悪臭が、トイレの排水管から上がってくるのを防止する役割である封水が切れてしまうと、下水のような臭いがトイレ中に立ち込めます。トイレから下水の臭いがする場合は、封水切れを疑ってみましょう。

【封水が切れてしまう原因】

聞き馴染みのない自己サイホン作用とは、トイレの水が一気に排水されると、排水管内の気圧に急激な変化が生じ、本来トイレ内に溜まるはずの封水が溜まらずに流れて行ってしまう作用です。

この自己サイホン効果は多くの場合、トイレの設計ミスや排水管の劣化で発生するため、自力での解決ができないトラブルになります。

封水が切れると悪臭の発生だけではなく、コバエやゴキブリなどの害虫が排水管から上がってくる恐れもあります。

また、ユニットバスをご利用のご家庭の場合に起きるお風呂の封水が切れて排水口からの臭いが逆流し異臭の原因になることもあります。詰まりや配管内のトラブルによる封水切れが続く場合は、水道修理業者に相談しましょう。

ウォシュレットの水垢やカビ

ご自宅のトイレにウォシュレットが設置されている方は、どれくらいの頻度で掃除していますか?

もしあまり掃除をしていないと、トイレのイヤな臭いの原因になってしまいます。ウォシュレットの掃除は大変だし面倒だと思いますが以下の記事にて面倒くさがりの片向けの「かんたん版」と、しっかり綺麗にしたい方向けの「しっかり版」の2つをご紹介しておりますのでぜひ参考に掃除してみてください!

参考記事:【保存版】ウォシュレットの掃除方法は?汚れやすいノズルまで綺麗にしよう!

トイレのしつこい臭いの解消方法

トイレの臭いの発生原因を特定していざ掃除に取り掛かっても、想像よりしつこくなかなか汚れが落ちないとお困りではありませんか?

尿などのトイレの汚れは、長期間放置することでこびりついてしまい、ブラシだけでは簡単に落とすことができません。

ここからは、臭いの原因別に効果的な掃除方法や掃除のポイントをご紹介します。

尿石汚れには酸性が効果的

尿石は一度固まってしまうと非常に落ちづらい汚れです。そんな便器フチにこびりついた尿石や床などに飛び散った尿はアルカリ性の汚れのため、酸性の洗剤が効果的です。

尿石汚れは、トイレクリーナーを汚れに付けてブラシで擦る方法でも十分汚れが落ちますが、洗剤を染み込ませたキッチンペーパーを貼ると、より効果的で手間もかからずに汚れを落とせます。使用する洗剤は市販のトイレクリーナーなどでも問題ありません。

軽いものであれば30分程度でも十分ですが、しつこい汚れは数時間や夜寝る前に付け置きしておくと、スッキリ汚れを取り除くことができます。

温水洗浄便座や便器と床との隙間の汚れは、使わなくなった歯ブラシに洗剤を付け、細かいところまでうまく汚れを落としましょう。掃除の際は手が荒れないようゴム手袋の使用をおすすめします。

便器フチの黒ずみは塩素系漂白剤で撃退

頑固な黒ずみ汚れには、強力な塩素系漂白剤が効果的です。トイレの黒ずみの正体である「雑菌」や「カビ」には、塩素系漂白剤で撃退できる上に、黒ずんだ汚れもキレイに落としてくれます。

塩素系漂白剤をかけて30分程待つだけでも汚れは落ちますが、こちらもキッチンペーパーなどでつけ置きするとより効果的です。

ただし、塩素系の洗剤は配管やゴムパッキンを傷つけてしまうため、タンク内には塩素系漂白剤を使ってはいけません。タンク内の黒ずみ汚れを落とす際は、刺激の少ない中性洗剤を使うことをおすすめします。

塩素系漂白剤で汚れが落ちない場合は、尿石汚れの可能性が高いので、酸性の洗剤を使用しましょう。

【注意】

「塩素系(漂白剤)」と「酸性洗剤」を混ぜ合わせると、危険な「塩素ガス」が発生してしまいますので注意しましょう。

壁の臭いには除菌と消臭

トイレの壁に染み付いた臭いには、除菌・消臭効果のあるトイレ用洗剤を使いましょう。トイレ用洗剤を臭いの気になる箇所や、壁全体に吹きかけて、キレイな雑巾やタオルで拭き取りましょう。

市販の洗剤でも問題ありませんが、重曹とお湯を混ぜ合わせスプレーとして吹きかける方法も効果的です。
重曹スプレーの分量は、お湯200mlに対して15mlの重曹を使うようにしましょう。

また、重曹のかわりにクエン酸も使うことでも、黄ばみや臭いに有効です。この場合のクエン酸分量は、同じくお湯200mlに対してクエン酸5mlです。

封水切れによる臭いの場合

下水の臭いが配管から上がってくる臭いの場合は、自力での解決が難しい場合が多いです。

自力で対処可能な封水切れは、長期間の旅行で家を開けている際に自然蒸発しまったケースくらいのもので、多くの場合は配管にトラブルがあります。

一時的な蒸発による風水切れは、水を足すだけで下水の臭いが消え通常通り使用できます。

などの場合は、自力での修理が困難なため水道修理業者などの専門業者に依頼する必要があります。
業者が到着するまでの応急処置として、バケツで便器内に水を入れておくと、しばらくの間は下水臭を防げます。

トイレの悪臭を防ぐ予防方法

トイレの悪臭のほとんどは、習慣的に掃除を行うだけでも十分防げます。習慣的に掃除を行っていれば、尿石がブラシで取れないほど固まることもありません。

他にもトイレの臭いを防ぐには、次のような習慣をつけることで、毎日の掃除も汚れが少なく楽になります。

さすがに毎日掃除するのは大変なので、1週間に1回や月に2回ほど掃除できれば、トイレの臭いが発生する可能性はガクンと下がります。
臭いの根本的な解決にはなりませんが、トイレの消臭剤を置くことでも、さらなる消臭効果が期待できます。

掃除は入念に行っているにもかかわらず異臭が収まらない場合は、トイレと床の間に隙間がある可能性が高いです。
この隙間は異臭の発生源になり得ますので、コーキング剤などを使い隙間を塞ぐ必要があります。

コーキングの方法につきましては以下の記事にて解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてください!

参考記事:トイレコーキングで消臭対策!自分でおこなう手順と業者の依頼方法

それでもトイレの臭いが取れない場合は水道修理にお任せください

一通りトイレを掃除してもまったく臭いが取れない、配管に問題があるかもしれない場合は、「水道修理ルート」にお任せください。

水道修理ルートでは、配管つまりのトラブルの他にも

など、1人では対処し切れない配管つまりなど、専門的な技術が必要になるトレイの臭いの根本的な原因を解決いたします。

また、掃除の際に自分の手を汚す必要がありませんので、トイレ掃除に抵抗があり、なかなか作業が進められない方にもおすすめです。

全国の幅広いエリアに対応しており、お電話いただいてからすぐにご自宅に伺います。
まずはトイレの臭いトラブルの相談からでも構いません。お気軽にお問い合わせください。