「洗濯機から嫌なにおいがする!」

それは、洗濯機の排水ホースが原因かもしれません。
洗濯機本体は頻繁に掃除していても、排水ホースまで掃除している方はまれなのではないでしょうか。

実は、排水ホースは汚れや雑菌がたまりやすく、非常に汚れやすい所です。
掃除をせずに放置すると、ヘドロがつまって洗濯機の故障を引き起こすかもしれません。

それを防ぐには、定期的な掃除が大変有効です。
ここでは、洗濯機の排水ホースを掃除する手順と注意点について説明します。

洗濯機の排水ホースを掃除する前に

スムーズに排水ホースの掃除を進めるためには、事前の段取りが大切です。

掃除に必要なものを準備する

まずは、掃除に必要なものを準備しておきましょう。

特に変わったものは必要ではなく、家庭にあるもので簡単に掃除できます。

洗濯機の電源は落としておく

排水ホースの掃除を始める前に、洗濯機のコンセントは抜いておきましょう。
抜かなくても掃除できますが、漏電や誤作動を起こすと非常に危ないです。
必ず電源は落として作業するようにしてください。

洗濯機の蛇口は閉めておく

洗濯機につながっている水道の蛇口も、作業前に閉めておきましょう。

何かのはずみで蛇口から水が出てしまうと、周りが水浸しになり大変です。
さらに、念のため給水ホースは蛇口から抜いておくと良いです。
あらかじめ保険をかけておくことで、安心して作業に集中できます。

排水ホースを掃除する手順

準備が整ったら、排水ホースの掃除に取り掛かっていきます。

洗剤液をあらかじめ作っておく

排水ホースの中を洗うための洗剤液を、あらかじめ作っておきます。

洗剤液の作り方は、水もしくはぬるま湯に洗濯用洗剤を溶かすだけです。
溶かす洗剤の量は、使う洗剤によって違うので一概には言えませんが、通常の洗濯時より少し濃いめくらいで良いかと思います。

また、水よりぬるま湯を使った方が、より汚れ落ちが良いです。

排水口からホースを外す

通常、排水ホースは排水口に突っ込んであると思いますので、それを抜きます。
排水口から抜く際に水が出てきますので、こぼれてもいいようにぞうきんなどを下に敷いておくと良いでしょう。

ホースに洗剤液を注ぎ入れる

排水口から外した排水ホースに、先ほど作った洗剤液を流し入れます。

ホースの端は、洗濯機の排水ホースの接続口より上にしておかないと、洗剤液が流れ出してしまいますので注意が必要です。
洗剤液を流し入れるときは、下にぞうきんなどを準備しておくとこぼれた際にすぐに掃除できます。

洗剤液を入れるときに注ぎ口のついた容器(計量カップやヤカンなど)があれば、周りにこぼさずに流し入れられるので、できればあった方が作業しやすいです。

ホースの口を閉じる

ホースの口部分まで洗剤液が入ったら、ラップと輪ゴムで排水ホースの口部分にふたをします。
洗剤液が流れ出さないように、輪ゴムでしっかりと閉じるのがコツです。

振り洗いする

洗剤液の入った排水ホースを何度か振り、中を洗います。
あまり強く振りすぎると、洗濯機から排水ホースが抜けたり、配水ホースが破損したりしますので、力加減には注意しましょう。

洗剤液を捨て排水口にセットする

排水パイプ内の洗剤液をバケツに捨て、排水口に差し戻します。
排水口に戻す前に、ホース先端や差込口が汚れていたらブラシなどで掃除してから戻す方が好ましいです。

また、配水ホースの外側もぞうきんで拭くなど、あわせて掃除しておくことをお勧めします。
配水ホースから出た廃液には、ホース内部の汚れが一緒に流れ出ており、洗濯機の排水口からそのまま流すとつまりの原因になります。

必ずバケツなどに流し入れて、大きなごみを取り除いてから大量の水と一緒に流しましょう。

汚れがひどい場合

排水パイプの中は、上記の掃除方法できれいになります。
しかし、長年掃除しておらず汚れがこびりついてしまっている場合は、さらに強力に汚れを取る方法を試してみましょう。

漂白剤につけ置きして放置する

洗剤だけでは取り切れないほど排水パイプの中が汚れている場合は、洗剤の代わりに漂白剤を使いましょう。
漂白剤には、酸素系と塩素系の2種類あります。

どちらの漂白剤を使っても良いですが、より強力なのは塩素系の漂白剤です。
汚れの度合いなどを考慮して、どちらを使用するか考えましょう。

手順としては次の通りです。

(1) あらかじめ洗浄液を作っておく。40℃程度のお湯で10~30倍に漂白剤を薄めておく

(2) 排水口から排水パイプを抜き、洗剤液を流し入れる

(3) ラップと輪ゴムでふたをし、30~1時間程度つけ置きしておく

(4) 振り洗いを数回した後、配水ホースから廃液をバケツに流し、排水口に戻す

手順としては、洗剤を使うときとほとんど変わりません。
漂白剤を使ってつけ置き洗いをすることで、洗剤だけで洗うよりさらにきれいになります。
ただし、漂白剤を使うにあたって、注意点がいくつかあります。

一番重要なのは、塩素系と酸素系は絶対に混ぜてはいけないということです。

塩素系漂白剤と、酸性のもの(クエン酸やお酢なども含む)を混ぜると、毒ガスの塩素ガスが発生し、最悪の場合は命にかかわる事故になります。

漂白剤は、必ず単独で使用するようにしてください。
また、単独で使用する際でも十分な換気をおこなうようにしましょう。

ワイヤーブラシでこする

配水ホースの内部をワイヤーブラシでこすり洗いするのも、ひどい汚れには大変有効です。
ワイヤーブラシを排水ホースに入れて、ごみをかき出すようにして掃除します。

固形化している糸くずやヘドロを取りのぞくには、かなり効果的です。
ワイヤーブラシは、安いものならホームセンターなどでは1,000円程度で販売されています。
一度試してみてはいかがでしょうか。

ワイヤーブラシを使う際には、排水ホースに穴が開いてしまうほど強くこすらないように注意してください。

洗濯機の排水ホースを掃除するときに注意すること

排水ホースを掃除する際に、いくつか注意点があります。

水や洗剤をこぼさない

排水ホースに流し入れる洗剤液を、床などにこぼさないように注意してください。

特に、漂白剤を使用した場合はこぼれた液体に肌が触れると、肌荒れや炎症を引き起こします。
また、排水ホースを洗い終わった廃液が床にこぼれると、床が汚れてしまい掃除が大変です。

洗剤液を流し入れるときや排水するときは、注意して作業しましょう。

ゴム手袋をした方が良い

洗剤や漂白剤が皮膚につくと、肌の弱い方は炎症をおこします。
排水ホースを洗い終わった廃液も、汚れといっしょに雑菌も流れ出てきています。
掃除の際は、できればゴム手袋を着用しておいた方が安全です。

まとめ

洗濯機の排水ホースの掃除方法と、注意点について解説しました。
排水ホースの汚れを防ぐには、糸くずやごみをできるだけ流さないことが大切です。
糸くずネットにたまっているごみはためないように、頻繁に捨てるよう心がけましょう。

また、排水ホースは、半年に一度くらいの頻度で掃除をしておけば、汚れもにおいも抑えられます。
あまり目につかない所ですが、年に2回の掃除をわすれないようにするのが重要なポイントです。

排水ホースを外したついでに、排水口の掃除も合わせてしておくのがおすすめです。
排水口や配管のつまりを防ぐためにも、ぜひ実行してみてください。