給湯器の故障・不具合においてよく見られる症状の一つが、リモコンの電源が入らないという事態です。

このとき、考えられる根本の原因は複数あります。
原因を把握した上で、適切な対応を取ることが迅速かつ適切な対応につながります。

この記事では、給湯器リモコンの電源が入らないときの対策について分かりやすく解説しているので、トラブルに直面して困っている方はぜひ参考にしてください。

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

※水道事務局(クリーンライフ)に繋がります

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!
【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する

※水道事務局(クリーンライフ)に繋がります

給湯器のリモコン・液晶パネルの電源が入らないときのチェックポイントと対処法

給湯器のリモコンや液晶パネルの電源が入らないときには、ポイントをチェックしておくと根本の原因の切り分けをすることができます。

エコキュートには、ノーリツ・リンナイ・パロマなどのさまざまなメーカーがありますが、基本的な確認のポイントはどのメーカーでも同じです。

チェックポイント別にそれぞれ確認していきましょう。

また、それぞれのポイントごとに対処法についても解説します。基本的に給湯器やエコキュートの故障はご自身で対応できることが少ないため修理業者への依頼が必要ですが、なかには故障ではないご自身で対応可能な状況もあります。

電気関係のポイント

給湯器・エコキュートの電源が入らない理由の一つとして考えられるのが、電源の供給が滞っているケースです。

電気の供給がストップする理由として、以下の点をチェックしましょう。

対処法

これらが原因でリモコンの電源が落ちている場合は、電気の供給さえ回復すればすぐに給湯器も普及します。

天候関係のポイント

天候などの不良が原因でエコキュートの起動に支障をきたす場合があります。

エコキュートの場合は、電気部品を多数使用しているため、落雷があると機能をはたさなくなることもあります。

対処法

一時的な停電や水の供給停止であれば、時間が経過して供給が再開されれば自然と状況は復旧します。
落雷の影響によって電源が入らないときには、専門業者への修理依頼が必要です。

給湯器やエコキュートの配管が凍結している際には、電源が入らなくなることに加えてお湯も使用できなくなります

対処法

温度が上がり自然に解凍するのを待つと良いでしょう。
ただし、凍結の影響により配管や部品に破損や劣化が生じることもあります。
その際には、専門業者への修理依頼が必要です。

機械・設備関連のポイント

給湯器・エコキュートの本体などの問題で電源が入らなくなることもあります。
故障が生じる箇所としては、以下のケースがあります。

対処法

これらのケースでは、ご自身での対応は基本的に不可能です。
また、リモコンパネルの故障を除いて、お湯の使用もできなくなります。
早急に修理業者に依頼をしましょう。

【注意】給湯器のリモコン電源が入らないのは故障の前兆の可能性も!

給湯器・エコキュートの電源がついたりつかなかったり…といった症状を繰り返している際は、故障の前兆かも知れません。

お湯が問題なく使用できているケースであっても、故障の前兆が見え始めているときには、症状が悪化してお湯が使用できなくなる場合があります。
こうした不具合が生じている場合には、必ず水道修理業者に修理・点検の依頼をしましょう。

特に、給湯器を長年使用している方は要注意です。

一般的に給湯器本体の寿命は10年前後です。

部品によっては、数年程度で交換が必要になるものもあります。

劣化した部品を使用し続けていると、火傷・漏水・事故などのトラブルにつながることもあるため、電源が入らないという現象を一つのサインとして判断すると良いでしょう。

給湯器のリモコン・液晶パネルの電源が入らないときの修理費用相場

給湯器のリモコン・液晶パネルの電源が入らないときに、修理費用の相場を理解できていると安心材料になるという方も多いかと思います。

具体的な修理費用は、不具合の状況や修理業者の価格体系などによりケースバイケースです。
一般的にその内訳は、作業費+出張費+部品代金です。

この章では、給湯器のリモコン・液晶パネルの電源が入らないときの修理費用相場を解説します。

リモコン故障が原因の場合

リモコン・液晶パネル単体の故障場合は16,000円~38,000円程度です。

液晶パネルのみの交換で済む場合、費用はそれほど高額にはなりませんが、通信系統などにも不具合が発生している場合には費用が高額になることがあります。

また、リモコン本体が高機能な場合や、リモコンの交換にともなって本体側の基盤変更が必要となるケースなどでは料金が高額になる傾向があります。

費用と併せて確認をしておきたいのが、メーカーや販売店の保証・火災保険です。
購入からの期間や不具合の状況など条件を満たしていれば、自己負担なしで修理を依頼できることもあるため、確認しておきましょう。

給湯器本体の故障の場合

給湯器本体の故障の場合には、故障箇所によって費用が大きく変動します。

部品交換のみで済む場合には16,000円程度で治まるケースもありますが、基盤の交換が必要なケースでは10万円を超える修理費用がかかることもあります。

正確な費用を確認するためには、修理業者による現地見積もりが必要です。
このとき、修理費用や修理金額によっては買い換えた方が結果的に費用を安く抑えられることもあります。

給湯器本体の故障が疑われるケースについても、保証・保険が適用になる場合があるため、条件や状況を確認しましょう。

出張費のみで対応してもらえる場合

簡単な設定変更などで対処が可能なケースでは、出張費のみで対応を依頼できることもあります。
この場合、費用は5,000円前後です。

ただし、専門業者にとっては簡単な作業であっても、適切な対応を取れない場合、故障・不具合は簡単に改善しません。

対応方法がわからないときや判断に迷うときには、無理をせずに修理業者に依頼をしましょう。

まとめ

リモコンの液晶パネルが表示されないという症状は、リモコンエコキュートによく見られる症状です。

考えられる根本的な原因は、電力の供給がされていない・天候不良などの影響・リモコンや本体の故障などが考えられます。
それぞれの症状ごとに適切な対処法が異なるため、本記事を参考にしながら対応方法を検討してください。

対策がわからないときには、無理をせずに修理業者に相談することも重要です。

給湯器・エコキュートの故障・不具合の発生時に被害を最小限に押さえるには適切な対応を取ることが重要になるため、本記事を参考にしていただけたら幸いです。