マンションなどの賃貸物件で、比較的多く寄せられる相談の一つが、蛇口からの水漏れです。

蛇口から水漏れが生じてしまうと、床が水浸しになってしまったり、家財や住居を濡らしてしまったりするなどの被害につながります。さらに、マンションの場合は、ご自身が被害者になるだけでなく、階下の住民への加害者になってしまうリスクもあります。

賃貸物件の蛇口で水漏れが生じた際の対処法として、この記事を参考にしていただけたら幸いです。

蛇口の水漏れを見つけたらすぐに賃貸管理会社へ連絡を!

マンションなどの賃貸物件で水漏れが生じたら、早急に適切な対応を取らなくてはなりません。水漏れが生じている状況では焦ってしまうものですが、最初におこなわなくてはならないのは、管理会社への連絡です。

なぜ早急に管理会社に連絡をしなくてはならないのかという点から、解説します。

対応の遅れが被害を拡大させる

蛇口の水漏れの対応が遅れると、被害が拡大するリスクにつながります。考えられるリスクの拡大は以下のとおりです。

・床や家財への水害
・床や柱が浸水し、カビ繁殖の要因になる
・被害の拡大による、修理費用や損害額の拡大

一刻でも早く修理を依頼するために、「水道修理業者に直接連絡すればいい」、と考える方もいるかもしれません。被害を最小限に抑えるという観点では悪い選択ではありませんが、修理費用の負担責任に関する交渉が、やや複雑化するリスクがあります。水道修理業者を直接手配する場合であっても、先に管理会社に状況を報告したうえで、修理依頼をするべきです。

また、この際に応急処置として、水道の元栓を締めておきましょう。元栓を締めてしまうと、ご家庭の水道が一切使用できなくなるため不自由にはなりますが、被害を拡大させないための対処として必要です。

費用の負担は誰がもつ?

蛇口の水漏れ修理を業者に依頼した場合の修理費用は、状況や契約内容によって管理会社負担になるか入居者負担になるかが異なります。入居者自身の故意・過失が認められる場合には入居者負担、そうでない時には管理会社負担となるのが一般的です。

入居人の故意・過失とみなされるケースの具体例は、水道の蛇口を出しっぱなしにしてしまっていたり、ご自身が物を蛇口にぶつけて部品などを破損させてしまったケースです。

費用の負担については、個別の契約条件が優先されるため、賃貸契約の規約をチェックしてどのように取り決めされているかをチェックしてください。

また、管理会社への報告が遅れたことにより被害が拡大してしまった場合、入居者側の過失が問われることもあります。負担する必要のない費用を請求されないためにも、水漏れを発見した際にはいち早く管理会社に報告しなくてはなりません。

賃貸物件での蛇口水漏れ発生後の基本的な対応方法

蛇口から水漏れしていることがわかったら、どのように対応をすれば良いのでしょうか?最短で的確な対応ができるよう、4つのポイントを紹介します。

箇所の特定(洗濯機・お風呂・洗面所・配管など)

洗濯機やお風呂、洗面所など、マンション内には多数の蛇口があります。まずはどこから水漏れが生じているのかを特定します。

洗濯機やお風呂など蛇口であれば、直接目に見えるため箇所の特定は容易です。しかし、細かく見ていくと、蛇口のハンドル部分・吐水口・配管など複数の水漏れ箇所があります。水漏れの発生箇所や状態が分かれば、ご自身で対応可能なのか水道修理業者に依頼をすべきなのかの目途が付けられます。

また、管理会社に報告したり、水道修理業者に依頼をしたりする際にも状況を正確に伝えられるため、箇所の特定はとても重要です。

ご自身での処置(対応可能な範囲で)

蛇口の水漏れは、原因や状態によってはご自身で修理対応可能です。例えば、ネジのゆるみやパッキンの劣化などは、難易度が比較的低い作業です。

ご自身での修理対応方法については、【タイプ別】蛇口の水漏れ時に自分でできる対処方法を簡単解説!で詳しく解説しているので、気になる方はぜひチェックしてください。

ただし、以下の2点に注意が必要です。
・ご自身での作業にこだわって、時間がかかってしまい結局直せないときには、被害拡大につながる可能性がある
・誤った作業をすることで、部品や設備を破損させてしまい、入居者の過失ありとされてしまう(本来は管理会社の負担で修理依頼ができたはずなのに、自己負担になってしまう)

修理が難しそうだと感じられる際には、できるだけ無理をしないようにしましょう。

水道修理業者への相談

専門業者に修理依頼が必要な際には、管理会社と相談をしたうえで、水道修理業者に相談をしましょう。このときの最大のポイントは、スケジュール調整です。
修理業者が到着するまでに時間がかかってしまうと、水道が使用できず不自由してしまいますし、被害も拡大する可能性があります。すぐに駆けつけてくれる業者を手配するようにしましょう。

また、責任を明確にするためにも、水漏れの再発防止のためにも、状況確認がとても大切です。水道修理業者の作業が完了したら、水漏れの原因や現在の水道設備の状況についての報告書を受け取り、ご自身でも状況を把握してください。

電気工事業者へ連絡

配管の漏水の場合、水分が電気配線や絶縁体の内部に入り込んでしまう危険性があります。その場合、漏電につながるリスクがあり、大変危険です。漏電のリスクが懸念される際には、電気保安協会や電気工事業者に点検・修理の依頼をしましょう。

点検の必要性の有無については、水道修理業者に確認するとスムーズです。

また、電気工事を依頼する際にも費用負担の問題が生じます。あらかじめ管理会社に連絡をしてから手続きを進めましょう。

賃貸物件の蛇口水漏れでほかの物件に被害が及んだら・・・

マンションなどの賃貸物件での蛇口の水漏れは、床や壁の内部の浸水によって階下の住民に被害を与えるリスクがあります。また、配管の故障や破損などが原因の場合、ご自身が原因ではないとはいえ、複数の世帯に被害が生じることもあります。

このように、ご自身が加害者になってしまったときや加害者であると見られがちなときのことを、あらかじめ想定しておくことも大切です。

基本的に、これらのケースで重要なポイントとされるのは、故意・過失の有無です。故意・過失がなければ、責任を問われる可能性は低いですが、故意・過失がある場合には、損害賠償を請求される可能性が高いでしょう。

このとき、意識したいのは以下の3点です。

迅速な対応

被害を拡大させないためには迅速な対応が不可欠です。管理会社に確認・相談をしながら最短で対処できるように進めましょう。

誠意のある対応

階下の住民に対して、誠意のある対応を取ることが大切です。直接やり取りを進めようとするとトラブル発生のリスクにもつながるため、基本的には管理会社を通して対処するとよいでしょう。
ご自身の対応に誠意が感じられなければ、被害者側の賠償額の要求が高額になったり、トラブルが長期化することもあります。

管理組合の規約や保険の確認

マンションによっては、管理組合で個人賠償特約付きの保険に加入しているかもしれません。この場合、条件を満たせば修繕費用に対して保険が適用されます。また、もしご自身で加盟している火災保険があれば、念のため保険金が請求できないかチェックしてみると良いでしょう。

水漏れの被害を最小限に抑え、その後も気分よく生活を続けるためには、上記の内容まで対応すると安心です。

まとめ

マンションなどの賃貸物件で蛇口の水漏れが生じたときには、まず管理会社に状況の報告をしましょう。修繕費用やほかの住民の修繕費用負担は、ご自身の故意・過失の有無が大きなポイントになります。

また、症状や状況によっては、ご自身での処置が対応可能なケースもありますが、修繕の際には迅速な対応が欠かせません。ご自身の作業によって状況を悪化させてしまうケースもあります。

従って、無理をせずに水道修理業者に依頼されることをオススメします。水漏れを確認して、漏水個所をチェックしたら、速やかに管理会社に相談をして、手続きを進めましょう。

こんな時は『水道修理ルート』にお任せください

水回りトラブルの中には専門知識を持っている方にしか分からないような難しい事象もあります。
トラブルの根本的な原因を発見する段階でも、やはり専門知識が無いと発見出来ないこともあると思います。

お客様の中には以下のように感じる方も多いかもしれません。

「どこの水道業者に依頼したらいいのかわからない。」
「今すぐ水漏れの修理に来て欲しい。」
「水漏れが起きているかどうか調査してほしい」

そんな時は、「水道修理ルート」にお任せください!
水道修理ルートなら、水道設備や水回りトラブルのの対処に経験豊富なプロのスタッフが解決することが出来ます。

しかも、

出張費用が無料で、料金に納得できなくてキャンセルしてもキャンセル料なし!
エリアNo.1の低料金!
最短で15分後に到着!さらに24時間依頼ができるから深夜・早朝の対応可能!
各種クレジットカード決済やコンビニ後払いにも対応!
水道局指定業者だから安心!

などなど、水回りトラブルにお困りの方をサポートする体制が十分に整っています。

修理後・工事後にもお客様に安心してお使いいただけるように、1~3年間の無料保証&点検を備えております。
修理後の万が一のトラブルでも早急に対応いたしますので、ご安心ください。

水道修理ルートの料金をチェック!