排水口・排水管のトラブル

排水口

キッチンや洗面所、お風呂、トイレ、洗濯機など生活で使われた水は排水口から排水され排水管に流れていきます。そんな排水口や排水管でおきるトラブルは生活に支障をきたす可能性があるので決して軽視できません。

また、排水管の中は目視ができないため、トラブルが発生してもどこで何が起こっているのかすぐに確認することはできないのが厄介。ここでは排水口や排水管でおこるトラブルを症状別に原因や対処法と一緒にご紹介していきます。

排水口・排水管のつまり

排水口や排水管は毎日使用されるためすごく汚れが溜まりやすい箇所です。キッチンや洗面台、お風呂いずれの排水も使用後の汚れた水を流しています。そのため日頃から掃除をしていたとしても、長年蓄積した汚れや異物が原因となり水が流れなくなってしまうこともあります。

まずはそれぞれの場所でおきる排水口・排水管詰まりの原因となるものを挙げていきます。

キッチン・台所

・食材カス
・植物油脂や動物油脂
・洗剤や石鹸カス

洗面台

・髪の毛
・石鹸カス
・クレンジングオイルやワックスなどの油分

お風呂

・髪の毛などの体毛
・シャンプーや石鹸カス
・固形物

詰まりの箇所や原因を特定したりするのは簡単ではありません。また詰まりが排水管の奥で発生していると自分で詰まりを解決することが難しくなります。そんな詰まりが深刻な状態になる前に、詰まりかけや初期症状のサインを見逃さないようにしましょう。

注目すべきは排水口に水を流した後で、「ポコポコ」などと音がしている場合、排水管が詰まりかけている、もしくは詰まっているというサインです。もしこのような症状があったり、すでに水の流れや水捌けが悪いという場合、自分でできる解消法は以下の方法が挙げられます。

症状によって解消法は様々です。自分で解消するのが難しいと感じた場合は、症状が悪化する前に業者に問い合わせをしましょう。

ここで今日から始められる簡単な詰まりの予防法をご紹介します。水を使い終わった後すぐに水を止めずに、しばらく余分に水を流すようにしましょう。そうすることで髪の毛や油脂、石鹸カスなど詰まりの原因となるものが引っかかることを防ぎ、詰まりを抑制する効果があります。

排水口、排水管の詰まりに関する原因や解消法などについては、こちらの記事「下水が詰まる原因は?詰まりが発生した場合の3つの対処法」で詳しくご紹介しています!

水が逆流する

排水管の詰まりがひどくなると排水口から水が逆流する可能性があります。さらに逆流してくるのは汚水のため見た目も臭いもひどく、衛生的にも良くないので逆流は避けたいものです。逆流を引き起こす原因は主に4つ考えられます。

逆流で最も多い理由は排水管の詰まりです。ただ、排水管の詰まりが原因で逆流しているのであれば、詰まっているものを取り除くことで逆流を止められる可能性が高いです。

家庭内で逆流する可能性がある箇所は以下の5箇所です。

1.トイレ

→トイレットペーパーの使い過ぎにより便器内が詰まり逆流することがあります。

2.キッチン・台所

→油脂が固形化した汚れが原因になることが多いです。

3.お風呂

→髪の毛が洗剤や皮脂と絡み合って固まり、詰まりの原因となります。

4.洗面台

→パイプがS字曲がっているため汚れが溜まりやすく詰まりになります。

5.洗濯機

→繊維のホコリが原因になることが多いです。

詰まりが原因の逆流の対処法は詰まりと同じように、液体パイプクリーナーやラバーカップを利用して詰まりを解消させることです。ただ逆流が起きる場合、詰まりがひどくなっていることが多いので、真空式やワイヤー式のパイプクリーナーが必要になるかもしれません。

詰まりと同様に自分で解消することが難しいと感じた場合は、すぐに業者へ依頼をしましょう。

排水口の悪臭

排水口には、排水管に流れた水や排水管自体のにおいが排水口から漏れないようにフィルタリングする機能があります。そのため、本来であれば排水口から臭いにおいがすることはないのです。

しかし、何らかが原因となり排水口から悪臭を発生させることがあります。排水口のにおいが気になる場所は様々で、それぞれにおいの原因が異なりますので違いを把握しておきましょう。

重曹とクエン酸やパイプクリーナー、ブラシなどを使用して掃除をすることで排水口のにおいの原因をしっかり落として、悪臭問題を解決しましょう。

ただ、下水のにおいがする場合など排水口が原因ではないケースもあります。専用業者であれば高圧洗浄機を使用して排水管の奥まで掃除することもできますので、においが中々解消できない場合は業者に依頼することをおすすめします。

配管・排水桝の不具合

排水管のトラブルは家の中だけではありません。屋外の配管でも水漏れすることがあります。給水管(綺麗な水を運ぶ)と排水管(汚れた水を運ぶ)はどちらも敷地内の地面の下や壁の中、床下などにも配置されており、万が一水漏れをおこしていてもすぐに気が付かないのです。

まずは屋外で発生する水漏れの主な原因を挙げていきます。

屋外の配管が水漏れした場合、目視で確認できるものに関してはガムテープなどで補填をすることで一時的に水漏れを止めることができるでしょう。

しかし、あくまでも一時しのぎでしかありませんので、すぐに専門業者に相談することをお勧めします。

目視できる場所に設置されていないことが多く、なかなか気づきにくい屋外の配管トラブルですが、以下のようなことが当てはまると屋外配管が水漏れしているかもしれません。

屋外での漏水に気づいたら、すぐに専門業者に相談しましょう。放置してしまうと、床下ではシロアリやダニの発生、地面の場合は地盤が緩み大地震で家が傾く可能性など、大切な住まいにも様々な危険性がでてきてしまいます。

また水漏れが建物内であった場合も同様です。放置した結果、カビやダニの発生や水分が電気配線に達して漏電火災となる可能性があります。

配管の水漏れに関しては、こちらの記事「配管が水漏れしてるかも!原因を特定する方法と自分でできる応急処置で詳しくまとめていますのでぜひご覧ください。

修理業者に依頼したほうがいい事例

悪徳水道業者

排水口や排水管に異常があると生活に影響が出てしまう可能性が高いので、発覚したらすぐに解消したいものです。「自分ですぐにでもどうにかしたい!」「修理でかかる費用を節約したい!」などと考える方もいるかもしれません。

しかし、そのトラブルが排水管を含む配水管(給排水管)で発生しているのであれば、専門の業者に相談をして修理依頼することをおすすめします。配水管は専門知識がない状態で修理をすると二次的なトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。そのため症状を悪化させない、被害を広げないためにも業者にお任せするのが安心です。

排水口の掃除をする場合や排水口で詰まりがあった場合でも、目に見えない排水口の奥まで触ってしまうと誤って破損させてしまうかもしれません。自分で行う場合は十分に注意して行うようにしてください。

自分で作業をして一時的に問題が解消されても、根本的な原因が解消しきれておらず再発する可能性もあります。目視できない部分の詰まり箇所の特定や作業はプロの知識と経験が必要です。確実に問題を解消したい場合は、業者の専用器具で作業してもらうことをおすすめします。

水道修理ルートの症状別修理料金

料金 計算

それでは、実際に修理を依頼した場合に料金はいくらかかるのでしょうか。修理の作業内容とその料金目安をご紹介します。実際の作業内容や料金は原因や症状の程度によって様々です。詳細は水道修理ルートにお問い合わせください。

家庭内のどこの排水管の修理かによって料金が変動することがあります。以下は排水管のトラブルがおきやすい場所での排水管修理の料金目安です。

問題箇所 料金目安
台所の修理 ¥5,000〜¥40,000
トイレの修理 ¥8,000~¥30,000
お風呂の修理 ¥5,000~¥20,000
洗濯機の修理 ¥5,000~¥20,000

以下は排水管・排水口のトラブルにおける主な作業内容とその料金目安となります。※必要により部品代や廃材引き取り料などが別途かかることがあります。

 

作業内容 料金
排水管詰まり・異物除去作業 ¥8,800〜
排水管詰まり(トーラー使用) ¥11,000〜
排水管詰まり(高圧洗浄作業) ¥30,800〜
排水トラップ清掃作業(洗面・洗濯機) ¥8,800〜
上水道水漏れ(トイレ、キッチン、洗面) ¥11,000〜
排水漏れ ¥8,800〜

トラブル事情例

排水管詰まり(ローポンプ使用)異物除去作業(詰まり重度) ¥20,900(税込)オプション料金(必要な場合のみ)

※詰まり度合いは現場状況によって異なります。

排水管詰まり 別途1メートルあたり¥2,200(税込)

※5メートル以上の場合は高圧洗浄作業を推奨
※屋外の配水管・排水桝のトラブルにおける主な作業内容と料金目安になります。

 

作業内容 料金
つまり除去軽作業 ¥8,800〜
吸引ポンプ作業 ¥20,000〜
高圧洗浄機作業 ¥35,000〜
パイプ取替作業 ¥20,000~
排水桝清掃作業 ¥8,800〜
漏水特定 現地での見積り

詳しくは料金ページからご覧いただけます。

※料金ページに記載があるのは主なサービスの例です。実際の作業内容や料金は症状の程度により変動しますのでお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

排水口・排水管のお手入れ

排水口 掃除

排水口や排水管の主なトラブルは詰まりが原因です。排水口・排水管をできる限りこまめにお手入れすることで、排水管が詰まりにくくすることができます。

まずは普段から詰まりの原因となるものが排水管に流れ込まないよう工夫をしてみましょう。それだけでも詰まりの原因を抑えることができ、掃除が楽になりますので一石二鳥です。

排水口・排水管の掃除は主に以下の3つになります。

排水口・排水管の掃除はパイプクリーナーを使用するのが簡単な方法ですが、液体や錠剤、ジェルタイプなど種類も様々で、使用方法もそれぞれ異なりますので使用上の注意をしっかり読んでから使用するようにしましょう。

重曹を使用する場合は、排水口に重曹を先にかけてからクエン酸またはお酢の順番で振りかけてください。重曹とクエン酸が反応すると皮脂の酸性汚れと石鹸カスのアルカリ製汚れを分解します。

重曹とお酢の場合は油を中和して浮かせることができるのでキッチン・台所での洗浄に向いています。

まとめ

私たちは毎日水を使用します。同時に排水口や排水管は毎日私たちが使用して汚れた水が流れているのです。

排水口・排水管トラブルを避けるために私たちができることは、日頃から排水口や排水管にトラブルの原因となるものを流さないように工夫すること、そしてこまめに掃除をすることです。

ただ、いくら工夫や掃除をおこなっていても、これまで蓄積してきたものが原因となりトラブルが発生してしまうこともあります。また修理には専門知識や専用器具が必要になることが多いです。

気になる症状がある場合や排水口・排水管のトラブルでお困りでしたら水道修理ルートまでお気軽にご相談ください。