「配管から水漏れしているかも。」

水道料金が急に高くなったり、水溜りが床にあるのを目にしたりした時は配管の水漏れをまず疑います。もしかしたら、家の中の壁に水のシミができている場合やコンクリートにシミがあるという場合もあるかもしれません。

そうした緊急事態の場合、慌てずに水漏れの原因を調べることと、自分でできる応急処置を知っておけば安心です。

この記事では、配管から水漏れしている時の対処法、業者に依頼した場合の料金相場などをご紹介します。

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!
【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する

水漏れの原因を特定する方法

まずは、水漏れの原因が本当に配管なのかを調査しましょう。蛇口に問題があるのか、それとも配管から漏れているのかを確認することができます。以下に調査方法をご紹介しますが、こちらの記事に詳しく記載されていますので、合わせてご覧ください。

水漏れかも?水道料金が高くなった時に確認すべき場所と調査方法を解説

水道メーターを確認

Step 1. 家中の蛇口を締めて、メーターボックスを見つける

まずは、家中の蛇口を全部締めてください。キッチン・トイレ・お風呂・洗面所から水が流れていないことを確認します。

そうしたら、メーターボックスと呼ばれる青い箱を見つけましょう。「量水器」とフタに書かれていて、戸建ては敷地内にあります。アパートやマンションの場合は、玄関の横にあるパイプシャフト内、もしくは共用スペースか駐車場にメーターボックスが設置されています。

Step 2. パイロットの動きを確認

メーターボックスを見つけたら、フタを開けて中にある水道メーターを確認しましょう。配管から水漏れしていなければ、「パイロット」と呼ばれる銀色の丸い金属は止まっています。しかし、配管から水漏れしている場合は、パイロットがグルグル回っています。

このパイロットは早く回っていれば回っているほど、水の流れる量が多いことを示します。逆にちょろちょろとしか水が流れていない場合は、パイロットはゆっくり回転しています。このように、パイロットは水が流れる量によって、速さが変わります。

もし、パイロットがゆっくりとでもグルグル回転しているのであれば、配管から水漏れが発生しています!続く部分で、対処法をご紹介しますのでぜひご覧ください。

この記事も合わせて確認!
マンションの水漏れ対応 最小限の被害に抑えるための流れ

配管ってどっちの配管?給水管と排水管

配管からの水漏れを疑う場合、確認したいのが「配管の種類」です。

「え、配管って1つじゃないの?」ってお感じの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は2種類あります。

蛇口から水を流すための「給水管」

給水管とは、蛇口に接続されている配管のことです。勢いよく水を出すために、常に圧力がかかっているというのが特徴です。多くの家では、架橋ポリエチレン管と呼ばれているプラスチック製の給水管が使用されていますが、昔は鉄管や銅管が用いられていました。

キッチンやトイレの水を流す「排水管」

排水管とは、汚水が流れている配管のことです。キッチンやお風呂から流れた水は排水管を通って、道路の下に埋設されている下水道管へと流れていきます。配管に勾配をつけて重力で流す仕組みのため、異物や油をそのまま流してしまうと排水管が詰まる原因となることがあります。

給水管から水漏れしているケース

給水管から水漏れしている場合、上記のパイロットがグルグル回り続けます。

蛇口から水が出てくる仕組みを理解すると、給水管の水漏れを理解するのに役立つかもしれません。

まず道路から敷地内に給水管が引き込まれています。その後、地中や家の床下で給水管が分岐して、壁の中などを通りながらキッチンやお風呂へと設置されています。

つまり、給水管から水漏れが発生している場合、基本的には目で確認することは難しいでしょう。もし、家の駐車場のコンクリートや壁にシミができていたり、床下に水溜りができている場合は、給水管から水漏れが発生しているかもしれません。

ですが、給水管が床や壁から出てきた部分で水漏れをしている場合もあります。この場合、ポタポタと水が落ちているはずなのでわかりやすいですね。

排水管から水漏れしているケース

多くの場合、配管から水漏れしていると言うと給水管からの水漏れが一般的ですが、排水管から水漏れしている場合も稀にあります。

排水管は、給水管と同じく家の床下や地中に設置されているため、水漏れに気づくことは難しいでしょう。しかし、排水管の老朽化・地震による影響などにより排水管にヒビが入ると、水漏れを起こしてしまします。

排水管で水漏れが起きている場合、床下や地面が濡れていたり、臭いを感じるかもしれません。排水管の水漏れは自分で補修することはできないので、業者に依頼して修理してもらう必要があります。

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!
【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する

水漏れしている配管を見つけた!自分で補修できる?

では、配管から水漏れを発見した時、自分で補修することはできるのでしょうか?

基本的に自分で配管の補修をすることはできません。ですので、できるだけ早く業者に依頼して修理してもらうといいでしょう。以下に、自分で対処できる場合と業者に依頼した方がいい場合をご紹介しますので、こちらをご参考に判断してみてください。

業者に依頼した方がいい例

・配管に亀裂が入って、水漏れが発生している。
・床や壁に水漏れのシミがある。
・敷地内に水が漏れている形跡がある。

自分で対応できる例

・水漏れが給水管の接続部分(ナット)から発生している。
・補修テープでの一時的な補修。

水漏れが給水管のナットから発生している場合

もし給水管のナットから水がポタポタと落ちている場合、ナットを締め直すかパッキンを交換することで水漏れを直すことができます。

【パッキンの交換方法】
1.まず、止水栓を止めます。
2.ナットを緩めて、パッキンを取り外します。
3.ホームセンターやネット通販で、同じ大きさ・種類のパッキンを購入します。
4.ナットにパッキンを入れて、締めます。

パッキンのサイズは、大抵13mmです。種類は平パッキンというものが一般的です。もしわからない場合は、ホームセンターに外したパッキンを持っていってスタッフさんに確認してみてください。

補修テープで水漏れを止める場合

配管に亀裂が入っていてそこから水漏れが発生している場合、補修テープで応急的に補修することができます。補修テープはホームセンターなどで500円〜3,000円ほどで購入することができます。

しかし、給水管には常に圧力がかかっているため、補修テープをしたとしても少しずつ水が漏れてくる場合もあります。あくまで業者に直してもらうまでの応急処置として、補修テープで補修してみてください。

業者に依頼した場合の補修費用と所要時間

きっと水道屋さんに修理を依頼した時の費用や時間を気にしている方は多いかもしれません。では、水道屋さんに配管の水漏れ修理をお願いした場合、費用はいくらかかるのでしょうか。

平均相場は約5,000〜10,000円です。

ですが、壁や床下で発生している水漏れ修理の場合は、状況によっては大掛かりの工事となってしまうケースがあるので、さらに費用がかかるかもしれません。

水漏れを発見した時は、焦ってしまいますが、どのくらい費用がかかるのかを業者に聞くことをおすすめします。

また、修理にかかる時間ですが、簡単な水漏れの場合は30分から1時間程度で工事完了となります。床下を調査したり、地面を掘って水漏れ修理を行う場合は半日みておくといいかもしれません。

補修費用や修理にかかる時間は業者に聞けば教えてくれますので、安心のためにもまずは聞いてみるといいでしょう。

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!
【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する

まとめ

今回ご紹介した「配管が水漏れしてるかも!原因を特定する方法と自分でできる応急処置」はいかがだったでしょうか?

配管で水漏れが起きているかもしれないと感じた時は、誰もが焦りますよね。自分でできる対処法もありましたが、多くの場合は業者に依頼しないと水漏れは直りません。ですので、水漏れを発見した場合や配管の水漏れを疑っている場合は、すぐにお近くの水道業者に依頼することをおすすめします。

ですが、

「どこの水道業者に依頼したらいいのかわからない。」
「今すぐ水漏れの修理に来て欲しい。」
「水漏れが起きているかどうか調査してほしい」

と感じておられる方も多いかもしれません。

そんな時は、「水道修理ルート」にお任せください!水道修理ルートなら、経験豊富な水道設備のプロがトイレの水トラブルを解決することができます。

しかも、

出張費用が無料で、料金に納得できなくてキャンセルしてもキャンセル料なし!
エリアNo.1の低料金!
最短で15分後に到着!さらに24時間依頼ができるから深夜・早朝の対応可能!
各種クレジットカード決済やコンビニ後払いにも対応!

などなど、水回りトラブルにお困りの方をサポートする体制が十分に整っています。

また、修理後・工事後にもお客様に安心してお使いいただけるように、1~3年間の無料保証&点検を備えております。修理後の万が一のトラブルでも早急に対応いたしますので、ご安心ください。

水道修理ルートの料金をチェック!

以上、「配管が水漏れしてるかも!原因を特定する方法と自分でできる応急処置」でした。