「トイレ掃除ってめんどくさ!」
「最低どのくらいの頻度で掃除したらいいの?」
「もっと楽に掃除する方法ないのかな」

と感じておられる方、いらっしゃいますよね。絶対にやらなくてはいけないことはわかっているけれど、ついついサボってしまうトイレ掃除。

この記事では、そんな方のためにトイレ掃除はどのくらいの頻度ですればいいのか、また楽なトイレ掃除方法をご紹介します。

トイレ掃除の頻度は毎日?週1回?

できるだけトイレの掃除をやりたい方にとっては、「トイレ掃除の頻度」が一番気になるのではないでしょうか?

”理想”は毎日ちょっとずつ

残念ながらトイレのお掃除の“理想”は「毎日」することです。気づかないうちに汚れはたまっていくもので、特に便器はトイレの中で一番掃除しなくてはいけない場所と言えるでしょう。

加えて、家族みんなが使う便座も汚れがつきやすい場所なので、こまめに掃除しておきたいです。ですので、トイレを使った後にお掃除シートを使って、ちょこっと便座を拭いたり、便器のふちの汚れを拭き取るようにするといいでしょう。詳しくは、次の見出しでご紹介します。

毎日少しやるだけで、後から徹底的に掃除する手間が省けますし、気持ちよくトイレを使うことができますね。ぜひ習慣となるようチャレンジしてみてください。

週1回を目標に

しかし、「毎日トイレ掃除なんて無理」と感じておられる方も多いでしょう。基本的には1週間に1回、しっかりと掃除をすればトイレを清潔な状態に保っておくことができます。

もちろん、一人暮らしの方も、週に1回トイレ掃除をすることをおすすめします。一人暮らしの場合、トイレの使用回数が少なめなのでトイレ掃除の頻度も少なくなりがちです。

そのため、トイレ掃除を忘れてしまうこともあるあるですよね。「この前いつトイレ掃除をやったのか覚えていない」となってしまうと、トイレに尿石などの汚れがたまっていき、落ちにくくなってしまいます。

ですので、週に1回を目標にトイレ掃除をすることをおすすめします。

・トイレ掃除の曜日を決めて、リマインダーをかける
・お気に入りのお掃除グッズを見つける

などの方法で、トイレ掃除を習慣づけてみてください。

最低1ヶ月に1回。だけど、大きなデメリットが、、

トイレ掃除の”理想”は「毎日」、習慣は「週に一度」。できるだけトイレ掃除をサボりたいという方は、最低1ヶ月に1回は必ず掃除するようにしましょう。ですが、これはあくまで最低ラインです。

というのは、1ヶ月も放っておくと、トイレの汚れが落ちにくくなってしまうからです。パッと見では、床も壁もトイレも綺麗のように見えるかもしれません。ですが、私たちが想像しているよりも、トイレは汚れています。

トイレの汚れの正体は、主に便や尿。それがこびりついて尿石化したものや、水垢やカビがあります。考えたくはありませんが、1ヶ月もそのような汚れを放っておくと、ひどいことになってしまいますよね。また、トイレのニオイの原因ともなります。

結論

最低1ヶ月に1回ですが、トイレを清潔に保つためには週に1回、理想は毎日こまめにトイレ掃除をするようにしましょう。

おすすめのトイレ用洗剤や掃除グッズは?

憂鬱なトイレ掃除かもしれませんが、少しでも快適にするのがトイレ用洗剤です。トイレ掃除には、トイレ本体の材質によって使っていい洗剤と、そうでない洗剤があるので注意してください。

トイレ用洗剤の選び方

トイレ用洗剤は3種類に分けることができます。中性洗剤・酸性洗剤・塩素系洗剤。この中でプラスチック製のトイレに使用することができる洗剤は中性洗剤のみですので注意してください。陶器製のトイレは、全ての洗剤を使用することができます。

中性洗剤

日常のトイレ掃除で使える洗剤です。「トイレマジックリン」が有名ですが、ありとあらゆる場所で使用することができます。最近のトイレはプラスチック製が主流ですが、中性洗剤だけはプラスチック製のトイレでも使用することができます。

色々な場所で使用することができるので、トイレ本体のみならず、床や壁もこれひとつで掃除することができます。

酸性洗剤

頑固な「尿石」や「黄ばみ」を落としたいときに最適です。酸性はアルカリ性の尿石や黄ばみをやわらかくする効果があり、こびりついた汚れをしっかり落とすことができます。酸性洗剤にはジェルタイプと液体タイプがあります。ジェルタイプは、長時間放置する必要がありますがブラシがいりません。液体タイプは、ブラシが必要となる場合がありますが、即効性に優れています。

塩素系洗剤

「黒ずみ」や「カビ」を取り除くのにおすすめなのが、塩素系洗剤です。「トイレハイター」などが塩素系洗剤にあたり、強力な効果を発揮します。酸性洗剤と塩素系洗剤は陶器製トイレのみ使用することができます。

トイレ用洗剤の中は、香りがいいものだったり、放置するだけで汚れを落としてくれるものもあります。自分のお気に入りのトイレ用洗剤を見つけて、ピカピカなトイレにしていきましょう。

お掃除グッズ

トイレのお掃除にはブラシが必要ですが、「ブラシ」と「スポンジ」の2つのタイプが主に販売されています。おしゃれでスタイリッシュなトイレブラシも多く販売されているので、トイレ掃除が少しでも楽しくなりそうなアイテムをチョイスしましょう!

陶器製トイレにおすすめな「ブラシ」タイプ

ブラシタイプは、頑固な汚れや黒カビ掃除におすすめです。スポンジタイプとは違い、水をしっかりと切ることができるので、衛生的と言えるかもしれません。

プラスチック製トイレにおすすめな「スポンジ」タイプ

スポンジタイプのメリットは、便器を傷つけずに掃除することができることです。頑固な汚れは落としにくいですが、定期的なお掃除するには十分です。衛生面で気になる方は、使い捨てタイプがおすすめです。ブラシのヘッドをそのままトイレに流すことができる商品もあり、気軽に使用することができます。

簡単なトイレ掃除の方法とは?

ここからは、今日からできる簡単にできる掃除方法をご紹介します。
トイレ掃除を一番を楽にするには、毎日こまめに掃除することです!1ヶ月もトイレ掃除をしないでおくと、汚れが固まってしまって大変になることも。。気づいた時にトイレ掃除をするだけでも、一回の掃除の負担を減らすことができるので、ぜひ心がけてみてください。

毎日1分の掃除方法

【タンク】
水垢やホコリがたまりやすいので、お掃除シートでさっと拭いてあげましょう。特にレバーは手で触る場所なので、しっかりと拭いておきます。

【便座・便座の裏】
便座はみんな座りますし、便座の裏は尿や流した水がよくはねる場所です。毎日拭いておきましょう。

【便器のフチ】
一番汚れている場所です。放っておくと尿がこびりついて汚れが落ちにくくなるので、しっかりと拭いてあげましょう。

毎日こまめに掃除しておくと、1週間に1度に徹底的に掃除する必要もなくなります。やはり、最も簡単なトイレ掃除は毎日少しやることですね。

週に1回の掃除方法

毎日できる掃除方法に加えて、以下の場所は週に1度掃除するといいでしょう。

【壁や床】
お掃除用シートや中性洗剤を含ませたタオルで壁や床を拭きます。目には見えませんが、尿が飛んでおり、放置しておくとニオイの原因となってしまいます。

【シャワーノズル】
トイレのコンセントを抜き、手でシャワーノズルを引っ張ります。お掃除用シートでしっかりと除菌しておきましょう。

【便器と床の隙間】
この場所を掃除しないでおくと、汚れが取れなくなってしまうことがあります。綿棒を使ったり、お掃除シートを使ったりして汚れを拭き取りましょう。

【ドア】
ドアは中性洗剤を含ませたタオルなどで綺麗にしましょう。目に見えない汚れを拭き取ることができ、トイレのニオイ防止にもなります。

【ペーパーホルダー】
意外と忘れてしまう場所です。週に1度は綺麗にしておきましょう。

毎日トイレ掃除しているけれど、のニオイがとれない…そんな時は、これ!

「毎日トイレ掃除をしているけれど、ニオイが取れない」というお悩みをお持ちではありませんか?

もしかしたら、間違ったお掃除方法をしているかもしれません。以下のチェック項目を参考にしてみてください。

✔️床や壁で拭き残しがないか 
ここは汚れていないだろうと思えるようなところが、意外と汚れている場合があります。隅々まで掃除しましょう。

✔️便器のふちに尿石や黄ばみがないか 
見づらい場所なので気づきにくいですが、汚れがたまっているかもしれません。

✔️タンクの中でカビが繁殖していないか
時々タンクの中をチェックして、カビが生えていないか確認してみましょう。

✔️換気扇のフィルターは綺麗か
換気扇のフィルターにホコリがたまっていると、トイレの空気を入れ替えにくくなってしまいます。

✔️トイレグッズは定期的に洗濯しているか
トイレマットやスリッパ、便座カバーにニオイが染みついてしまうことがあります。定期的にお手入れをしておきましょう。

✔️飾り物を長期間置いていないか
本や写真を飾っているご家庭もあるかもしれません。実は、飾り物にもニオイや尿がついている場合もあります。忘れずに掃除をしておきましょう。

トイレのニオイ、排水管からかも?

どんなに掃除してもニオイが取れない場合は、排水管に原因があるかもしれません。トイレは常に水をはることで排水管からのニオイを防いでいるのですが、排水管が詰まっていたり、汚れがたまっていたりするとニオイが上がってくることがあります。

その場合は、排水管掃除をしてみましょう。

【トイレの排水管掃除の方法】

事前に準備する物
トイレの排水管掃除には、以下のものを準備してください。

・手袋
・重曹・お酢(クエン酸)
・パイプユニッシュ

洗浄の手順
安全のため必ず手袋をつけてから行いましょう。

1.重曹を100g、お酢を200g(重曹の倍)を便器に入れます
2.お湯(50Cºくらい)を便器の半分ほど入れます
3.1時間ほど放置
4.トイレを流して洗い流します

これで以上です。重曹とお酢を入れると泡が発生しますが、この泡で排水管の汚れやニオイを取ってくれます。

トイレ掃除をできるだけやらなくて方法

ですが、仕事で忙しかったり色々な理由でトイレ掃除を毎日するのは大変ですよね。そこで、トイレ掃除をできるだけやらなくて方法をいくつかご紹介します!

スプレータイプのトイレ用洗剤を使用する

大変なトイレ掃除をより手軽にするには、「洗浄力 モコ泡トイレクリーナー」がおすすめです。もこもことした洗剤をスプレーして放置しておくだけで、トイレの汚れを落としてくれます。

自動で掃除してくれるトイレを購入する

「自動で掃除してくれるトイレはないのだろうか。そうすればもっと楽なのにな〜」と考えておられますか?実は、そんなトイレあります!

パナソニック製のアラウーノというトイレは、全自動でお掃除をしてくれます。水を流すときに、たっぷりの泡を使って汚れをしっかりと洗い流すことができます。また、普段のお手入れが楽になるように設計されているので、「トイレ掃除をできるだけ減らしたい!」という方にはおすすめです。

トイレをリフォームしたい、徹底的に綺麗にしたいというときは水道修理ルートにお任せ!

今回ご紹介した「トイレ掃除の頻度ってどれくらい?効果的な掃除方法やできるだけやらなくて方法をご紹介!」はいかがだったでしょうか?やはりできるだけトイレ掃除はしたくありませんが、こまめに掃除をしておけば後で大変にならなくて済みますよね。

汚れがこびりついたり、ニオイがとれなくなる前にしっかりとお掃除をしておきましょう。

ですが、

「どんなに掃除してもトイレのニオイが消えない」
「定期的に徹底的なお掃除をプロにしてもらいたい」
「もうトイレが古いので、新しいトイレに交換したい」

と感じておられる方も多いかもしれません。

そんな時は、「水道修理ルート」にお任せください!水道修理ルートなら、経験豊富な水道設備のプロがトイレの水トラブルを解決することができます。

しかも、

出張費用が無料で、料金に納得できなくてキャンセルしてもキャンセル料なし!
エリアNo.1の低料金!
最短で15分後に到着!さらに24時間依頼ができるから深夜・早朝の対応可能!
各種クレジットカード決済やコンビニ後払いにも対応!

などなど、水回りトラブルにお困りの方をサポートする体制が十分に整っています。

また、修理後・工事後にもお客様に安心してお使いいただけるように、1~3年間の無料保証&点検を備えております。修理後の万が一のトラブルでも早急に対応いたしますので、ご安心ください。

水道修理ルートの料金をチェック!

以上、「トイレ掃除の頻度ってどれくらい?効果的な掃除方法やできるだけやらなくて方法をご紹介」でした。