停電や災害による断水は、事前に準備ができるものもあれば、突然やってくる時もあります。そんな断水した時に困るのが「トイレをどうするか」です。

人生で断水を経験したことがない方にとっては、焦ってしまいパニックになることも珍しくありませんが、適切な方法で対処すれば心配はいりません。

ここではそんな方に向けて、「停電や災害時によって断水した時のトイレの正しい対処方法」と「復旧後の注意点」についてご紹介しています。

一度知識として身につけておけば、今後同じようなトラブルに見舞われても落ち着いて対処できますよ。

停電や断水時にはトイレが使えない

落雷や台風などの災害による停電や断水時には、当然トイレの水も流せなくなるトラブルが発生します。水道の供給方法は

の3つに分かれており、マンションの多くでは、直結増圧方式・受水槽方式が採用されています。そのため、停電で電源が落ちてしまうと水を吸い上げるポンプが機能しなくなり、水が流れなくなるといったトラブルが発生します。

電源を使わず、タンク内の水で洗浄する「タンク式トイレ」は停電の影響を受けませんので、通常通りトイレが使用可能です。(ただし新しい水の供給はされません。)

反対に操作パネルで水を流す「タンクレストイレ」は、電気が流れていなければ操作ができないので、水が流れないトラブルが起こりえます。

一部メーカーのトイレでは、タンクレストイレに見えても、災害時用に使えるレバーがキャビネットに内蔵されているトイレもあります。お使いのトイレがタンクレスの場合は一度確認してみましょう。

※これらは停電のみの場合となっており、給水管の破裂など、水道管に直接の原因がある場合は、使用できませんのでご注意ください。

また落雷による一時的な停電であれば、落ちたブレーカーをあげ電気の供給を戻せば、通常通りトイレが使用できます。

断水時トイレの正しい対処方法

断水時にトイレを使う方法は2通りあります。災害の状況や準備によっても適切な方法が異なるので、現在の状況と照らし合わせながら適切な方法で対処しましょう。

バケツ水で流す

断水した緊急時のトイレを流す方法として最も一般的なのが、バケツに貯めた大量の水を便器内に流し込み排泄物を流す方法です。台風による断水や計画停電など、あらかじめ水が使用できないとわかっており、お風呂場などに貯水できている場合に使われます。

手順は次の通りです。

【手順】

1.水が飛び散っても問題ないように、コンセントプラグを抜く。
2.床に新聞紙を敷く。
3.バケツ1杯の水(6~8L)をボコっと音がするまで便器の排水溝に流し込む。
4.さらに3~4Lの水を注ぐ。
5.排泄物が流れている確認する。

排水管の中に流れきれなかった排泄物が溜まっていることがあるので、二、三回に一度はバケツ2杯分(12〜16L)の水を流すようにしましょう。

この方法には注意点もいくつかあります。

【注意点】

・お風呂残りの水は髪の毛でつまりの原因になる可能性も
・部品故障の可能性があるのでタンクに水を入れることは避ける
・排水管が破裂している災害の場合は水を流さない

水の蓄えさえあれば、いつも通りにトイレを使える便利な方法ですが、安全に使えためには上記の注意点をきちんと守って使うようにしましょう。

簡易トイレを使用する

「水道管が破裂していて水が流せない」「突然の断水で水を貯めていない」などの場合は、災害時用の簡易トイレを使う方法がおすすめです。災害用トイレには様々な種類がありますが、袋と凝固剤がセットになったタイプが最も一般的です。

使用方法も簡単で、トイレにビニールを被せるだけで普段通りの感覚で使えます。使い終わった後は排泄物に凝固剤をかけ、固まったらそのまま可燃ごみとして処理します。

突然の災害であれば、お店で売り切れてしまい手に入らない状況もめずらしくありません。日頃から防災グッズを準備しておくのがベストですが、簡易トイレがない場合は、新聞紙とゴミ袋などでも代用が可能です。

断水復旧後にトイレを流す時の注意点

断水のトイレトラブルは断水の復旧後も続きます。先述したように、地震などの災害によって水道管の破裂している場合は、復旧後も引き続きトイレを使用を避けるようにしましょう。

また断水復旧後は、エアーハンマー現象と呼ばれる衝撃が発生することがあります。
エアーハンマー現象とは、断水中の給水管に溜まった空気が復旧後の水圧で圧縮され、この空気がトイレなどに供給された時に衝撃を与える現象です。

これらを防ぐには、給水管備え付けられているエアー抜きバルブなどから空気抜きを抜きましょう。

断水に備えるために

台風など断水がある程度予想される災害については、お風呂に水をたっぷりと蓄えておきましょう。一般的なお風呂であれば、満水にすると200Lを超える水量を貯水できます。

災害によっては、「給水車が来ない」「水道の断水や給水設備の停止」になる状況もあります。突然の断水でバケツいっぱいの水を用意できない場合は、

などの自然の水でも代用可能です。バケツ一杯分が用意できれば、一回の洗浄には十分無量になります。トイレを流す水として使用するので、飲料水はろ過された綺麗なものにしましょう。

漏水事故や災害などで大規模な断水が発生した際は、給水タンク車による給水を実施している地域が多いです。給水情報は各自治体や水道局のHPなどチェックしてください。

断水時は落ち着いて行動しましょう

断水時でも落ち着いて行動すれば、更なるトラブルは避けられます。断水した時に困るトラブルにトイレの水が流せない問題がありますが、様々な方法で対処できます。

水道管の破裂をしている場合は水が流せなくなるといった制限もあるので、災害時にはまず落ち着いて状況確認からはじめましょう。

こんな時は『水道修理ルート』にお任せください

水回りトラブルの中には専門知識を持っている方にしか分からないような難しい事象もあります。
トラブルの根本的な原因を発見する段階でも、やはり専門知識が無いと発見出来ないこともあると思います。

お客様の中には以下のように感じる方も多いかもしれません。

「どこの水道業者に依頼したらいいのかわからない。」
「今すぐ水漏れの修理に来て欲しい。」
「水漏れが起きているかどうか調査してほしい」

そんな時は、「水道修理ルート」にお任せください!
水道修理ルートなら、水道設備や水回りトラブルのの対処に経験豊富なプロのスタッフが解決することが出来ます。

しかも、

出張費用が無料で、料金に納得できなくてキャンセルしてもキャンセル料なし!
エリアNo.1の低料金!
最短で15分後に到着!さらに24時間依頼ができるから深夜・早朝の対応可能!
各種クレジットカード決済やコンビニ後払いにも対応!
水道局指定業者だから安心!

などなど、水回りトラブルにお困りの方をサポートする体制が十分に整っています。

修理後・工事後にもお客様に安心してお使いいただけるように、1~3年間の無料保証&点検を備えております。
修理後の万が一のトラブルでも早急に対応いたしますので、ご安心ください。

水道修理ルートの料金をチェック!