トイレつまり

トイレトラブルの中でも多く問い合わせを頂くトイレつまり。
「トイレットペーパーを大量に流してしまった」「子供がおもちゃを落としてしまった」など、つまりの原因は様々です。

つまりの原因とつまりが発生した場所によっては自然に治るケースもありますが、自然に治ることや自分で直すことが難しく水道修理業者に依頼した方が良いケースも出てきます。

そこでこの記事ではトイレつまりの「原因」「自然に治るケース・直し方」「業者に依頼した方が良いケース」「放置していると起こるトラブル」「注意点」についてご紹介いたします。

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

※水道事務局(クリーンライフ)に繋がります

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!

※水道事務局(クリーンライフ)に繋がります

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する

トイレつまりの原因

トイレつまり 原因

まずはトイレのつまりの原因を「自然に治るケース」「自分で直せるケース」「業者に依頼した方が良いケース」に分けてそれぞれご紹介していきます。

トイレットペーパーを大量に流した

トイレでつまりが発生してしまう原因の中でも多くあるのはトイレットペーパーを大量に流してしまったことでうまく流れずにつまってしまうことです。

トイレットペーパーは水に溶けやすい素材で作られているため十分な量の水を使って流すことでつまることは殆どありません

この原因で発生してしまったつまりは「自然に治るケース」が多いので、焦ってしまい追加で水を流したりせずに、しばらく時間をおいて様子見をしましょう。
また、「自分で直せるケース」にも該当しますので、早めに直したい方は後述する【トイレつまりの直し方】を参考にしてください。

様子見をする場合は最大でも1時間ほどにし、時間がたっても解消されないのであれば違う原因でつまりが発生している可能性もありますので、水道修理業者に依頼して確認してもらうのが安全です。

流すときの水の量が少なかった

トイレタンク内の水量を調整している場合や、トイレットペーパーを使用したのに「小」で流すなど、流すときの水量が少ないとことでうまく流れきらずにつまりが発生してしまう恐れがあります
トイレットペーパーを使用した場合は必ず「大」を使用して流すこと、トイレタンク内の水量を基準値以下にしないようにしましょう。

トイレ便器内でのつまりであれば自分で治すことが出来ることもありますが、排水管でつまりが発生してしまうと水道修理業者を呼ばないと解消出来ないことが多くなってしまいますので注意が必要です。

トイレットペーパー以外の異物を流した

「トイレットペーパー以外の水に流れやすいもの」「子供が遊んでいるおもちゃ」「生理用品・おむつ」「スマートフォン」などの固形物を誤って便器に落としてしまうことでもつまりは発生してしまいます。

上記のものを誤って落としてしまった場合に取り出せる場合は必ず取り出してください

また食べ残したスープなど液体類であってもトイレに流すことは控えましょう。

固形物が取り出せない場合や誤って流してしまったことでつまりが発生したケースでは自分で治すことは難しいので水道修理業者に依頼して解消してもらう必要があります。

使用年数超過による排水管の劣化

トイレの使用年数が長いと排水管内には、尿石などの汚れやサビが蓄積していきます。
尿石やサビが貯まると排水管が狭くなり、水の流れが悪くなることで流したものがうまく流れずにつまりが発生してしまいます。

排水管の掃除は自分で掃除するのが難しく専門業者に依頼する必要があります。

先にご紹介した3つのどれも心当たりがない場合は排水管に劣化によるつまりの可能性がありますので、専門業者による掃除・交換の検討が必要です

トイレつまりが発生する場所

トイレつまり 場所

画像引用元:https://jp.toto.com/support/repair/solution_t/cause_02.htm

原因でもご紹介しましたがトイレつまりは発生する箇所が、トイレ「便器内」「排水管」の2箇所に分かれます。

トイレ便器内での詰まりの場合は自分で治せることもありますが、排水管でのつまりになると水道修理業者に依頼すしないと直せないケースがほとんどです。

また、初めはトイレ便器内でのつまりでしたが、いろいろ試しているうちに排水管でのつまりになってしまうなどのケースもありますので、無闇に解消させようとするのは控えましょう

トイレつまりが自然に治るケース

トイレつまりでも自然に治るケースがあります。
前述もさせていただきましたが「トイレットペーパーを大量に流してしまった」事と「水に流れやすい素材で出来ているものを流した」事が原因で発生したつまりについては自然に治るケースがあります

これらはトイレの水により溶けて分解されるため、自然に治ることが多いです。

ただし、どちらの原因に関しても水が少しずつ流れているかがポイントになります。
便器内の水位が時間がたっても少なくならない場合は別の原因でつまりが発生している可能性がありますので水道修理業者に依頼することが必要になります。

また、様子見をする時間の目安としては1時間とし、時間がたって完全に解消されない場合は水道修理業者に依頼をしましょう。

トイレつまりの直し方

トイレつまりはできるだけ速やかにできればお金と時間をかけずに直したいと思う方が多いと思います。
トイレ便器内で発生したつまりは自分で直すことが出来る場合がありますのでご紹介していきます。

実践する前に必ず行うこと(準備)

トイレつまり 直す準備

トイレつまりを自分で直す前に用意するものと、おこなうことがあります。

■事前に用意するもの

ゴム手袋、バケツ

ゴム手袋とバケツはどの直し方にも必要になりますので、必ず用意しましょう。

■事前に行うこと

電源を抜く、止水栓を閉める、床にビニールシートを敷く

トイレの水が跳ねたり、溢れたりすることがあるため、必ず止水栓を止めることと床にビニールシートを敷くことで、安心して作実践することができます。

また、電源プラグの抜き差しに関しましては必ず用意しゴム手袋を装着してから行うようにしてください。

お湯を使って流す

お湯を使って流す方法がつまり解消に効果的なのは、つまりの原因が水に流れやすいものでつまってしまった場合のみ有効です。

予め便器に溜まった水を汲み出しておき、水位が低い状態にしておきます。
40~60℃くらいのお湯を用意し、バケツに入れておきます。
バケツに入ったお湯を排水口に向けていれます。
※このとき水圧も利用したいため、出来るだけ高い位置から入れるようにしてください。

お湯を利用して流すことでトイレットペーパーや便が溶けやすくなりと水圧を使って押し流すことによりつまりが解消されることがあります。

お湯を流した後はしばらく時間をおいてから、トイレの水を流すのでは無く、バケツなどから水を少しずつ流しつまりが解消されているか確認してください。

※お湯の温度は要注意

お湯の温度は必ず40~60℃を目安にしてください。
熱湯を流してしまうと便器が変形したり割れてしまう恐れがあります。

重曹やお酢を使う

トイレつまり 重曹とお酢

ご家庭にある身近なアイテムの重曹とお酢を使ってつまりを解消させます。
重曹とお酢を混ぜることによって泡(炭酸)が発生しますが、安全のものですので安心してつまり解消にご利用いただけます。

まずは便器の水を汲み出しておき水位を低くしておきます。
次に重曹を排水口に振りまき、その後同様にお酢をにいれてください。
※このときに泡が発生いたしますので、発生することを確認してください。

その後、便器の水位が半分くらいになるまでお湯を入れて1時間ほど様子見をします。
※お湯は熱湯を使用しないでください。

時間が立ったらバケツから水を少しずつ流し、つまりが解消されているか確認してください。

ラバーカップを使う

トイレつまり ラバーカップ

一家に一本と言って良いほどつまり解消に役立つラバーカップ。
すでにラバーカップを使ってのつまり解消を試みた方もいらっしゃると思いますが、ラバーカップにも種類がありトイレに合わせたラバーカップを使うことが重要です。

今回は洋式用のラバーカップを使用してのトイレつまりの解消ほうをご紹介いたします。

今までの方法では一度水位を低くしていましたがラバーカップを利用するさいは水位がある程度必要になります。
目安としてはラバー部分がうまってさらに10cmほど水位がある状態に調整してください。

トイレつまり ラバーカップ使い方

画像引用元:https://jp.toto.com/support/repair/solution_t/02_1.htm

ラバー部分はゆっくり排水口に押し付けそのまま排水口に押し込みます。
1度でつまりが解消されない場合は複数回繰り返してください。

つまりが解消されましたら、バケツから水を少しずつ流して、つまりが解消されているか確認してください。

ワイヤー式トイレクリーナーを使う

トイレつまり トイレクリーナー

ワイヤー式トイレクリーナーを利用することで、便器側で発生したつまりを解消することができます。

トイレクリーナーのワイヤー部分を便器の排水口分からおして入れ引っかかりが発生したところで持ちての部分の回転させてつまりの原因を粉砕します

貫通したことを確認できましたらバケツから水を少しずつ流して、つまりが解消されているか確認してください。

異物を流した場合や排水管でトイレつまりがある時は業者に依頼しよう

トイレつまり 業者に依頼

水に溶けやすいものでつまりが発生したケースについては自分で治せる方法をご紹介してきましたが、固形物を流してしまった場合や、排水管などでつまりが発生してしまった場合には水道修理業者に依頼する必要が出てきます。

自分では直せないのに「水道修理業者は何故な直せるのか」についてと、「水道修理業者の選び方」についてご紹介していきます。

水道修理業者はなぜつまりを解消できるのか

排水管でのつまりや固形物をつまらせてしまった場合どのように水道修理業者がつまりを解消させているかというと主に以下の3つになります。

1.専用の高圧ポンプで固形物を吸引してつまりの原因を取り除く
2.専用のクリーナーで固形物ごと粉砕してつまりの原因を取り除く
3.便器を取り外して、つまりの原因を取り除く

以上の3点ですが簡単に言ってしまうと水道修理業者は専門の機器を使うためパワーが段違いになります。

また便器を取り外すことについても専門の知識を持って対応を行うので安全かつ迅速に対応することができます。

業者選びには注意が必要

トイレつまりトラブルは緊急背も高く、業者をよく確認せずにとにかく安くて早い業者を選んでしまう方がいらっしゃいます。

本当に安くて早く対応してくる業者であれば問題ないのですが、中には施工をしたあとに高額な請求をしてくる業者もいるので注意が必要です。

水道修理業者を選ぶ際には以下3点について必ず確認してください。

・サイトで作業の流れが記載されていて、そのとおりに対応してくれること
 ※基本的に水道修理業者は施工に入る前の見積もり、現地調査は無料です。
・他社サイトと比較し料金設定が極端に安くないか
・水道修理工事店であるかどうか

水道修理ルートは創業21年累計施工件数100万件以上の実績がある水道局指定工事店になっております。
また、お問い合わせから見積もり、現地調査までは無料とさせていただき、お見積後の料金に納得いただけなければ、キャンセルしてただくことで料金は発生しませんのでご安心してご利用いただけます。

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

※水道事務局(クリーンライフ)に繋がります

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!

※水道事務局(クリーンライフ)に繋がります

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する

トイレつまりの予防・注意点

トイレットペーパー以外を流さない

トイレットペーパー以外のものはトイレに流すように作られていないので、例え水に溶けやすい性質のものでも流すのは控えるようにしましょう

もし誤って落としてしまった場合はご自身で取り除けるような状態であれば、無理に流さずに取り除くようにしましょう

間違った節水をしない

トイレットペーパーを大量に使用してしまった場合などでも水量が適切であれば、つまりが発生することはほとんどありません
トイレタンク内の水を調整していたり、トイレットペーパーを使用したあとで節水のため「小」を使用して流していることでつまりの原因になりますので、適切な量で流すようにしましょう

トイレつまりを放置していると起こる症状

トイレつまりを放置することはほとんど無いと思いますが、放ったらかしにしていると「異臭」「水漏れ」などの新たなトラブルが発生してしまいます。
また、アパートやマンションにお住まいの方で水漏れが起きた場合には下階の方とのトラブルにも発展してしまうこともありますので、必ず処置するようにしましょう

トイレつまりを放置する場合は水に自然に治るケースと直し方を実践していただいた後に最大でも1時間を目安としてください。

まとめ

トイレつまりの「「原因」「自然に治るケース・直し方」「業者に依頼した方が良いケース」「放置していると起こるトラブル」「注意点」についてご紹介させていただいましたがいかがでしょうか。

簡単にまとめると以下3つのポイントが重要になります。

・トイレのつまりは自分で直す場合には必ず事前の準備をしっかりすること。
・お湯でつまり解消をする場合には熱湯では無く40~60℃の温度のお湯を使うこと。
・つまりトラブルを放置する場合は最大でも1時間にすること。

また、悪徳業者に依頼してしまった場合でも必ず見積もりをしていただき、見積もりをしてもらえない場合には必ずキャンセルするようにしてください。

水道局指定工事店の水道修理ルートであれば、お見積り現地調査までは無料で対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください!

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

※水道事務局(クリーンライフ)に繋がります

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!

※水道事務局(クリーンライフ)に繋がります

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する