住宅の水まわり設備につながっている排水管。

キッチンやトイレ、お風呂から出た水を下水へと排水するという大切な役割を担っている排水管ですが、ごくまれに詰まってしまうことがあります。

排水管は日常的に使用する住宅設備であるため、詰まりが発生してしまうと一気に生活が不便になってしまいかねません。そこで把握しておきたいのが、排水管が詰まってしまった場合の対処法について。

この記事では、排水管の詰まりを引き起こす主な原因に触れながら、実際に詰まってしまった場合の対処法についてご紹介します。

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!
【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する

【場所別】排水管の詰まりを引き起こす主な原因

排水管は、

など、排水をおこなう必要がある設備には必ず設置されていますが、詰まりを発生させる主な原因は場所によって異なります。

そこでまずは、排水管の詰まりを引き起こす主な原因を、場所別に紹介していきます。

キッチンの排水管の詰まりを引き起こす主な原因

キッチンの排水管の詰まりを引き起こす主な原因としては、

などがあげられます。

キッチンは料理や洗い物をする場所ですが、料理では油を使用しますし、洗い物では洗剤を使用します。そのときに出る油の残りや洗剤の残りカスが配管の内部に溜まり、詰まりを引き起こしてしまうわけです。

また、料理の際に出た野菜くずなどの生ゴミや食べ残しも、キッチンの排水管を詰まらせる原因の一つです。

トイレの排水管の詰まりを引き起こす主な原因

トイレの排水管の詰まりを引き起こす主な原因としては、

などがあげられます。

トイレットペーパーはトイレに流せる製品ですが、量が多いと詰まりの原因となってしまうことがあります。排泄物も同様です。

まれにティッシュを流してしまう方がいますが、ティッシュはトイレに流せる製品ではないため、流してしまうと詰まりの原因になってしまいかねません。最近は「トイレに流せる」とうたっている製品が多々ありますが、これらの製品も大量に流すと詰まりの原因になります。

トイレにスープの飲み残しや料理の食べ残しを流して処理する方がいますが、これもトイレの配管を詰まらせてしまう原因になりますし、吐瀉物にも注意が必要です。また、トイレの配管を詰まらせる原因として最も多いのが「異物」で、スマートフォンなどをトイレに落としてしまい、それが原因となってトイレの配管が詰まってしまいます。

お風呂場の排水管の詰まりを引き起こす主な原因

浴室の排水管の詰まりを引き起こす主な原因としては、

などがあげられます。

これらはほとんどの場合、水と一緒に排水されていきますが、少しだけ排水管の内部に留まってしまうケースがあります。排水管の内部に溜まった髪の毛や皮脂は雑菌などとまじわりヘドロ状の物質に変化しますが、これが排水管の内部に溜まり、やがて詰まりを発生させてしまうようになるわけです。

洗面所の排水管の詰まりを引き起こす主な原因

洗面所の排水管の詰まりを引き起こす主な原因としては、

などがあげられます。

洗面所の排水管の詰まりを引き起こす主な原因はお風呂場の排水管とほとんど変わりません。

洗面所の排水管が髪の毛で詰まってしまうことはありませんが、ヒゲなどの体毛や石鹸カス、皮脂で詰まってしまうことは多々あります。この場合も、排水管に留まっている体毛や石鹸カスが雑菌とまじってヘドロ状に変化し、詰まりを発生させてしまうようになります。

洗濯機の排水管の詰まりを引き起こす主な原因

洗濯機の排水管の詰まりを引き起こす主な原因としては、

などがあげられます。

洗濯機は衣類の汚れを落とす機械ですので、どうしてもゴミが多く排出されてしまいがちです。それらのゴミが水と一緒に排水管へ排水されていくため、詰まりも発生しやすくなります。

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!
【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する

自分で排水管の詰まりに対処する場合の4つの対処法

キッチンやトイレ、お風呂場など、住宅の排水管で詰まりが発生した場合に備えて把握しておきたいのが、自分で排水管の詰まりを解消する方法について。自分で対処しても詰まりを解消できない場合は業者に依頼することになりますが、軽度の詰まりであれば市販の道具を使って自分で対応することも可能です。

ここでは、

を使った方法について紹介していきます。

洗浄剤を使った対処法

髪の毛や皮脂、洗剤カスなどが原因となって排水管が詰まっている場合に有効なのが、洗浄剤を使った対処法です。

パイプクリーナー」や「ピーピースルー」などの洗浄剤が代表的なものとしてあげられます。これらの洗浄剤を排水管に流し込むと、洗浄成分が詰まりの原因を溶かし、詰まりを解消してくれます。

この対処法で使用するアイテムは以下のとおりです。

これらのアイテムを用いて、以下の手順で対応していきます。

①排水口に洗浄剤を流し込む
②排水口にお湯を流し込む
③30分以上放置する
④水を流して詰まりが解消されているか確認する

使用方法は洗浄剤によって異なりますが、基本的に洗浄剤を排水口に流し込む形で使用します。これらの洗浄剤は強力な洗浄剤で肌に付着するとよくありませんので、必ず手袋を装着して作業をおこなうようにしてください。

次に、やかんなどでお湯を沸かし、排水口に注いでいきます。熱すぎると排水管が傷んでしまいますので、ぬるま湯程度にしてください。

後は、お湯を注いで30分ほど放置し、水を流してみて問題なく流れれば完了です。

ラバーカップを使った対処法

髪の毛などのゴミが詰まっている場合に加え固形物による詰まりに対しても効果を発揮してくれるのが、このラバーカップを使った対処法です。

ラバーカップの圧力によって排水管の内部に留まっている詰まりの原因を押し流し、詰まりを解消させていきます。この対処法で使用するアイテムはラバーカップくらいです。

ラバーカップを用いて以下の手順で対応していきます。

①排水口のフタなどの部品を取り外す
②ラバーカップを排水口に対して垂直に押し当てる
③ラバーカップを押し込む動作と引き上げる動作を繰り返しおこなう

排水口にはフタやトラップと呼ばれる虫や害獣の侵入を防ぐ部品が設置されているので、それらを取り外しましょう。次に、ラバーカップを排水口に対して垂直に押し当てます。

後は、ラバーカップを押し込む動作と引く動作を繰り返しおこなうだけです。詰まりが解消されると「ゴボゴボ」と音がするので、水を流して確認してみて、問題なく流れれば完了となります。

真空式ポンプクリーナーを使った対処法

先ほど紹介したラバーカップよりも強力な圧力で詰まりを解消するのが、この真空式ポンプクリーナーです。

この対処法で使用するアイテムは真空式ポンプクリーナーくらいです。真空式ポンプクリーナーはホームセンターで2,000円ほどで購入できます。

その真空式ポンプクリーナーを用いて、以下の手順で対応していきます。

①排水口のフタなどの部品を取り外す
②真空式ポンプクリーナーを排水口に対して垂直に押し当てる
③お湯や水をはる
④真空式ポンプクリーナーを押し込む動作と引き上げる動作を繰り返しおこなう

排水口のフタやトラップなどの部品を取り外したら、真空式ポンプクリーナーを排水口に対して垂直に押し当てましょう。次に、蛇口をひねり、お湯や水を溜めます。

後は、真空式ポンプクリーナーを押し込む動作と引き上げる動作を繰り返しおこなうだけです。水を流してみて問題なく流れれば対処完了となります。

ワイヤーブラシを使った対処法

これまで紹介してきた方法で対処できない場合に用いるのが、ワイヤーブラシです。

ワイヤーブラシは細いワイヤーの先端に金属のブラシが備え付けられているアイテムです。こちらもホームセンターで購入できます。この対処法で使用するアイテムはワイヤーブラシくらいです。

ワイヤーブラシを用いて、以下の手順で対応していきます。

①排水口のフタなどの部品を取り外す
②ワイヤーブラシを押し込む
③ワイヤーブラシのハンドルを回す

ワイヤーブラシで対処する場合も、排水口のフタやトラップなどの部品をすべて取り外して対処するようにしましょう。

次に、ワイヤーブラシを押し込んでいきます。ワイヤーブラシが押し込めなくなるところまで押し込んでいきましょう。

ワイヤーブラシを押し込めなくなるところに当たったら、その部分が詰まりの発生源だと考えられますので、ワイヤーブラシを回して詰まりを解消させましょう。水を流してみて問題なく流れていけば、詰まりを解消できたということになります。

自分で対処するのが難しい場合は水道修理業者に依頼しよう

排水管の詰まりを自分で解消する方法を4つ紹介してきましたが、これらの方法で対応できないほど頑固な詰まりもあります。

その場合は、より専門的な方法での対処が必要になるので、無理に自分で対応しようとなるのではなく専門家である水道修理業者に対応を依頼するようしましょう。

まとめ

今回ご紹介した「排水管の詰まりを引き起こす原因と4つの対処法」はいかがだったでしょうか?

住宅の排水管を詰まらせてしまう原因はさまざまです。場所によって原因が異なることもあります。ただ、軽い詰まりであれば今回紹介した4つの方法で十分に対処できますので、実際に詰まりが発生した場合はいずれかの方法を試してみてください。

今回紹介した対処法を試してみても詰まりが解消されない場合は、無理に自分で対処しようとすると事態を悪化させてしまいかねませんので、専門家である水道修理業者に対応を依頼するようにしましょう。

その際は、ぜひ私たち「水道修理ルート」にご依頼ください。私たちは水道設備のことを知りつくした水道局指定の水道修理業者です。
排水管の詰まりへの対応実績も豊富ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!
【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する