トイレの排水管・配管が詰まってしまうと、水が流れなくなり生活に大きな支障をきたします。

状況を改善するためには適切な対処が必要です。しかし、原因や症状によって取るべき対策は異なり、適切な対応法を取らない場合は詰まりを改善できません。

この記事では、専門の水道修理業者である水道修理ルートが、トイレ排水管詰まりの原因・対策を解説します。ご家庭での対策・確認方法を順を追ってお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

※水道事務局(クリーンライフ)に繋がります

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!
【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する

※水道事務局(クリーンライフ)に繋がります

トイレの排水管つまりの原因

トイレの排水管が詰まるときに、原因はいくつかあります。

この章では、考えられる主な原因を5点解説します。

排せつ物やトイレットペーパーなどのつまり

トイレを適切に使用していても、水を流したときにトイレットペーパーや排せつ物などが詰まることがあります。

トイレの排水に使用する配管は、直径75mmもしくは100mmです。

ものを大量に流したときに、配管内に詰まったり水流でうまく流れなかったりした際に、詰まりが生じます。

一般的に、トイレに流せるタイプのクリーナー・猫砂・ティッシュペーパーなどは、「流れる」とはうたっていても詰まりやすい傾向があります。

尿石

尿の成分が固まってできた尿石は、トイレの詰まりの原因になります。
尿石は、小さなゴミ・細菌などとくっついて配管のなかで少しずつ形が大きくなるためです。

尿石は大きくなればなるほど頑固な塊となります。

尿石の塊によって狭くなった排水管に、トイレットペーパーや排せつ物などが詰まるという状況も考えられます。

異物のつまり

トイレに本来流さないはずのものを流そうとしたり、落としたりすると配管のつまりの原因になります。

これらは水に溶けません。

便器内や配管で詰まってしまうか、排水升(汚水と一緒に異物やゴミが下水道管まで流れないようにするための中間地点)まで流れるかのいずれかです。

配管は、便器内の排水路よりは太くて流れやすいものの、配管内で詰まるケースも多々あります。

配管・排水管の劣化・故障

配管・排水管の劣化や故障などによって詰まることもあります。

例えば、配管は緩やかな傾斜がつけられていますが、配管の変形や住宅設備の損傷などによって傾斜の角度が変わってしまうと、うまく水が流れません。

その結果、トイレが詰まってしまいます。

ほかにも、配管のつなぎ目の接続がズレたり、配管がひび割れたりなど、さまざまな症状が考えられます。

大雨などによる排水升からの逆流

大雨が降って、排水升の水位が上昇した場合は、排水升から汚水が逆流してくることがあります。

排水升からの逆流の場合は、通常一定期間が過ぎれば、自然につまりは解消されます。

トイレ排水管つまりの原因を知るために理解しておきたい配管の種類

トイレ詰まりの配管を理解するためには、配管の種類について簡単に理解をしておくことも大切です。

項目別に、できるだけシンプルに解説します。

給水管

給水管は、水道やトイレのタンクなどの自宅に水を引き込むための配管です。

給水管は水流が勢いよく流れるため、あまり詰まることはありませんが、特に注意をしなくてはならないのは気温が低い日の凍結です。

凍結によって配管が故障した場合には、水道修理業者に修理依頼をする必要があります。

そのほか、工事の影響や大規模な自然災害による設備の損傷などによりトラブルや一時的な給水停止が起こる可能性があります。

排水管

排水管は、生活用水を下水道管に流すために設けられている配管です。
排水管には、3つの種類があります。

雑排水管

雑排水管とは、キッチン・お風呂・洗面所・洗濯機などの排水を下水道管に流すための配管です。
生活用水の大半は、雑排水に分類されます。

汚水管

汚水管は、トイレの排水を流すための配管です。

汚水は、雑排水と比較して細菌やにおいなどが多く含まれているため、配管が分かれているケースが一般的です(築年数の古いマンションなどでは、雑排水管と汚水管がわかれていない物件もあります)。

雨水配管

住宅の雨水を流すために、雨水配管が設けられています。
雨水配管は、落ち葉・ゴミ・ヌメリなどが詰まらないようにするために、ネットなどの防御をつくります。

2階以上の配管が詰まりやすい理由

2階以上のトイレは、配管つまりを起こしやすいという事実があります。

配管つまりを起こしやすい理由は、1階と比べて排水経路が長いためです。

節水型のトイレを使用しているご家庭や2階トイレの利用頻度が少ないご家庭では、詰まりが生じるリスクはさらに高まります。

トイレの排水管のつまりをDIYで対処する方法

トイレの排水管・配管が詰まったときには、ご自身で対応する方法がいくつかあります。

この章では、配管のつまり対策の方法を解説します。

ラバーカップ・真空式パイプクリーナー

ラバーカップ・真空式パイプクリーナーは、家庭用のトイレの詰まり対策として、最も一般的な対策の一つです。
両者に共通するのは、持ち手部分の先端にドーム型のラバーがついていて吸引力でつまりを除去するということです。

真空式パイプクリーナーは持ち手部分にレバーハンドルがついていて、ラバーカップ以上の吸引力をもっています。

ラバーカップ・真空式パイプクリーナーの使用法は、以下のとおりです。

<手順>

①衛生対策(ゴム手袋・マスクの装着と便器周辺の養生)をおこなう
②ラバーカップ・真空式パイプクリーナーを便器の排水口部分に隙間のないように密着させます
③ゆっくりと押し込んでから、勢いよく引き上げます
※真空式パイプクリーナーの場合は、レバーハンドルを引き上げる
④つまりが解消するまで繰り返します

ラバーカップや、真空式パイプクリーナーは排せつ物・トイレットペーパーなどの「つっまり」に特に有効です。

流せるタイプのクリーナーや猫砂などにも効果を発揮します。

ワイヤーブラシ

ワイヤーブラシは、長いワイヤーの先端にブラシがついている配管清掃道具です。
清掃だけではなく、「つまり」対策道具としても使用可能です。

使い方は、以下のとおりです。

<手順>

①衛生対策をする
②先端のブラシを排水口から入れて、配管の奥までゆっくりと伸ばします
※持ち手側のハンドルを回すと、先端が奥に入っていきます)
③先端のブラシが詰まりの箇所に到達したら、前後にブラシを動かします(詰まりの部分をほぐすため)
④つまりが解消するまで繰り返します

ワイヤーブラシは、トイレットペーパー・排せつ物などの水に溶けるものをほぐす際に使用できます。
また、固形のものを引っかけて拾い上げられることもあります。

ワイヤーブラシは、長くなればなるほど扱いが難しい点に注意が必要です。
家庭用の清掃道具としては、5m程度の長さのものが最適です。

薬剤

トイレ配管の詰まりに対して使用できる薬剤もあります。
薬剤は、詰まりの原因によって使い分けが必要です。

 

尿石のつまり

アルカリ性の尿石には、酸性の薬剤が有効です。
具体的には、尿石除去剤・酸性洗剤・クエン酸などです。

 

排せつ物・トイレットペーパーのつまり

排せつ物やトイレットペーパーが詰まった時には、重曹とクエン酸を同時に使用するか、バイオ型の配管洗浄剤が有効です。

 

嘔吐物・残飯

嘔吐物や残飯に対しては、アルカリ性洗剤が有効です。

 

使用方法は、以下のとおりです。

<手順>

①トイレ排水口の水を灯油用ポンプなどで抜いて空にします
※薬剤が薄まるのを防ぐため
②薬剤を排水口部分から注ぎます
③水もしくはお湯を注ぐ
④一定期間経過後に詰まりの解消を確認する

薬剤を流す際に、40~50℃のお湯を使用すると、水よりも溶かす力が強まることが多いです(ただし、陶器の破損につながるため熱湯はNG)。

薬剤を使用したあとに、ラバーカップなどを使用することで、細かい詰まりを吸引することができ、さらに効果を高められます。

バイオ系の薬剤などは、複数回数使用することで効果が期待できます。

高圧洗浄機

高圧洗浄機は、水圧により配管内の清掃・つまりの除去をする専用機器です。

ケルヒャーやアイリスオーヤマの機種が有名で、ホームセンターなどで販売されています。
パワーやサイズなどによって価格が異なりますが、1万円以上の価格のものが多く、トイレの配管だけではなくさまざまな用途に使用されます。

使用方法は、以下のとおりです。

<手順>

①トイレの室内をビニールシートなどで養生する
②マスク・手袋を着用する
③高圧洗浄機の先端を、便器の排水口もしくは排水升側から挿入する
④少しずつ圧を強めながらゆっくりと配管の奥まで高圧洗浄機を伸ばす
⑤つまりが解消するまで、水圧を加える

高圧洗浄機は、最初からパワーを強めると配管の破損につながってしまうこともあるため、要注意です。

排水管の詰まり対応を専門業者に依頼する場合の流れ・費用

排水管・配管のつまりは、水道修理業者に依頼をして直してもらうことも可能です。

水道修理業者は即日での対応が可能であることや、専門業者ならではの機器・技術により高品質な作業を依頼できる点が大きな魅力です。

依頼の流れ

水道修理業者に排水管の詰まり対策を依頼する場合は、以下の流れでおこないます。

<依頼の流れ>

①水道修理業者に電話をして、現在の症状を伝えた上で見積もり依頼をします
※到着時間や規定などの確認
②水道修理業者のスタッフが駆けつけ、見積もり額や作業手順などを提示します
③納得できる内容であれば、作業を依頼します
④修理作業が完了したら、詰まりの解消を確認します
※あわせて「つまり」の原因・予防法・ふだんのケアの方法・アフターサービスの紹介など

このとき重要なことは、無料での出張点検に対応しており、見積もり提示後にキャンセル可能である業者に依頼をすることです。

費用

水道修理業者の費用は、作業内容・住宅の状況などによって異なります(だからこそ、現地での見積もりが必要であるともいえます)。

例えば、当社水道修理ルートの場合、軽度なトイレの詰まり対策やローポンプ(業務用の真空式パイプクリーナー)作業は5,500円~です。

(水道修理ルートは、民間のアンケート調査にて「価格満足度No.1」に選ばれている価格面での評価が高い業者であり、自信をもって価格を案内しています)

とはいえ、トイレの着脱が必要なケースや高圧洗浄機を必要とするケースなど、価格が変動する要因は少なくないので、信頼できる業者に見積もり依頼をして判断しましょう。

トイレの排水管が詰まりやすい理由

一般的にトイレの排水管は、詰まりやすくなることがあります。

その場合、さまざまな原因が考えられます。

トイレの配管が詰まりやすい状況で上記に該当する場合には、使用方法・つまりの予防法についても考えてみるとよいでしょう。

もし、ご自身で対策が思いつかない場合には、水道修理業者に相談をするのも一つの方法です。

当社水道修理ルートのように顧客目線での対応をおこなっている業者ではつまりの対策・予防法についてもアドバイスをおこなっています。

頻繁にトイレが詰まって困っている方などは、ぜひご相談ください。

まとめ

トイレの排水管・配管が詰まってしまうと、トイレが使用できなくなります。
詰まりを解消するためには、原因を推測して適切な対処をおこなう必要があります。

ラバーカップを使用したり、薬剤を使用したりする詰まりの解消法が一般的です。

ご自身でのつまり解消が困難な場合には、水道修理業者に依頼する方法もあります。
ご自身では対処できない状況であっても、プロの業者は短時間で解決してしまうことも珍しくありません。

当社水道修理ルートは、技術力と親身な対応を強みとした水道修理業者です。

全国の幅広い地域で、最短15分のスピード駆けつけで対応しているので、もし、配管のつまりでお困りの際にはご相談ください。