トイレタンクは一般的に耐用年数が平均7~10年程度と言われており、耐用年数に近づくにつれてトイレタンク内の水漏れは発生しやすくなります。

水漏れを放置してしまうと、「水道代の高騰」「漏水」「浸水」「床材の腐食」など二次、三次の被害に繋がってしまうので、気づいたら早めに対処しましょう。

そこでこの記事では、トイレタンク内から水漏れしている原因と、自分で直せる方法を解説いたします。

トイレタンク内から水漏れしている原因

トイレタンク内から水漏れしている原因は多岐にわたってありますが、その中でも原因として多い3つをご紹介します。

ボールタップの不具合

ボールタップとは、タンク内の水位を保つための設備です。持棒の先端にボールの浮き玉がついているものです。このボールタップが、劣化や故障により上手く機能しないことで、水漏れの原因となってしまいます。

この場合、新しいボールタップに交換することで修理可能です。

オーバーフロー管の不具合

オーバーフロー菅とは、トイレタンクに給水された水があふれ出ることを防止するための部品で、トイレタンクの底に取り付けられた細長い棒状のものです。このオーバーフロー管が破損やヒビ、折れてしまっていると、水漏れの原因となってしまいます。

この場合、新しいオーバーフロー管に交換することで修理可能です。

ゴムフロートの不具合

ゴムフロートとは、レバーを回した際に水を流すためのゴム製の黒いフタのことです。このゴムフロートに、劣化や汚れが挟まる、位置がズレるといった不具合が起こることで、ゴムフロートが栓の役割をしておらず水漏れしていることがあります。

この場合、新しいゴムフロートに交換することで修理可能です。

【ポイント】
ゴムフロートを手で触ってみて、手が黒くなったり、ゴムフロートが崩れると劣化している可能性大。

トイレタンク内からの水漏れの修理方法

トイレタンク内の水位を確認する

まず、トイレタンク内にあるオーバーフロー管で、水位が標準水位よりも高いか低いかを確認しましょう。

オーバーフロー管に「-WL-」という文字があり、この文字のある位置が正常な水位になります。「-WL-」の文字がない場合は先端から2~3cm下が標準水位となります。

標準水位よりも水位が高いと「ボールタップ」に原因がある可能性大。 逆に、標準水位よりも水位が低いと「フロートバルブ」に原因がある可能性があります。

ゴムフロートの交換方法

■用意するもの

ゴムフロートを購入する際は、ご自宅のトイレに合うサイズを選んでください。

■ゴムフロートの交換手順

1.マイナスドライバーで止水栓を閉める
この時、何回止水栓をまわしたか覚えておきましょう。

2.トイレタンク内の水を一度流し、その後トイレタンクのフタを外す
トイレタンクのフタは割れやすいので注意して取り外しましょう。.

3.レバーと鎖を外す

4.オーバーフロー管の底にある接続箇所からゴムフロートを外す

5.新しいゴムフロートを取り付け、鎖の長さを調節

6.止水栓を開けて水を流して確認

【注意点】
新しいゴムフロートは排水口にピッタリ合うように取り付けましょう。

ボールタップの交換方法

■用意するもの

古い便器の場合は、それに合うボールタップが売っていない可能性があり、代替品を見つける必要があります。その際はトイレの品番を確認し、品番にあったボールタップを購入してください。

■ボールタップの交換手順

1.マイナスドライバーで止水栓を閉める
作業中に水が出てこないようにするためです。止水栓が見当たらない場合は水道の元栓を閉めましょう。

2.トイレタンク内の水を一度流し、その後トイレタンクのフタを外す
トイレタンクのフタは割れやすいので注意して取り外しましょう。

3.タンクに繋がっている給水管のナットをモンキーレンチで外す
接続部分から水が漏れることがあるので、バケツを下に置きましょう。

4.ボールタップを固定しているナットをモンキーレンチで外す

5.古いボールタップを引き抜き、新しいボールタップを取り付ける
パッキンが付属している場合はパッキンも新しいものに交換しましょう。

6.トイレタンクと給水管をつなげる

7.止水栓を開いて水を流し、標準水位(オーバーフロー管の2~3cm下)で水が止まるか確認して問題なければ完了

【注意点】
かなり繊細な作業になるので、ボールタップの交換はなるべくDIYより水道修理業者に依頼することをおすすめします。

オーバーフロー管の交換方法

■用意するもの

■オーバーフロー管の交換手順

1.マイナスドライバーで止水栓を閉める
この時、何回止水栓をまわしたか覚えておきましょう。

2.トイレタンク内の水を一度流し、その後トイレタンクのフタを外す

3.止水栓とトイレタンクをつないでいる給水管の接続を外す

4.トイレタンク下の固定ナットをモンキーレンチで外し、トイレタンク本体を取り外す

5.トイレタンクの底にあるナットをウォーターポンププライヤーで外し、古いオーバーフロー管を取り外す

6.新しいオーバーフロー管を取り付けて、④→③の順で元に戻す

7.止水栓を開けて水を流して確認

トイレタンクの水漏れでお困りの方は『水道修理ルート』にお任せください

トイレタンクの水漏れは、簡単な交換作業ならサイトを参考に初心者でも修理できますが、複雑な修理作業がある場合だと無理に交換すると直らないどころか酷くなることもあります。修理に自信がない方は、無理せず専門的知識を有する水道修理業者に依頼してください。

その際は、経験豊富な有資格者が多数在籍しており、水道局認定工事店である『水道修理ルート』にお任せください。

『水道修理ルート』なら、

などなど、トイレタンク内からの水漏れでお困りの方にとって、気軽にご利用できるシステムとなっております。特に高額請求に不安な方やなるべく費用を抑えたい方、急な水漏れトラブルでお困りの方にはオススメです。

またその他にも、漏水調査やその他水道関連の修理も受け付けており、修理・工事中の不測の事態にも対処いたしますので、自力での解決が難しい場合は安心してお任せください。

水道修理ルートの料金をチェック!