「ウォシュレットが動かない!」
「ウォシュレットから水が漏れている!」
「温水が出てこない!」
突然こんなトラブルに見舞われると、少なからずあせってしまいます。
何をどう対応すれば良いかわからずに、かえって被害を拡大させてしまうと取り返しのつかない状況になってしまいます。

そういったときに、まずどこをチェックすべきかを知っておくことが一番大切です。
ここでは、ウォシュレットに不具合が起きた場合に見るべき3か所と、故障した場所別の対処について、また故障させないためにどうすれば良いかについて解説します。

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!
【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する

ウォシュレットが故障したらまずこの3か所をチェック

ウォシュレットに不具合が出た場合に、まずチェックすべき場所が3か所あります。
この3か所をチェックすることで、故障したと思っていた所が簡単に解決する可能性があります。

電源は入っているか

ウォシュレットは電化製品です。
当たり前なのですが、電源が入っていなければウォシュレットは動きません。
まずは、電気が来ているかどうか確認しましょう。

・コンセントが抜けていないか
・電源スイッチがオフになっていないか
・停電していないか
・ブレーカーは落ちていないか
・漏電保護プラグは落ちていないか

これらを確認することで、簡単に解決することが意外と多いです。

水は供給されているか

ウォシュレットに水が供給されていないことも、不具合の原因として多く発生しています。

・止水栓や水の元栓は閉まっていないか
・断水していないか
・寒くて水道が凍結していないか

水関係のトラブルであれば、水道まわりを確認するのが先決です。

ウォシュレットの設置は適正か

ウォシュレットの設置状態も、チェックのポイントになります。

・便器と便座がずれていないか
・便座にガタつきはないか
・便座カバーやふたカバーをつけていないか

しっかりと設置されているか、つけてはいけないものをつけていないか、こちらも確認しておきましょう。

「やっぱり故障かも!」症状別の対処方法

上記の3か所をチェックしてもよくわからない、もしくは解決しない場合もあるかと思います。
そんな時にどう対処すれば良いか、ウォシュレットに出ている症状別で解説していきます。

水漏れが発生している

一番あせってしまう症状は、水が漏れている場合かと思います。
マンションなどの集合住宅では、ひどい場合は他の部屋にまで迷惑をかけてしまうかもしれません。
水が漏れている時は、水漏れ箇所が確認でき次第、被害の拡大を防ぐため水道の止水栓を閉じましょう。

【ノズルから水が漏れている】

ノズルからチョロチョロと少し水が流れるのは、ウォシュレットのノズル洗浄機能が働いているためで故障ではありません。
しかし、一定時間経っても止まらない場合や、漏れている水の量が多い場合は、水漏れの可能性が高いです。
原因としては、パッキンの劣化やバルブ部分の故障が考えられます。
これらの部品を交換すれば解決しますが、自分で修理できそうになければ、メーカーや水まわりの専門業者にお願いするとよいでしょう。

【配管から水が漏れている】

給水の配管から水漏れしている場合は、まず接続部分が緩んでいないかをチェックします。
接続部分をレンチなどで増し締めしても改善しない場合は、内部のパッキンの劣化か配管そのものの破損が考えられます。
修理するにはパッキン・配管の交換が必要です。
配管の交換は自分で修理するのは難しい場合が多いので、専門の業者に連絡するのが賢明です。

【ウォシュレット本体から水が漏れている】

ウォシュレットの給水部分から水が漏れている場合は、給水フィルター部分のゆるみやフィルターのつまりが原因として考えられます。
その部分が原因であれば、給水フィルターを清掃し、取り付け部分を増し締めすると止まります。
スイッチ部分や本体のタンク部分から水が出てきている場合は、本体の破損が考えられます。
本体の破損は、自分で修理できません。
自分で分解などすると、感電や火災の恐れがあり、事故につながる可能性があります。
本体の破損の場合は、メーカーや水まわりの専門業者にかならず連絡しましょう。

ノズルに不具合が出ている

ウォシュレットのノズル部分の不具合も、よくある故障の症状です。
故障の起きている部分によって、それぞれノズルの挙動が違います。

【ノズルから水が出ない、弱い】

水が出なかったり水流が弱かったりする場合は、ノズルの目詰まりの可能性が高いです。
ノズル洗浄機能のあるウォシュレットであれば、一度洗浄をかけてみましょう。
それでも改善しなければ、ノズル部分を引き出して、古い歯ブラシやつまようじなどを使ってきれいに洗浄すると、水流が改善することが多いです。
また、本体の給水フィルターの目詰まりも水流のトラブルにかかわってきます。
取扱説明書で給水フィルターの取り外し方を確認し、外してきれいに清掃すれば、水流の改善につながります。

【ノズルから水が止まらない】

ノズルの先から水が出続けている場合は、電気系統のトラブルの可能性が考えられます。
何度かコンセントを抜き差しすると、ノズルの動作が改善される場合がありますので試してみましょう。
また、リモコンの電池が切れていてリモート操作できず、水が止まらない原因になることがあります。
コンセントを抜き差しするのと合わせて、リモコンの電池も確認しておいた方が良いです。
他の原因として、ノズルの汚れや本体のがたつきでノズルが収納されず、水が出続けるケースがあります。
位置を修正したり、取り付けのねじを締めなおしたりするだけで改善しますので、あわせてチェックするとよいでしょう。

【ノズルが動かない】

ノズルが出てこない、またはノズルが戻らないのは、ノズルの汚れが原因の場合が多いです。
便や尿の汚れが蓄積すると石のように固まってしまい、ノズルのスムーズな動きを妨げるようになります。
その場合は、ノズルの掃除をすると改善します。
特に、ノズルの出入口をきれいに掃除すると良いでしょう。
ノズルの掃除をしても改善しない場合は、機械部分の故障が考えられます。
機械部分は自分で修理できませんので、メーカーや専門業者に依頼しましょう。

温度の調整ができない

温水や便座の温度調整ができないと、気持ちよくウォシュレットを使えません。
特に、冬場に温水が出なかったり便座が冷たかったりすると、快適とは程遠くなります。
こちらも、不具合の場所によってはすぐに改善されるケースがあります。

【水温調節ができない】

温水が出ない場合は、設定温度が低くなっていることが考えられます。
特に冬場は水温が低いので、適温にするため設定温度を高めにしてみましょう。
また、貯湯式のウォシュレットでは、温水切れも考えられます。
貯湯式ではタンクにためた温水を使うので、使い切ってしまうと温水が出なくなります。
この場合は、時間をおけばタンク内の水が温かくなりますので問題ありません。
温度が高すぎる水が出る場合は、設定温度を高くし過ぎているのが原因の場合が多いです。

【便座の温度調節ができない】

便座の温度に関しても、設定温度を確認してみましょう。
また、センサー部分が汚れていたり、便器と便座がずれていたりすると、温度調整がうまくいきません。
センサー部分がどこにあるかを取扱説明書などで確認して、汚れていれば掃除、ずれていれば正規の位置に修正しましょう。
なお、長時間座っていた場合などに、低温やけど防止の安全装置が働いて便座の温度が上がらないケースがあります。
その場合は、少し時間をおいてから使用すれば問題ありません。

温水と便器のどちらの温度調整にも言えるのですが、設定を変えたり時間をおいたりしても改善しない場合は、本体の故障が考えられます。
本体の故障は自分では修理できませんので、メーカーや水回り専門業者に聞いてみましょう。

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!
【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する

ウォシュレット本体に不具合が出ている

本体の動きがおかしい場合は、故障の可能性が高くなります。
また、本体の故障は分解して修理する必要があるため、自分では直せません。
ただ、意外とチェックが漏れているだけという事も結構あります。
チェックの漏れがないか、今一度確認してみましょう。

【ボタンを押しても動かない】

壁などに取り付けてある電池式のリモコンスイッチは、電池が切れかけている可能性があります。
新しい電池に取り換えるだけで改善しますので、電池の残量がわからないときは取り替えてみると良いでしょう。
本体のスイッチであれば、一度コンセントを抜き差ししてみてください。
電源を入れ直すことで、動作が改善する場合があります。
それでもスイッチがきかない場合は、スイッチ部分か本体の故障が考えられます。

【センサーが反応しない】

センサー部分が汚れていると、センサーの反応が鈍ります。
取扱説明書でセンサーの位置を確認して、きれいに掃除してみましょう。
それでも動作しないならば、センサー部分の故障の可能性が非常に高いです。

【まったく動かない】

電源や水道まわり、取り付け位置などすべてチェックしても問題が見つからず、なおかつまったく動かない場合は、ウォシュレットの故障と考えて間違いありません。
メーカーや水まわりの専門業者に連絡して、修理や買い替えを検討しましょう。

すべての状況において言えることですが、修理や指示を待っている間は、漏電や火災や漏水を防ぐ意味でもコンセントを抜いて止水栓は止めておきます。

自分では判断できないときはどうすればよいか

ここまで、チェックするべき箇所と対処について説明してきました。
しかし、確認しても故障なのかどうかよくわからない場合があるかもしれません。
よくわからない場合に自己判断するのは、故障がひどくなる可能性があります。
また、むやみに機械部分を触ったり分解したりすると、感電や火災の恐れがあり大変危険です。
そのような場合は、メーカーや専門業者に聞いてみることを強くおすすめします。

賃貸の場合は貸主に聞いてみる

賃貸住宅に最初から設置されているウォシュレットであれば、まずは大家さんや管理会社に連絡しましょう。
設備の所有者は貸主ですので、勝手に修理するとトラブルに発展するかもしれません。
自分で勝手に判断をせず、貸主の指示を仰ぐのが基本です。

メーカーや購入したところに聞いてみる

ウォシュレットのメーカーや、取り付けをしてもらった業者に聞いてみましょう。
取り付けてから日が浅ければ、保証の対象になることがあります。
また、メーカーなので純正部品が手に入りやすいというのもメリットの一つです。

水道修理専門の業者に聞いてみる

メーカーや取り付け業者の場合、対応に時間がかかることがあります。
そのようなときは、水回り専門の水道修理業者に依頼してみましょう。
優良業者の場合であれば、メーカーよりも早く対応してもらえることが多いです。
また、価格的にもメリットがあるかもしれません。

いずれにせよ、判断に困った場合は迷わずメーカーや水まわり修理の専門業者に聞くことで、不具合の早期解決につながります。
メーカーや水道修理業者は、一件だけではなく何件か連絡して相場やサービスを知るのが、
優良業者を探し当てるコツです。

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!
【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する

ウォシュレットの故障を防ぐためにするべきこと

では、故障させないためには、何をすれば良いのでしょうか。
「ウォシュレットをキレイに保つ」これが一番の予防法になります。

まめに掃除をするのが大切

ウォシュレットの故障は、汚れが原因である場合が少なくありません。
こまめに掃除をすれば、汚れのこびりつきが防がれ、故障や不具合を格段に減らせます。
故障させてしまわないためにも、日々の掃除を怠らないようにしましょう。

【ノズルの掃除】

ノズル部分は、特に汚れやすいところです。
しかし、普段は便座に収納されているので、掃除のし忘れが多い場所でもあります。
ノズル部分が汚れていると動作の不具合に直結しますので、特に気をつけて掃除するようにしましょう。

掃除方法(一例)
・ウォシュレットの電源を切る
・ノズル部分を手で引き出す
・古い歯ブラシなどを使い、シャワー部分を洗浄する
・トイレットペーパーなどに洗剤をしみこませ、ノズル本体とノズル出口部分の汚れをふき取る
・ノズルを戻して電源を入れる

ノズルは細いプラスチックの部品です。
力を入れ過ぎるとノズル部分が破損する可能性がありますので、ノズルを触る際はやさしく丁寧に扱いましょう。

【フィルターの掃除】

給水フィルターも、普段掃除することがほとんどない部分です。
フィルターのつまりで水が出なくなる場合がありますので、年に1~2回は掃除するのをおすすめします。

掃除方法(一例)
・トイレの止水栓を閉め、ウォシュレットの電源を切る
・給水フィルターを取りはずす
・古い歯ブラシなどを使い、フィルターを掃除する
・元に戻して電源を入れ、止水栓を開ける

給水フィルターの外し方は機種によって違うので、取扱説明書やメーカーのホームページなどで確認しましょう。

ウォシュレットの寿命はどのくらいなのか

ウォシュレットは電化製品です。
他の電化製品と同様、ウォシュレットにも製品寿命があります。
一般的な使用方法であれば、ウォシュレットの寿命は7~10年となります。

修理するより買い替えたほうが良い場合も

使用年数が長ければ、不具合の発生頻度が増えてきます。
使用年数が10年を超えている場合は、修理するよりも買い替えを検討すべきかもしれません。

確かに、製品の寿命を超えても使用できるケースはあります。
しかし、メーカーで製造を終了していれば部品が廃盤になっている可能性が高く、部品がなくて修理ができない場合があります。

また、修理しても全体に経年劣化しているので、他の箇所にすぐ不具合が出てしまう可能性が高いです。
新しい製品であれば、10年前のモデルに比べると節水や節電の機能が格段に優れています。

また、掃除のしやすさを考慮したモデルや汚れ落ちが非常に良いモデル、除菌・消臭機能がついているモデルなど、享受できるメリットが高い商品も多いです。
設置してから10年程度たっているのであれば、故障する前に新しいウォシュレットに交換することを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ウォシュレットの故障が疑われるときに確認すべき3か所と、症状別の対処方法、故障を防ぐためにするべきことについて解説しました。
故障してしまうと、修理できるまではトイレが使えないなどの不便をしいられます。

故障の予防としては、こまめにウォシュレットを清掃することがとても大切です。
また、使用年数が長い場合は、故障する前に買い替えるという選択肢も視野に入れておきましょう。

いずれにせよ、わからないことがある場合に自己判断するのは大変危険です。
メーカーや水まわりの修理専門業者に連絡するだけで、失敗する確率が格段に減りますので、ぜひ利用してみましょう。

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!
【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する