最近ますます人気が高まってきているDIY。

家具などを作るDIYだけでなく、水まわり設備に関するDIYなど住宅設備を補修するタイプのDIYに取り組む方も増えてきています。
そのため、「水道工事もDIYでやってみたいな」と考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、水道工事には、DIYでおこなえるものと、DIYでおこなう場合、資格が必要になるものがあるため注意が必要です。
DIYでおこなってはいけない水道工事に勝手に着手してしまうと、後々大きなトラブルに発展する場合も…。

この記事では、DIYでおこなえる水道工事とDIYではおこなえない水道工事に触れながら、住宅の水道設備のDIYについてご紹介していきます。

水道管に手を加えるタイプのDIYの実施には資格が必要

水道工事は専門性が求められる工事です。

水道設備に関する知識と正しく作業をおこなえる技量が求められるため、一般の方がDIYで対応できる水道工事はそう多くありません。
後ほど詳しく紹介しますが、DIYで対応できるのは「水漏れ修理」と「水栓の交換」くらいです。

それ以外の水道工事をおこなう場合は資格の取得が必要になります。
道路から建物内に水道を引き込む大掛かりな水道工事についてはもちろん、住宅への配管の設置などの工事にも資格が必要になります

必要になる主な資格としては、

などがあげられます。

水道管は国や自治体の所有物で、例え住宅内に設置されている水道管であっても資格を持っていない方が手を加えることはできませんので注意してください。

資格を持っていなくてもおこなえる水道のDIY

住宅の水道設備のDIYには、資格が必要になるタイプのDIYもあると紹介してきました。

ただ、すべての水道工事に資格がいるわけではありません。資格を持っていなくてもおこなえる水道工事もあります。

DIYで対応できる代表的な2種類の水道工事について解説していきます。

水漏れ修理

資格を持っていなくてもおこなえる水道のDIYの一つ目が、「水漏れ修理」です。

住宅の水道設備は使い続ける中で徐々に劣化していき、やがて不具合が発生するようになりますが、特に発生しやすいのが水漏れです。
蛇口から水漏れすることもありますし、給水管や排水管から水漏れしてしまうこともあります。

そこで必要になるのが水漏れの修理です。ただ、水漏れ修理と言ってもその種類はさまざまで、ゴムパッキンの交換など部品の交換で済むものもあれば、給水管や排水管の交換が必要になる場合もあります。

ゴムパッキンの交換や配管の亀裂をパテでふさぐ程度の工事であれば、DIYで対応しても問題ありません。しかし、給水管の交換や排水管の交換は資格を持っている業者に対応してもらうべきです。

今はホームセンターや通販サイトで何でも購入できるため、必要な道具さえ揃えればDIYで配管の交換をおこなうことも可能ですが、厳密に言えば配管の交換には資格が必要になります。
ゴムパッキンなど部品の交換やちょっとした補修であればDIYでも対応可能で、配管の交換をともなう水漏れ修理は業者に依頼する」と、覚えておくようにしてください。

水栓の交換

資格を持っていなくてもおこなえる水道のDIYの二つ目が、「水栓の交換」です。

先ほど給水管や排水管など配管の交換は自分でおこなえず、業者への依頼が必要になると紹介しましたが、水栓の交換は特に資格を必要としません。
そのため、新しい水栓を購入して取り替える工事もDIYで対応できるようになっています

住宅の水まわり設備には、単水栓や混合水栓などさまざまな水栓が導入されていますが、同タイプの水栓に交換する工事はもちろん、異なるタイプの水栓に交換する工事もDIYでおこなえます。
ただし、既存の水栓と異なる水栓に交換する場合、給水管や排水管にも手を加える必要が出てくることがありますので、その場合は業者への依頼が必要です

DIYで水道の修理や工事をおこなうときに覚えておきたい3つの注意点

実際に住宅の水道設備をDIYで修理する場合、いくつか注意したいポイントがあります。
それらの注意点を把握せずに進めてしまうと、DIYでおこなっていいタイプの水道工事でも大きなトラブルにつながってしまいかねません。

DIYで水道の修理や工事をおこなうときに覚えておきたい3つの注意点について解説していきます。

何か問題が発生した場合は自己責任になる

部品の交換での水漏れ修理や水栓の交換などの水道工事はDIYでもおこなえると解説してきました。

ただし、これらの水道工事はあくまでDIYでおこなえるだけであって、DIYでの対応が推奨されているわけではありません
資格を取得できるほどの知識とプロ並みの技術力を持ち合わせている場合であれば問題はありませんが、そうでない場合、DIYで対応したことによって問題や不具合が生じる可能性があります。

DIYでの対応で水道に問題や不具合が発生してしまったときは自己責任になりますので、DIYでの対応を検討しているのであれば、そのことをよく理解しておかなくてはいけません。

DIYで対応してみたはいいものの、

と、なってしまうケースも少なくありませんので、実際にDIYで対応する際はその点に注意してください。

作業をおこなうときは必ず止水栓を閉める

部品の交換や水栓の交換などの水道工事をおこなう場合、必ず止水栓を閉めた上で作業を始めるようにしてください

止水栓は、各水まわり設備への水の供給をコントロールする設備です。
住宅への水の供給は元栓によってコントロールされていますが、元栓を閉めてしまうと住宅全体への水の供給がストップしてしまいます。

そのため、それぞれの水まわり設備への水の供給のみをコントロールできる止水栓が設けられているわけです。
止水栓を閉めずに作業を始めてしまった場合、水栓への水の供給はおこなわれ続けているため、水栓を取り外したタイミングで水が溢れ出てしまいます

そうなると、浸水などによって住宅へ被害が出てしまいかねません。
そのような事態を引き起こさないためにも、作業を始める前には止水栓をしっかりと閉めた上で作業を開始する必要があるわけです。

止水栓はマイナスドライバーを差し込んで回転させるだけで簡単に開けしめできるようになっています

判断が難しい場合は業者に依頼する

「水道工事」とひとくちに言っても、その種類はさまざまです。

そのため、「これってDIYで対応してもいいのかな…」と判断に迷う場面も出てくるでしょう。
DIYで対応しても問題ないかの判断が難しい場合は、無理に自分で対応しようとせず、業者に依頼するようにしてください

判断が難しいものを一般の方が無理に自分で判断しようとすると間違った判断を下してしまう可能性がありますし、先ほど解説したように、状況を悪化させたり別の不具合を発生させてしまう可能性があります。

判断に迷う場合は業者に依頼し、決して無理にDIYでの対応を進めないようにしましょう。

DIYでの対応が難しい水道工事は水道修理業者に依頼しよう

DIYで対応できない水道工事は無理に自分で対応しようとせず、専門家である水道修理業者に任せるべきです

また、DIYでおこなっていいものかどうかの判断が難しい場合も水道修理業者に依頼するようにしましょう。
水漏れ修理や水栓の交換などであればDIYでも対応可能ですが、DIYで対応可能な工事であっても対応が難しいケースもあります。

特に水栓の交換は手順が複雑で失敗してしまうケースも少なくありません
「無理に対応を進めたものの、結局断念し、最終的に業者に依頼しなくてはいけなくなった」となってしまう可能性もありますので、難しいと感じる場合は水道修理業者への依頼も検討するようにしてください。

まとめ

今回ご紹介した「DIYでできる水道工事とDIYでは対応できない水道工事について徹底解説!」はいかがだったでしょうか?

住宅の水道設備の工事には、DIYでおこなっていいものと、DIYでおこなう場合、資格が必要になるものがあります。
資格を所有していない方が資格が必要な工事をDIYでおこなうと大きなトラブルに発展してしまいかねません。そのため、絶対におこなわないようにしてください。

また、DIYで対応してもいいとされているタイプの水道工事に着手する場合もいくつか注意しておきたいポイントがあるので、今回紹介させてもらった内容を参考にしながらDIYに取り組むようにしましょう。
DIYでおこなっていい水道工事かどうかの判断にこまる場合や自分で対応するのが難しい水道工事は、水道設備の専門家である水道修理業者に任せるようにしてください。

その際は、ぜひ私たち「水道修理ルート」にご依頼ください。私たちは水道設備のことを知りつくした水道局指定の水道修理業者です。
DIYでは対応が難しい水道工事もプロの知識と技術力で対応させていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。