いつも通り水を使っていたらうまく流れなくなった・もしかしたら排水管がつまっているかもしれないとお困りではありませんか?

実は、そのお悩みは日頃のお手入れで解消することができます。

この記事では、初めての方でも簡単にできる排水管の洗浄方法をご紹介します。排水管のつまりや臭いは、ご自宅にあるものやドラッグストアで購入できるもので解消できるので、ぜひ参考にしてみてください。

排水管洗浄をしないと起こるトラブル

普段の日常生活で水を使用している際、排水管から臭いが上がってきたり、つまらない限り排水管洗浄の必要性はないように感じることでしょう。キッチンで水をひねれば当たり前に水が出て、流れていきます。お風呂でシャワーを使う時も問題なく、トイレもしっかり流れます。

しかし、排水管に流れているのは水だけでしょうか?

いいえ、水だけではありません。あまり気にすることはありませんが、洗剤や生ゴミ、髪の毛といったものが一緒に流れています。そして、長い間排水管洗浄を行っていないと、臭いやつまりの原因となり、目も当てられないような事態が起きてしまいます。

①排水管のつまり・逆流

排水管のつまり・逆流の原因はさまざまです。排水管は下水から上がってくる悪臭や害虫を防ぐために水をためる「排水トラップ」という部分が設けられています。ご自宅の台所や洗面台の排水を確認していただけると、S字トラップやP字トラップがついているのを確認できるかと思います。

ここに水をためることで臭気を防ぐことができるのですが、固形物などが堆積してしまうと、排水管のつまりや逆流の原因となります。

水回りにおける排水管のつまり・逆流の原因を下記にまとめました。

【キッチン】

キッチンの排水管つまりの主な原因

・油汚れ
・洗剤の溶け残り
・食材のカス
・スプーンや爪楊枝などの固形物

これらの汚れが堆積されていくと、パイプの中で固形物となり水が流れにくくなってしまいます。キッチンの排水が詰まってしまうと逆流や不快な臭いが周辺に漂い、衛生的に良くありません。

キッチンは食をあつかう場所で衛生が大事ですので、定期的に排水管洗浄を行うことをおすすめます。

【お風呂】

お風呂の排水管つまりの主な原因

・髪の毛
・皮脂や垢
・シャンプーやリンスのカス
・ヘアゴムなどの固形物
・砂

これらの汚れが排水管に付着してしまうと、つまりの原因となるので注意が必要です。

お風呂の排水溝付近を掃除したことがある方ならご存知かもしれませんが、シャンプーやリンスといった石鹸カスが排水管にたまると、パイプ内部で繁殖しヌルヌルした状態になります。

そして、その部分に髪の毛や固形物が付着していくことでつまりの症状を悪化させることになります。

特に、長年排水管洗浄をしておらず、水がつまってしまったお宅に伺うと、このケースが多く見られます。パイプ内部をチェックすると、堆積物が蓄積しており、それが原因で水の流れが悪くなってしまうのです。

お風呂のつまりに関しては下記のページで詳しく解説されていますので、こちらと合わせてご覧ください。

お風呂のつまりの原因は?自分でもできる排水溝のつまりの解消方法

【トイレ】

トイレの排水管つまりの主な原因

・大量のトイレットペーパーを排泄物と一緒に流した
・スマホや紙おむつなどの異物

これらが原因でトイレがつまってしまうことがあります。

また、トイレの使用年数が長かったりすると排泄物がパイプ内で蓄積していることもあります。その場合、水を流しても普段通り流れていかず、一時的に逆流してしまうかもしません。

定期的に排水管洗浄を行うならばトイレのつまりや逆流を防ぐことができますので、普段のトイレお掃除の際にぜひ行ってみてください。

トイレのつまりに関しては下記のページで詳しく解説されていますので、こちらと合わせてご覧ください。

トイレつまりの原因と症状とは?今すぐ自分でできる対処方法5つ

【洗面】

洗面の排水管つまりの主な原因

・髪の毛や髭
・石鹸カス
・ヘアピンなどの小物
・砂

これらが原因で排水管がつまってしまい、逆流を引き起こすことがあります。

洗面もお風呂がつまってしまう原因と似ていますが、石鹸カスなどが排水トラップにたまっていくと、ヌルヌルした状態になります。そして、その部分に髪の毛や砂が付着していくことで、排水管がつまる原因となります。

②悪臭や害虫

あまり想像したくありませんが、排水管洗浄を行わないと悪臭や害虫が発生することがあります。水を使う台所などで、コバエをみたことがあるのではないでしょうか?どこから入ってきたのか不思議で、しかもなかなかいなくならなくて鬱陶しく感じたことがある方も多いかと思います。

実は、コバエが発生する原因は排水管にあるかもしれません。そして、排水管が汚れている状態は、ゴキブリにとっても宝庫と言える場所です。

排水管には毎日汚れた水が流れていきますが、その汚れが少しずつパイプ内部に付着していきます。その汚れの多くは、生ゴミや油分であり、ゴキブリにとってはごちそうです。そのため、排水管洗浄を定期的に行わずに汚れがたまっている状態は、ゴキブリが繁殖しやすい環境です。

また、そうした害虫が発生してしまう状態の排水管は、当然のことながら悪臭を放ちます。悪臭やコバエ・ゴキブリが発生するのを防ぐためにも、排水管洗浄を行いましょう。

キッチンの排水管洗浄方法

ここからは実際に排水管を洗浄する方法をご紹介します。簡単にできますので、ぜひ日頃から排水管のメンテナンスを行いましょう。

事前に準備する物

キッチンの排水管洗浄には、以下のものを準備してください。

日頃のお手入れには、重曹・クエン酸で十分です。定期的なお手入れの際には、家庭用パイプクリーナーなどを使用します。もし、長い期間排水管洗浄を行っておらず、つまりや逆流の現象がみられるならば、業務用薬剤の使用をおすすめします。

洗浄の手順

それでは、キッチンの排水管洗浄の方法をご紹介します。まずは日頃からできる排水管洗浄方法です。重曹とお酢(クエン酸)の働きで、排水管のヌメリや臭いを取ることができます。安全のため必ず手袋をつけてから行いましょう。

【キッチンの排水管洗浄方法】

1.排水管を直接洗うために、排水口を取り外す

2.大量のお湯(50Cºぐらい)を一気に流す

3.重曹をたっぷり排水管にふりかけ、その半分くらいのお酢を注ぐ

4.泡立つまでお酢を注いだら、30分程度放置する

5.最後にお湯で洗い流す

次に、3ヶ月から半年に一度で行うキッチンの排水管洗浄方法をご紹介します。家庭用パイプクリーナーを使用します。

【3ヶ月から半年に一度のキッチンの排水管洗浄方法】

1.お湯(50Cºくらい)にパイプクリーナを入れて、20分ほど温める

2.排水口を取り外し、大量のお湯(50Cºぐらい)を一気に流す

3.パイプクリーナーに記載されている通りに、パイプクリーナーを排水管に直接注ぐ

4.時間を置き、お湯で洗い流す

最後に、すでに排水管が詰まっていて臭いもする場合の対処法をご紹介します。家庭用パイプクリーナーであまり効果がなかった場合にトライしてみてください。業務用の薬剤(ピーピースルー)を使用します。

ピーピースルーはプロが使う薬剤のため、ホームセンターでも販売されていないことがあります。その場合は、ネット通販での購入をおすすめします。しかし、ピーピースルーは家庭用パイプクリーナーに比べ強力な薬剤ですので、扱いには十分注意が必要です。安全対策を行ってから使用してください。

【業務用薬剤を使用するキッチンの排水管洗浄方法】

1.直接皮膚にかからないように手袋などをつける

2.排水口を取り外し、排水口の周りにピーピースルーを適量まく

3.ピーピースルーをお湯(50Cºくらい)で溶かしながら、排水管に流し込む

4.30分から1時間ほど放置

5.水をしばらく出しっぱなしにして、排水管の汚れをとる

以上が、ご家庭でできるキッチンでの排水管洗浄方法です。もしこれでも排水管のつまりや臭いが取れない場合は、プロの水道業者にご相談ください。

浴室の排水管洗浄方法

続いて、お風呂の排水管洗浄方法をご紹介します。お風呂の排水管には髪の毛や石鹸カスなどが溜まりやすいので、ぜひ日頃から排水管のメンテナンスを行いましょう。

事前に準備する物

お風呂の排水管洗浄には、以下のものを準備してください。

洗浄の手順

それでは、お風呂の排水管洗浄の方法をご紹介します。キッチンと同様に重曹とお酢で日頃のお手入れができますが、ここではパイプユニッシュを使用した排水管洗浄方法です。

【お風呂の排水管洗浄方法】

1.まずは排水口の掃除をします。取り外せる部分を全て外して、洗剤を使って汚れを落とします

2.パイプユニッシュを排水口に注ぐ

3.15分から30分ほど放置

4.たっぷりの水で洗い流す

これで以上です。お湯で流すと有毒ガスが発生するので、水を使って洗い流してください。

ですが、すでにお風呂の排水管がつまってしまっている場合は、パイプユニッシュだけでは解決できない場合があります。その場合は、プロの水道業者にご相談ください。

トイレの排水管洗浄方法

続いて、トイレの排水管洗浄方法をご紹介します。トイレの排水管洗浄も重曹とお酢で日頃のお手入れができます。とても簡単にできますので、ぜひ定期的に排水管洗浄をしてください。

事前に準備する物

トイレの排水管洗浄には、以下のものを準備してください。

洗浄の手順

安全のため必ず手袋をつけてから行いましょう。

【トイレの排水管洗浄方法】

1.重曹を100g、お酢を200g(重曹の倍)を便器に入れる

2.お湯(50Cºくらい)を便器の半分ほど入れる

3.1時間ほど放置

4.トイレを流して洗い流す

これで以上です。重曹とお酢を入れると泡が発生しますが、この泡で排水管の汚れや臭いを取ってくれます。

また、定期的にパイプユニッシュを使用して排水管洗浄を行いましょう。ドラッグストアなどで購入でき、とても簡単にできるのでぜひトライしてください。

しかし、トイレを長年使用していると、上記の方法では解決できないつまりや臭いが発生することがあります。その場合は、プロの水道業者にご相談ください。

洗面の排水管洗浄方法

最後に、洗面の排水管洗浄方法をご紹介します。洗面台にもキッチンと同様に排水トラップがあり、そこにたまった石鹸カスや髪の毛などが排水管のつまりを引き起こします。定期的に排水管洗浄を行いましょう。

事前に準備する物

洗面の排水管洗浄には、以下のものを準備してください。

洗浄の手順

洗面の排水管洗浄も重曹とお酢で日頃からお手入れができます。安全のため必ず手袋をつけてから行いましょう。

【洗面の排水管洗浄方法】

大量のお湯(50Cºぐらい)を洗面にためてから、一気に流す

重曹1:お酢2の割合で排水口にふりかける

30分ほど放置

蛇口からお湯でしっかりと洗い流す

これで以上です。重曹とお酢を入れると泡が発生しますが、この泡で排水管の汚れや臭いを取ってくれます。

次に、家庭用パイプクリーナーを使用した洗面の排水管洗浄方法をご紹介します。キッチンで掃除方法と同様です。

1.お湯(50Cºくらい)にパイプクリーナを入れて、20分ほど温める

2.排水溝を取り外し、大量のお湯(50Cºぐらい)を一気に流す

3.パイプクリーナーに記載されている通りに、排水管に直接注ぐ

4.時間を置き、お湯で洗い流す

これで、排水管にたまったヌメリ・髪の毛・臭いを取ることができます。

排水管を洗浄してもつまりや臭いが改善しないなら『水道修理ルート』にお任せ!

定期的な排水管洗浄は水回りを長持ちさせるために必要なメンテナンスです。ぜひご自宅でできる排水管洗浄方法を確認して、実践しましょう。

しかし、「きちんと掃除してもつまってしまう」、「排水管から何か変な音がする」、「臭いが取れない」といった場合は、根本的な解決が必要です。

「水道修理ルート」にお任せいただければ、そんな悩みを解決することができます。

水道修理ルートでは、今回ご紹介した排水管のつまり・逆流・悪臭などを解消することができ、キッチンやトイレなど水回り全般のトラブルの対応も受け付けております。

大変嬉しいことに、実際に水道修理ルートに依頼されたお客様からも、ご好評の声をたくさんいただいております。

全国の幅広いエリアで活躍している経験豊富な水道修理のプロがすぐに、丁寧に対応致しますので、水漏れや器具の部品交換などの際には、ぜひご相談ください。

水道修理ルートの料金をチェック!