住宅の洗濯機置場に備え付けられている洗濯パン。

ただ、洗濯パンはしばらく使い続けていると劣化してしまいます。そうなってしまった洗濯パンは交換が必要になるため、取り外して新しい洗濯パンを取り付けなくてはいけません。

また、洗濯パンが取り付けられていない場合も、洗濯パンを購入し、取り付けが必要になります。

この記事では、洗濯パンの役割に触れながら、洗濯パンの取り付け方についてご紹介します。

洗濯パンを取り付けるべき理由

既存の洗濯パンが古くなってしまっている場合や洗濯パンが取り付けられていない場合は新しい洗濯パンを購入して取り付ける必要があると紹介してきましたが、「そもそも洗濯パンって必要なの?」と感じている方も少なくないかと思います。

そこで知っておきたいのが洗濯パンの役割について。

洗濯パンは洗濯機の下に設置する製品です。洗濯機には排水ホースが設置されていますが、その排水ホースを洗濯パンの排水口に設置する形で洗濯機の設置をおこないます。

これにより、何らかの理由で洗濯機から水があふれて漏れてしまった場合でも、洗濯パンがあふれた水を受け止め、住宅の床を濡らしてしまわないよう対処してくれます。また、マンションやアパートなどの集合住宅の場合、洗濯パンを設置することで階下への水漏れも防げるようになります。

洗濯パンの取り付けはDIYでも対応できる?

洗濯パンの交換や取り付けを検討している方の中には、自分で取り付けたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

洗濯パンの取り付けを業者に依頼してしまうとそれなりの費用がかかってしまうため、費用を少しでも抑えるためにはDIYで対応するしかありません。

結論から言うと、必要な道具を揃えて正しい手順で対応すれば、DIYで対処することも可能です。

簡単におこなえる作業というわけではありませんが、十分対処可能ですので、ぜひチャレンジされてみてはいかがでしょうか?

DIYでの対応が難しい場合は業者に対応を依頼しよう

洗濯パンの交換方法・取り付け方法については後ほど詳しく紹介していきますが、DIYでも対応可能ではあるものの、決して簡単におこなえるような作業ではありません。

新しい洗濯パンを購入する場合は設置場所にあったサイズのものを選ぶ必要がありますし、道具も揃えなくてはいけません。また、設置にも技術を要します。

普段からDIYをおこなっている方であれば対応できるかもしれませんが、そうでない方が対応するには難易度が高いと言えるでしょう。そのため、自分で対応するのが難しい場合は無理に自分で対応しようとせず、専門の業者に対応を依頼するようにしましょう。

多少費用はかかってしまいますが、適切な方法で交換・取り付けをおこなってくれます。無理に対応しようとすると思わぬトラブルにつながってしまいかねませんので、決して無理はせず、業者に依頼するようにしてください。

洗濯パンの交換方法・取り付け方法

洗濯パンの交換・取り付けをおこなう場合、新しく設置する洗濯パンを選ぶ必要がありますし、交換や取付に必要な道具を用意する必要があります。

洗濯パンの選び方と必要な道具について紹介しながら、洗濯パンの交換方法・取り付け方法について解説していきます。

洗濯パンの選び方

ひとくちに洗濯パンと言ってもその種類はさまざまです。

洗濯機のサイズと洗濯パンを設置する場所のサイズを測った上でどのサイズの洗濯パンを購入するか決めるようにしましょう。

また、本体の高さにも違いがあります。洗濯機をどの高さで設置したいかを決め、その高さに合うもの選ぶようにしてください。

排水トラップを取り付けるための穴がついているものとついていないものがありますが、排水トラップを取り付けないと水があふれてしまう可能性が高まりますので、なるべく排水トラップを設置するための穴がついているものを選ぶようにしましょう。

洗濯パンを交換する際に必要な道具

洗濯パンを交換する際に必要になる道具は、以下の3つです。

ドライバーは必ずしも電動のものである必要はありませんが、手動でおこなうと時間がかかるのであまりおすすめできません。

特に慣れていない方の場合はビスを閉め切ることができず、後々トラブルにつながってしまいかねませんので、なるべく電動ドライバーを用意するようにしてください。

洗濯パンの交換方法・取り付け方法

洗濯パンの交換・取り付けは、以下の手順でおこないます。

①排水トラップを取り外す
②既存の洗濯パンを取り外す
③新しい洗濯パンを設置する
④排水トラップを取り付ける

排水トラップにはエルボと呼ばれるL字型のパイプがついているので、まずそのエルボを取り外しましょう。

次に、目皿やゴムパッキンなどのパーツをすべて取り外していきます。まれにゴムパッキンがコーキングで固定されている場合がありますが、その場合はカッターでコーキングを切り取るようにしてください。

排水トラップのパーツを取り外し終えたら、古い洗濯パンを取り外してしていきます。四隅がビスで止められているはずですので、インパクトドライバーを使ってビスを外し、洗濯パンを取り外しましょう。

新しい洗濯パンの排水トラップのパーツを取り外し、設置していきます。インパクトドライバーを使ってビスをとめていきましょう。

後は排水トラップの各パーツを取り付け直すだけです。これで洗濯パンの交換・取り付けは完了となります。

洗濯パンの取り付けを業者に依頼した場合の費用の目安

洗濯パンの取り付けを業者に依頼した場合にかかる費用は、

などによって異なります。

ひとくちに洗濯パンと言ってもその種類はさまざまです。いろいろなメーカーがさまざまなモデルの洗濯パンを製造し、販売していますが、メーカーやモデルによって価格が大きく異なります。

また、設置にかかる費用も業者によって大きく異なります。洗濯パンを設置する際、水栓の位置の移動などのオプション工事をおこなうとさらに追加費用がかかるため注意が必要です。

そのため一概には言えませんが、4~6万円が相場となっています。

まとめ

今回ご紹介した「洗濯パンの取り付け方を洗濯パンの必要性に触れながらわかりやすく解説」はいかがだったでしょうか?

洗濯パンは必要ない設備だと思われてしまいがちですが、洗濯機からの水漏れによる被害を防ぐという大切な役割をになっています。そのため、設置されていないのであれば設置する必要がありますし、古くなってしまっているのであれば交換を検討する必要があります。

洗濯パンの設置はDIYでも対応可能ですが、それなりの技術が必要とされるため、難しいと感じた場合は無理に対応しないよう注意してください。DIYでの対応が難しい場合は、専門の業者に対応を依頼しましょう。

その際の費用相場は4~5万円ほどですが、あくまで目安となりますので、正確な費用が知りたい場合は業者に見積もりの作成を依頼するようにしてください。

また、洗濯パンの交換や取り付けにともなって水栓設備に何かしらの不具合が見つかった場合は、ぜひ私たち「水道修理ルート」にご依頼ください。私たちは水道設備のことを知りつくした水道局指定の水道修理業者です。
24時間365日いつでも対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。