浴室の混合栓は毎日のように使用する設備ということもあり、何かとトラブルが発生してしまいがちです。

実際、混合栓の状態がよくなく、修理や交換などの対応を検討されている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、浴室の混合栓で発生しやすいトラブルとそれらのトラブルへの対処法、また、修理で対応できない場合に知っておきたい混合栓の交換方法についてご紹介します。

浴室の混合栓で発生しやすいトラブルと対処法

浴室の混合栓はさまざまな部品で構成されています。

機能性が高い混合栓であればなおさらです。そのため、さまざまなトラブルが発生してしまいます。

浴室の混合栓で発生しやすい3つのトラブルと、それぞれのトラブルが発生してしまったときの対処法について紹介していきます。

シャワーから出る水の量が少ない

シャワーが備わっている混合栓の場合、シャワーからの水の出が悪くなってしまうことがあります。

その場合、まずは混合栓の止水栓を確認するようにしましょう。止水栓が中途半端に閉まっていたりすると、シャワーからの水の出が悪くなってしまうことがあります

また、止水栓のフィルターが汚れていると水の出が悪くなってしまうので、止水栓を取り外して中のフィルターを取り出し、歯ブラシなどで掃除しましょう。

フィルターの掃除方法は混合栓の取扱説明書に記載されていますので、確認しながらおこなうようにしてください。

蛇口やシャワーから水が出続ける

混合栓の蛇口やシャワーから水が出続ける場合は、混合栓の中にあるバルブに不具合が発生してしまっている可能性があります

その場合、バルブを交換すれば問題は解決しますので、バルブを購入し、交換するようにしましょう。

バルブを交換する際に必要になる道具としては、

が、あげられます。

それらの道具を用意したら、以下の手順でバルブの交換を進めていきましょう。

①止水栓を閉める
②フタを取り外す
③レバーを取り外す
④バルブを取り外す
⑤新しいバルブを取り付ける
⑥レバーを取り付ける
⑦フタを取り付ける

バルブを交換する場合、止水栓を閉めずに作業を開始すると水が噴き出していしまうため、必ず止水栓を閉めた上で作業をおこなうようにしましょう。

止水栓を閉めたら、レバー部分のフタを取り外します。フタは隙間にマイナスドライバーを入れて浮かせると簡単に外れるはずです。

フタを外したら、レバーを固定しているビスをドライバーで外し、レバーを取り外します。レバーを取り外すとバルブが見えるはずですので、バルブを取り外し、新しいバルブに取り替えましょう。

新しいバルブに取り替えたら、レバーを取り付け、フタを取り付けます。後は、止水栓を開け、水が出続けないことが確認できれば完了です。

スパウト部分から水漏れが発生している

カランとも呼ばれる混合栓のスパウト部分からの水漏れは、ゴムパッキンの劣化によって引き起こされることがほとんどです

劣化したゴムパッキンを新しいものに交換すれば、水漏れは解消されます。

まず、

を用意しましょう。

必要な道具を用意したら、以下の手順でゴムパッキンを交換していきます。

①止水栓を閉める
②スパウトを取り外す
③古いゴムパッキンを取り外す
④新しいゴムパッキンを取り付ける
⑤スパウトを取り付ける
⑥止水栓を開ける

作業をおこなう場合、水漏れを防ぐため、必ず止水栓を閉めてから作業を始めるようにしてください。

止水栓を閉めたら、モンキーレンチを使ってスパウトの根本にある固定ナットを緩め、スパウトを取り外します。

本体側にゴムパッキンが取り付けられているのが確認できるはずですので、古いゴムパッキンを新しいものに交換しましょう。後はスパウトを取り付け直して固定ナットを閉め、止水栓を開けるだけです。

これで完了となります。ゴムパッキンを交換しても水漏れが解消されない場合は混合栓が全体的に劣化している可能性が考えられますので、混合栓ごと交換する必要があります。

後ほど紹介する混合栓の交換方法を参考にしながら対応してみてください。

修理で直らない場合は混合栓を交換しよう

浴室の混合栓で発生しやすいトラブルとそれらのトラブルへの対処法について紹介してきましたが、混合栓が全体的に劣化している場合など、修理や部品の交換で対応できないケースもあります。

その場合は、修理や部品の交換ではなく、混合栓の本体を交換する形で対応しなくてはいけません

浴室の混合栓の交換はDIYで対応できる?

混合栓の交換を業者に依頼すると作業料などの人件費が発生します。

交換する混合栓の購入費も合わせると20,000円以上かかるため、人件費だけでも節約するために「どうにか自分で対応できないか」と考えている方も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、浴室の混合栓の交換は決して簡単ではありませんが、自分で交換することも可能です。交換に必要な道具を揃え、正しい手順で対応を進めれば初心者の方でも交換できます。

浴室の混合栓の交換にかかる費用を少しでも節約したいと考えている方は、DIYでの対応も検討されてみてはいかがでしょうか?

自分で対応するのが難しい場合は水道修理業者に依頼しよう

浴室の混合栓の交換はDIYでも対応可能ですが、決して簡単におこなえるようなものではありません。

シャワーが付いている混合栓となればなおさらです。対応方法を間違えてしまうと水漏れなどが発生してしまいかねません。

そのため、もし少しでも「自分で対応するのは難しそうだな…」と感じてしまうようであれば、無理に対応しようとせずに専門家である水道修理業者に対応を依頼するようにしましょう。

業者に依頼すると多少費用はかかってしまいますが、適切な方法で対処してくれます。無理に自分で対応を進めようとすると事態を悪化させてしまいかねませんので、決して無理はしないようにしてください。

浴室の混合栓の選び方

自分で混合栓を交換する場合、まずは新しい混合栓を選ばなくてはいけません。

そこで知っておきたいのが、浴室の混合栓の正しい選び方について。

間違った製品を選んでしまうと交換することができず、買い直しが必要になってしまうこともありますので、これから紹介する内容をしっかりとチェックした上で購入するようにしてください。

既存の混合栓の種類に合わせて選ぶ

浴室の混合栓には、「壁付きタイプのもの」と「台付きタイプのもの」がありますが、新しく購入する混合栓は既存の混合栓と同じ種類のものを選ぶようにしてください

別の種類の混合栓を選んでしまうと、交換できず、買い直しが必要になってしまいかねません。

壁付きタイプの混合栓は、壁に直接設置されているタイプの混合栓です。
一方、台付きタイプの混合栓は、浴槽などの台に取り付けられているタイプの混合栓となっています。

操作方法で選ぶ

浴室の混合栓は、

など、操作方法にもいくつか種類があります。

ツーハンドル混合栓は、水とお湯の量を調整するハンドルが分けれているタイプの混合栓です。
一般的な蛇口のように、ハンドルの開放具合で水やお湯の量を調整します。

シングルレバー混合栓は、名前のとおり一つのレバーですべての操作をおこなうタイプの混合栓です。
レバーの上下で水やお湯の量を調整し、左右の動きでお湯の温度を調整します。

サーモスタット混合栓は、左右のハンドルで、

を、おこなうタイプの混合栓です。
お湯の温度は自動で調整してくれます。

それぞれ特徴や価格が異なりますので、好みや予算に合わせて選ぶようにしてください。

シャワーの有無で選ぶ

混合栓の中には、シャワーが付いているものと付いていないものがあります。

混合栓の交換を検討されている方の中には、「シャワーは必要ない」と考えている方もいるかと思いますが、そういった方はシャワーが付いていない混合栓を選ぶといいでしょう。

シャワーが備わっている混合栓は便利ではありますが、シャワーが付いている分価格が高くなってしまいますし、故障する可能性も高くなってしまいます。

普段からスパウト(カラン)部分しか使用していない方にとってはシャワーは不要な設備にしかなりませんので、シャワーが付いていない混合栓を選んでみてはいかがでしょうか?

浴室の混合栓の交換方法

先ほど紹介したように、浴室の混合栓には、「壁付きタイプのもの」と「台付きタイプのもの」とがあります。

混合栓の交換方法は混合栓の種類によって異なりますので、それぞれの種類に合った方法で交換しなくてはいけません。

それぞれの混合水栓の交換方法について解説していきます。

壁付きタイプの混合栓の交換方法

混合栓が浴室の壁に取り付けられている壁付きタイプの混合栓を交換する場合、

を用意し、以下の手順で対応を進めていきます。

①止水栓を閉める
②蛇口を取り外す
③クランクを取り外す
④給水管を掃除する
⑤クランクの回転数と高さを確認する
⑥クランクにシールテープを巻きつける
⑦クランクを取り付ける
⑧蛇口を取り付ける
⑨蛇口の高さを調整する
⑩水が出るか確認する

混合栓を交換する場合、水漏れを防ぐために、まずは止水栓を閉めて水の供給を止めましょう。

次に、蛇口とクランクを接合している固定ナットをモンキーレンチで緩め、蛇口を取り外します。蛇口を取り外したら、壁に取り付けられている左右のクランクを取り外しましょう。

クランクを取り外すと給水管が確認できるようになりますが、汚れてしまっている場合は歯ブラシを使って掃除するようにしてください。

次に、クランクを取り付け、回転数や左右の高さを確認します。
回転数と左右の高さの確認が完了したら、クランクを取り外し、接合部にシールテープを巻きつけましょう。10回ほど巻きつけるようにしてください。

シールテープを巻きつけたらクランクを取り付けましょう。このとき決して逆回転させないようにしてください
逆回転させてしまうとシールテープを巻きつけ直さなくてはいけなくなってしまいます。

クランクを取り付けたら、蛇口を取り付けていきます。
ナットで固定し、蛇口の高さの微調整をおこない、水が出るのを確認できたら完了です。

台付きタイプの混合栓の交換方法

台付きタイプの混合栓を交換する場合、

を用意し、以下の手順で対応を進めていきます。

①点検口を開ける
②止水栓を閉める
③止水栓と蛇口を取り外す
④新しい止水栓を取り付ける
⑤新しい蛇口を取り付ける
⑥止水栓を開ける
⑦水が出るか確認する

台付きタイプの混合栓の場合、点検口が設置されています。混合栓が浴室に取り付けられている場合は、浴室の側面に点検口が確認できるはずです。

点検口を開けたら、まずは止水栓を閉めましょう。

次に、モンキーレンチで止水栓を固定しているナットを緩め、止水栓と蛇口を取り外します。止水栓と蛇口を取り外したら、新しい止水栓を取り付け、その上から新しい蛇口を取り付けていきましょう。

後は、止水栓を開け、水が出るのが確認できれば完了となります。

まとめ

今回ご紹介した「浴室の混合栓で発生しやすいトラブルと対処法!修理で対応できない場合の交換方法も」はいかがだったでしょうか?

浴室の混合栓は毎日のように使用する住宅設備です。家族が多い家庭だと、1日に何回も使用することになります。
そのため、どうしても部品や混合栓自体の劣化が進み、トラブルが発生するようになってしまいます。

ただ、軽度なトラブルであれば自分で修理できるので、今回紹介させてもらった内容を参考にしながら対応されてみてはいかがでしょうか?

修理や部品の交換で直らない場合は混合栓自体の交換が必要になりますが、混合栓の交換は複雑な作業になるため、自分で対応するのが難しいようであれば水道修理業者に対応を依頼しましょう。

その際は、ぜひ私たち「水道修理ルート」にご依頼ください。私たちは水道設備のことを知りつくした水道局指定の水道修理業者です。
浴室の混合水栓に関するトラブルや交換の対応実績も豊富ですので、ぜひお気軽にご相談ください。