住宅の浴室に導入されているシャワーはしばらく使い続けているとさまざまな不具合が発生するようになりますが、その中でも特に発生してしまいやすいのがシャワーの水圧が弱くなってしまうトラブルです。

実際、「最近シャワーの水圧が弱い気がする…」と感じている方も多いのではないでしょうか?
シャワーの水圧が弱くなってしまう原因はさまざまですが、対処法も原因によって異なります。

この記事では、シャワーの水圧が弱くなってしまうときに考えられる原因と対処法についてご紹介します。

シャワーの水圧が弱くなってしまう7つの原因

シャワーの水圧が弱くなってしまう原因は一つだけではありません。

シャワーヘッドに問題があるケースもあれば、給湯器に問題があるケースもあります。

「シャワーの水圧が弱い気がする…」と感じられるようになったときに考えられる7つの原因について解説していきます。

フィルターがつまってしまっている

シャワーの水圧が弱くなってしまう原因の一つ目が、「フィルターのつまり」です。

シャワーホースとシャワーヘッドの間には「ストレーナー」と呼ばれるフィルターが設置されています。
これは水道管から給水されてくる水の中の細かなゴミを取り除くために設置されているパーツですが、使い続けているうちにフィルターにゴミが溜まってしまいます。

そのゴミによって水の通り道が狭められてしまうことで、シャワーの水圧が弱くなってしまうわけです

シャワーヘッドが壊れてしまっている

シャワーの水圧が弱くなってしまう原因の二つ目が、「シャワーヘッドの故障」です。

シャワーヘッドは使用しているうちに劣化が進み、10年ほどで故障してしまいます
使用頻度が高かったりメンテナンスをおこなっていなかったりすると、5年ほどで故障し、不具合が発生してしまうようになります

そんなシャワーヘッドの故障によって発生する不具合の一つが、シャワーヘッドから出る水圧が弱くなるというものです。

シャワーヘッドの水圧が弱い

シャワーの水圧が弱くなってしまう原因の三つ目が、「シャワーヘッドの水圧」です。

シャワーヘッドを新しいものに交換したタイミングで水圧が弱いと感じるようになったのであれば、新しく導入したシャワーヘッドの水圧によるものだと考えられます。
シャワーヘッドはさまざなメーカーからさまざまなモデルが発売されていますが、安価なシャワーヘッドの中には極端に水圧が弱く設計されているものがあるため注意しなくてはいけません

そういったシャワーヘッドを導入してしまうと、当然ですが、シャワーヘッドから出てくる水の水圧は弱くなってしまいます。

止水栓が閉められ過ぎてしまっている

シャワーの水圧が弱くなってしまう原因の四つ目が、「止水栓」です。

止水栓とは、住宅の各水まわり設備に備わっている、水の供給をコントロールするための設備です。
止水栓を開けると水が供給されるようになりますし、閉めると水が供給されなくなってしまいます。

止水栓はマイナスドライバーを使って自由に開け閉めできるようになっていますが、止水栓が中途半端に閉まっていたりすると、シャワーから出る水の水圧も弱くなってしまいます

適切じゃない号数の給湯器を使用している

シャワーの水圧が弱くなってしまう原因の五つ目が、「給湯器の号数」です。

浴室で使用するお湯を沸かすための住宅設備である給湯器には、号数が設定されています。
これは、給湯器のお湯を沸かす能力を数値化したものです。

号数が大きければ大きいほどお湯を沸かす能力が高くなり、一度により多くのお湯を沸かせるようになります。
家族の人数が多い家庭やお湯を頻繁に使用する家庭で号数の低い給湯器を使用していると、お湯の量が足りず、シャワーから出るお湯の水圧が弱くなってしまうことがあります

初期のエコキュートを導入している

シャワーの水圧が弱くなってしまう原因の六つ目が、「エコキュート」です。

電気を使ってお湯を沸かす給湯器として人気を集めているエコキュート。
最近のエコキュートにはそういったデメリットはありませんせんが、初期のエコキュートには水圧が弱いというデメリットがあります。

そのため、住宅に導入されているエコキュートが初期のモデルである場合、シャワーの水圧が弱くなるなどの不具合が発生してしまう可能性があります

住宅の水を引き込む力が弱い

シャワーの水圧が弱くなってしまう原因の七つ目が、「住宅の水を引き込む力」です。

など、住宅の水道管まわりの構造は住宅によって異なります。

住宅を建設する場合、水を引き込む力をきちんと計算した上で建設されますが、まれに水を引き込む力が極端に弱い住宅があります
そういった住宅では、シャワーの水圧が弱くなってしまうなどの不具合が発生してしまいがちです。

「水圧が弱い…」と感じる場合に実践したい7つの対処法

実際に「シャワーの水圧が弱い」と感じる場合にとれる対処法はいくつかあります。

シャワーの水圧に異常を感じるようになってしまった場合に実践してほしい7つの対処法について解説していきます。

フィルターを掃除する

シャワーの水圧が弱いと感じるようになったときは、シャワーホースとシャワーヘッドの間にあるフィルターを掃除しましょう。

フィルターにゴミがつまってしまっていることで水圧に影響が出ている場合、掃除によって水圧が戻る可能性があります
シャワーヘッドは、種類にもよりますが、回して取り外せるタイプのものがほとんどです。

取り外すとフィルターが視認できるようになるので、取り外して歯ブラシなどで洗浄しましょう。

シャワーヘッドを買い換える

シャワーヘッドのフィルターを掃除しても問題が解消されない場合、シャワーヘッドの故障シャワーヘッドの性能の低さが関係している可能性があります。

ホームセンターや通販サイトでシャワーヘッドを購入して取り替えましょう。
安価なシャワーヘッドを購入すると、また同じようなトラブルが発生する可能性があるため、メーカーや口コミを確認しながら購入するようにしてください

止水栓を調整する

止水栓が中途半端に閉められてしまっていることによってシャワーの水圧が弱くなってしまっている場合は、止水栓を調整することによって問題が解決される可能性があります。

マイナスドライバーを用意し、止水栓を調整しましょう
中途半端に閉まっている場合、めいいっぱい開放すれば水圧が通常通りに戻るはずです。

給湯器を買い換える

給湯器の号数が家族の人数や使用頻度に合っていない場合は、号数の大きな給湯器への買い替えを検討しましょう。

号数の大きな給湯器は沸かせるお湯の量が多いので、お湯の量が足りずに水圧が弱くなってしまうことがありません
給湯器の設置は難しい工事になるので、購入した店舗や業者に依頼するようにしてください。

エコキュートを買い換える

先ほど紹介させてもらったように、初期のエコキュートは水圧が十分でない場合があります。

そのため、住宅に導入されているエコキュートが初期のものである場合は、エコキュートの買い替えを検討してみてください

住宅の管理者や所有者に相談する

シャワーヘッドや給湯器などに問題があるわけでなく、住宅の水を引き込む力が弱いことでシャワーの水圧に問題が生じてしまっている場合、自分で対処することはできません。

住宅の管理者や所有者に相談し、対応してもらうようにしましょう

まとめ

今回ご紹介した「シャワーの水圧が弱くなってしまう7つの原因と対処法」はいかがだったでしょうか?

「シャワーの水圧が弱い」と感じるようになってしまう原因はさまざまです。

ただ、シャワーヘッドのフィルターを掃除したり新しいものに買い換えるなど、自分でおこなえる対処法もいくつかあります。
今回紹介した内容を参考にしながら、無理のない範囲で対処してみてください。

紹介させてもらった対処法を試してみても問題が解消されない場合、建物自体の水を引き込む力が弱い可能性もありますが、給水管などの水道設備に不具合が発生している可能性もあります。
そのため、一度水道修理業者に点検を依頼し、必要であれば対応してもらうようにしましょう。

その際は、ぜひ私たち「水道修理ルート」にご依頼ください。私たちは水道設備のことを知りつくした水道局指定の水道修理業者です。
シャワーの水圧が弱いなどの水道トラブルに迅速に対応させていただいておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。