毎日使用するトイレの水が逆流していると、とても焦りますよね。

トイレの水はいわゆる汚水だからこそ、早めに解決しないと溢れて床が水浸しになって悲惨無事になってしまいます。

そこでこの記事では、トイレの水がなぜ逆流するのか?どう解決するべきなのか?について、詳しく解説していきます。ぜひ最後まで読んでください。

トイレの水が逆流する原因って?

トイレの水が逆流する原因はいくつかありますが、その中でも原因としてよくある3つをご紹介します。

便器の奥でのつまり

排水管に入る前の便器の排水路はかなり狭いため、トイレットペーバーを一度に大量に流すとつまってしまい、水が逆流してしまいます。

トイレットペーパー以外にも、

などがつまりの原因として多いです。加えて節水型トイレの場合だと1回の使用で流れていく水が少ないので、特に上記が原因でつまりやすくなってしまいます。

排水管内でのつまり

先ほど消化した「便器の奥でのつまり」と似ていますが、トイレットペーパーや便、異物などが排水管に入り込んだことにより、つまってしまうこともあります。

最初は便器の奥で詰まっていたものを、トイレの水が逆流した焦りで無理に水で流そうとして、奥に入り込んでしまうパターンが多いです。

土砂災害や豪雨による水の逆流

土砂災害や豪雨などの自然災害により排水処理が追い付かなかったり、マンホールに大量の土砂が大量に入り込んだりすることで、トイレや浴室の排水口から水が逆流してくることがあります。

トイレの水が逆流しているのを放置すると起こること

水の逆流を放置すると、トイレが逆流した汚水によって水浸しになってしまい、それが廊下などの他の空間に広がっていきます。

水浸しになることで、床材の腐食が起こりやすくなったり、家中に下水の臭いが染みついてしまう可能性があり、それを直そうとすると莫大な費用がかかってしまいます。

さらに賃貸物件の場合は、下のフロアに浸水してしまう可能性があり、それにより階下の住人に被害があった場合は賠償責任が発生します。

大量の水が逆流した場合は、ただちに水道修理業者に連絡して早急に対処しましょう。

トイレの水が逆流した時の対処方法

自力で対策する方法

■ラバーカップを使った方法

ラバーカップ

事前に以下のものを用意してください。

ラバーカップは和式用・洋式用・節水型トイレ用の3種類ありますので、ご自宅のトイレに合わせたタイプを使用しましょう。

1.ラバーカップを便器の穴にゆっくり押し込み、素早く引き抜く。

2.1度で解消されなければ、数回繰り返す。

3.引っこ抜いた後、水位が下がれば詰まりは解消されているので、水を少しずつ流して問題なければ完了。

水に溶けない異物を流してしまった際は、ラバーカップでは解決できないので水道修理業者に依頼してください。

■ワイヤーブラシを使った方法

事前に以下のものを用意してください。

ワイヤーブラシはホームセンターやネットで購入できます。購入するものは、ある程度長くて硬い物を選びましょう。

1.ワイヤーブラシの先を便器の奥に挿入。

2.ハンドルを押し込みながら回し、ワイヤーブラシの先が異物にぶつかったら崩すように回す。

3.水位が下がる=異物が崩れたことなので、少しずつ水を流す。

4.解消できていれば正常に水が流れるので完了。

■お湯+重曹+お酢を使った方法

事前に以下のものを用意してください。

1.重曹→お酢→お湯の順番でゆっくり便器に流し入れる。

2.1時間ほど放置。

3.バケツに水を入れて便器に注ぎ、正常に流れるか確認。

水道修理業者に依頼する方法

排水管のつまりを自力で対処することはできなくもないですが、誤った方法をとってしまった場合、直らないどころか悪化する可能性があります。また、自然災害による水の逆流も同様です。

水回りの専門知識と水道修理専門の道具を有した水道修理業者にしっかり原因を究明してもらい、スピーディーに解決してもらいましょう。

トイレの水が逆流してお困りの方は『水道修理ルート』にご相談ください

トイレの水の逆流をご自分で直すことができる場合もありますが、逆流の原因は目で確認できないところにあるので、下手に手を加えて悪化させてしまう可能性があります。

なので、トイレの水が逆流してお困りの方は、経験豊富な有資格者が多数在籍しており、水道局認定工事店である『水道修理ルート』にお任せください。

『水道修理ルート』では、業者に依頼することに不安を感じている方や依頼したこと自体がない方のために、

など、気軽にご利用できるシステムとなっております。また、その他の水トラブルの修理・解決や漏水調査(点検)も行っているので、合わせてご利用ください。

水道修理ルートの料金をチェック!