糖尿病や血圧の薬を飲んでいると、トイレが詰まりやすくなることをご存じでしたか?

もし、これらの薬を常用していていてトイレのつまりに悩まされているのであれば、根本的な対策を考えることが必要です。

そのためには原因についても把握する必要があります。また、糖尿病や血圧の薬以外にも同様の症状が生じることがあります。

何かの薬を服用し始めてからトイレが詰まりやすくなったと感じる方には、今回の記事が参考になるでしょう。

この記事では、21年間で100万件以上の水回りに関する相談実績のある水道修理ルートが、薬でトイレが詰まりやすくなっている場合の原因と対策を解説します。

皆様のおかげで 創業21
累計100万件以上のご相談を頂戴しております!

お急ぎの方は
お電話
ください!

水漏れ・つまり・修理 お電話一本ですぐにお伺いします!

通話料無料 0120-579-007

※水道事務局(クリーンライフ)に繋がります

【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円

ご相談無料!何でもお気軽にご相談ください!
【受付時間】24時間365日対応 | お見積もり0円 | 出張費0円 | 深夜割増0円 通話料無料 0120-579-007

タップ
電話する

※水道事務局(クリーンライフ)に繋がります

糖尿病・血圧の薬でトイレが詰まりやすくなる原因

糖尿病・血圧の薬を飲んでいることでトイレが詰まりやすくなるということは、イメージしづらいことかもしれません。
しかし、それには理由があります。

まずは、薬を服用することがトイレのつまりにつながる理由をわかりやすく解説します。

薬の作用によって排泄物の性質が変わる

糖尿病や血圧の薬を服用していると、便の性質が変わり、粘りが強いものとなります。

通常の便であればトイレの水流で十分に流れますが、粘度の強い便は便器のトラップ部分や排水管などに少しずつ付着して、固まります。
その結果、徐々に水が流れにくくなり、最終的にトイレを詰まらせてしまうということです。

ポイントは、徐々に排水路などにつまりが生じるという点です。
薬を服用していてトイレが詰まる頻度が増えたという方は、根本的な原因を解決するために専門の水道修理業者に点検の相談をされるとよいかもしれません。

水回りの機器・状況によって余計につまりやすくなることも…

薬の服用によるトイレのつまりは、もしかすると近年のトイレ事情による可能性があります。
近年のトイレ機器は、従来のトイレ機器よりも節水機能のために流水量が少ないためです。

もちろん、トイレの機器はメーカーが専門的な研究やデータに基づいて設計しているのですが、ご家庭の住宅事情や水回り機器の設置状況などによっては水量が少ないことのマイナスの側面が現れることもあります。

トイレ機器による問題は、根本的な事情というわけではありませんが、つまりの要因になることは間違いないので把握しておきましょう。

糖尿病・血圧の薬でトイレのつまりを繰り返すことの問題点

糖尿病や血圧の薬を服用していてトイレのつまりが生じたとき、ラバーカップでその都度対処されている方も多いのではないでしょうか?

あるいは、そのつど、水道修理業者を手配している方もいらっしゃるでしょう。

しかし、トイレのつまりが何度か起こっている方は、根本的な対策を考える必要があります。この章では、薬によるトイレのつまりが繰り返されることの問題点を解説します。

つまりが常態化する

トイレのつまりの根本的な問題が解決しないままの状態でいることは、つまりの常態化を招きます。

薬を常用する方がトイレを詰まりやすくさせてしまうのは、便の粘度が高く排水路やトラップ部分に付着してしまうことなので、排水路に付着して固まっている部分を除去しなければつまりを繰り返してしまいます

付着部分がどんどん蓄積していくため、詰まる度に重度になり頻度も増えることが多いです。最終的には、ラバーカップでは解消できないレベルのつまりが生じるでしょう。

つまりが発生するたびに手間・費用がかかる

ラバーカップで簡単に解消できているうちはまだそれほど深刻に考えられないかもしれませんが、重度なつまりをラバーカップで対処刷るには手間・時間がかかります。
それでも対処できない場合には水道修理業者を依頼するための費用がかかります。

水道修理業者を手配した際に根本的な問題を確認して対処してくれる業者であればよいのですが、表面的な対処しかされなかった場合お金を払って修理をしてもらっても、症状が再発する可能性が高いです。

その場その場での対応を繰り返していると、結果的には費用も手間も大きくなります。

糖尿病・血圧の薬によるトイレつまりの対策

薬によるトイレつまりの対策は、できるだけ迅速な対応をとることと根本的な問題解決を図ることです。
また、現実的な問題としてできるだけ費用をかけないことを意識されている方も多いのではないでしょうか。

この章では、糖尿病・血圧の薬によるトイレつまりの対策を解説します。

日常の対策

薬を服用している際にはトイレが詰まりやすくなることをふまえて、日常的に以下の点を意識してください。

これらの基本的な対策を意識することで、トイレつまりのリスクを小さくすることができます。

これらは、薬を服用していない方にとっても有効であり、費用や手間を掛けなくてもできることなので、ぜひ実践してください。

ご自身でのトイレつまり対応

注意していてトイレが詰まってしまったときは、ラバーカップを使用してください。

つまりの程度や状況にも寄りますが、大半のトイレのつまりはラバーカップにて対応可能です。
ラバーカップの種類は複数ありますが、品質面で安心できるものとしてはホームセンターで販売されているものがオススメです。

ただし、トイレつまりを繰り返している場合やラバーカップでは解消できない場合もあります。

プロの業者を手配する

ご自身での対応が難しい場合には、プロの業者を手配しましょう。
トイレつまりの項目としては、軽度であればローポンプ・重度であれば高圧洗浄や便器の取り外しの対応が必要になります。

価格相場と所要時間目安
トイレのつまりを依頼する場合の価格相場と所要時間目安は、以下のとおりです。

作業項目 価格相場 所要時間
ローポンプ・高圧ポンプ使用 5,500円~ 30~60分
ドレンクリーナー使用 16,500円~ 30~60分
高圧洗浄使用 27,500円~ 30~120分

あくまでも目安であり、状況・程度・業者の価格設定などにより料金も所要時間も変動します。

業者選びのポイント

業者選びのポイントは、適切な料金でその場しのぎではない適切な対応をしてくれる業者に依頼することです。

安心して依頼できる業者のポイントは以下のとおりです。

原因・作業内容・今後のトイレの使用法のアドバイスなどを確認することで、再発予防にもつながります。

業者の点検依頼

古いトイレを使用していたり、トイレつまりを繰り返したりしているご家庭では、プロの業者に点検を依頼されることをオススメします。
排水路の奥につまりや部品の変形などが生じている可能性があるためです。

点検のメリットは、以下のとおりです。

もし、トイレ修理を過去に依頼されたことがあれば、業者によっては無料のアフター点検に対応している場合もあります。

トイレつまりを繰り返しているときには原因がわからなくて不安になる方も多いのですが、一度プロの業者に見てもらうことで安心感を得られるでしょう。

水回りのリフォームなどの相談をした方がよいケースも

糖尿病や血圧の薬による影響に加えて、トイレ機器の型番や住宅事情などがトイレを詰まり安くさせている場合は、水回りのリフォームを含めた根本的な解決策を考えた方がよい場合もあります

あるいは、住宅を使用しているうちに設備や部品が劣化していることもあるでしょう。

どのような解決策がベストなのかはそれぞれの住宅事情・状況・対応にかけられる予算などによって異なります。

きっかけは薬による詰まりだったとしても、トイレのつまりはさまざまな要因が絡んだ上での結果です。
だからこそ、なおさら提案力が高く親身な対応をとっている業者に依頼しましょう。

薬によるトイレのつまりで困ったときベストな業者は水道修理ルート

トイレのつまりが繰り返されるようになったとき、もし糖尿病や血圧のお薬を飲まれているのであれば、薬による影響で詰まりやすくなっている状況が考えられます

トイレのつまりをその都度対処することももちろん重要なのですが、より大切なことは根本的な問題を解決することです。

そこで、オススメしたいのが当社水道修理ルートによる水道修理サービスです。
当社は、創業以来100万件の水回り相談実績や有資格者による高い技術力をベースに、お客様の水回りトラブルを根本的に対処することを重視しています。

トラブルの原因をしっかりと究明して、作業員がお客様にできるかぎり分かりやすくお伝えしたうえで、お客様の意向を確認しながらベストな対策を施します
お客様の不安をあおったり、応急処置的な対応のみを一方的におこなうことはないので、ぜひ安心してご相談ください。

当社にご依頼いただいた場合のトイレつまり工事の料金は5,000円~です。
状況に応じて分かりやすく料金をお見積もりいたしますので、ぜひ気軽にご相談ください。
無料での電話相談にも対応しています。