「洗濯機の蛇口から水が漏れている!」
突然こんなトラブルに見舞われると、かなりあせってしまいます。

マンションなどの集合住宅では、階下に水漏れさせてしまうと大変なことになります。
状況によっては損害賠償が発生する可能性も否定できません。

そんなことになってしまわないためにも、水漏れを発見したときの対処方法を知っておくのは大切なことです。

ここでは、洗濯機の蛇口から水漏れを見つけた場合にまずするべきこと、考えられる水漏れの原因についてお伝えします。
また、自分で修理できるのか、事前に防ぐことはできるのかについてもあわせて解説します。

洗濯機の蛇口の水漏れを見つけたらまずするべきこと

水漏れを発見したら、どういう手順で何をすれば良いのでしょうか。
一番大切なのは、被害を拡大させないことです。

蛇口と元栓を閉める

被害を抑えるためには、水を止めることを第一に考えなければなりません。

激しく水が漏れている場合は、蛇口を閉めて水の元栓も閉めるのが最優先です。
これで水漏れが食い止められ、落ち着いて対処できるようになります。

水漏れ箇所を確認する

次に、蛇口のどこから水漏れしているかを確認しましょう。
水が漏れている箇所によって、その後の対処方法が変わります。
激しく水漏れしていない場合は、水漏れ箇所を確認した後に元栓を閉めても良いでしょう。

どこからの水漏れ?原因と対処方法

洗濯機用の蛇口の水漏れ箇所の多くは、下記の4か所です。

ニップルから漏れている

蛇口と洗濯機の給水ホースをつなげている部品を、ニップルと呼びます。
ニップルからの水漏れで圧倒的に多いのは、万能水栓(いわゆる普通の蛇口)に4本のねじで止めるタイプのニップルがついている場合です。

また、蛇口の先に直接ホースを差し込んでつなげられるニップルでも、水漏れが発生することがあります。

ニップル部分から水漏れしているときには、おもに2つの原因が考えられます。

取り付け部分のねじが緩んでいる場合は、ねじを増し締めすれば漏れはおさまります。
ねじを締めても漏れが止まらない場合は、ニップルのパッキンが劣化していることが原因です。

パッキンが劣化している場合は、パッキンを交換すれば水漏れは止まります。

長く使用してニップルが劣化している場合は、ニップルを交換するのも一つの方法です。
もし、パッキンやニップルを交換しても水が漏れる場合は、蛇口側に原因がある可能性が考えられます。

そんなときは蛇口の交換をするか、よくわからなければ水道工事の専門業者に聞いてみましょう。

ハンドルから漏れている

蛇口のハンドルの所から水がしみ出しているときは、ナットの緩みか蛇口内部のパッキンに原因があります。

ナットを締めなおすかパッキンを交換すれば、水漏れはおさまります。
ナットを強く締め、パッキンを正しく交換しても漏れがおさまらない場合は、蛇口そのものが劣化している可能性が高いです。

その場合は自分で判断せず、プロである水道工事専門業者の判断を仰ぐのも良い方法です。

吐水口から漏れている

水栓の本体と吐水口のすき間から水が出ているケースも、ナットの緩みか内部のパッキンの劣化が考えられます。

これもナットを増し締めするかパッキンを交換することで、漏れを止められます。
それでも止まらなければ、蛇口の本体の不具合が原因です。

蛇口の付け根から漏れている

蛇口と壁の間からの水漏れが見つかったら、原因は蛇口の取り付け部分が疑われます。
ねじ込み部分のシールテープが劣化し、漏れが発生していることが多いです。

ねじ込まれた蛇口を外して、シールテープを巻きなおして締めなおすと改善します。
作業に不安があれば、迷わず水道工事の専門業者に連絡しましょう。

洗濯機の蛇口の水漏れ修理は自分でできる

蛇口からの水漏れを見つけた場合、自分で修理はできるのでしょうか?
結論からいえば、多くの場合は修理可能です。

道具と部品があれば大丈夫

蛇口の修理は、道具と部品さえあれば簡単なものなら自分で修理できます。

これだけの道具がそろっていて、交換する部品があれば、たいていの修理はDIYで可能です。
よくある水漏れ箇所の修理手順を紹介します。

万能水栓についている四つねじニップルの交換

(1) 水の元栓を閉める
(2) 固定されているニップルのねじを緩めて外す
(3) 新しいニップルを取り付ける
(4) ねじが均等に閉まっていなければまた水漏れするので、テストしながら均等に閉める

四つねじニップルは、吐水口の先がパッキンに均等に当たっていないと水漏れします。
取り付けたら、漏れていないか確認しながら作業しましょう。

ハンドル部分のパッキンの交換

(1) 水の元栓を閉める
(2) ハンドル上部のカラービスを外し、ハンドルを抜く
(3) その下のナットを外し、三角パッキンを外す
(4) 本体についている座金とスピンドル(ハンドルがついていた所)を回して外す
(5) 中に入っているコマパッキンを交換する
(6) 座金とスピンドルを戻し、新しい三角パッキンを取り付ける
(7) ナットとハンドルを戻す
(8) 通水して漏れがないかチェックする

ハンドル部分のパッキン交換は、それほど難しくはありません。

三角パッキンとコマパッキンは、どちらか一方が悪い場合でも同等の劣化が進んでいると考えられますので、できれば両方まとめて交換した方が良いです。

また、パッキンが劣化している場合は、硬くなって取れにくい場合があります。
その場合は、ラジオペンチなどでつかんで引っ張ると良いでしょう。

水栓本体と吐水口の接続部分のパッキン交換

(1) 水の元栓を閉める
(2) 吐水口部分のナットを緩め、水栓の本体から取り外す
(3) 中のパッキンを交換する
(4) すべて元に戻す
(5) 通水して漏れがないかチェックする

こちらも作業としては難しいものではありません。
ねじを締める際に、力ずくで回してねじ山をつぶしてしまわないように注意が必要です。

蛇口の取り付け部のシールテープ交換

(1) 水の元栓を閉める
(2) 蛇口を反時計回りに回して取り外す
(3) 給水管の中をきれいに掃除する
(4) 蛇口についた古いシールテープをきれいに掃除する
(5) 蛇口のねじ部分に新しいシールテープを巻く
(6) 蛇口を元通りにねじ込む
(7) 通水して漏れがないかチェックする

蛇口を外した際に、給水管と蛇口のねじ部分にごみが残っていると漏れの原因になります。
古いシールテープなどは、必ずきれいに取り除くことが大切です。

シールテープの巻き方ですが、時計回りに10回程度巻いていきます。
均等に巻けていない、巻きが足りない、巻きすぎ、巻く方向が反時計回りになっている、これらが原因でねじ込んだ際に水漏れが改善しない場合があります。
また、ねじ込む際にねじ山をつぶしてしまうと、給水管の修理が必要です。

自分で修理するときは、リスクはすべて自分で負うことになるのを忘れてはいけません。

賃貸なら大家さんに確認する

賃貸の場合は、設備の所有者は貸主になります。
まずは、管理会社や大家さんに連絡するのが先決です。

先に連絡をすることで、費用負担はどうするかなどさまざまな相談ができます。

急いで対応しなければならないときや、「そちらで何とかしてほしい」といわれた場合は、自分で修理するか水道修理専門業者に連絡しましょう。

不安なら水道修理専門の業者に頼む

蛇口に合う部品がわからなかったり、破損させてしまうかもと考えたりと、自分で修理するのは不安だという方もかなり多くいらっしゃるのではないでしょうか。

また、自分で修理しようとしても、蛇口のねじがさびて回せないなどのトラブルになることもあります。

そんなときは、水道修理専門業者に連絡してみてください。
特に急を要する場合は、早急に対処してもらえることが多いです。

自己判断できないときは、プロである水道修理専門の業者に頼りましょう。

洗濯機の蛇口の水漏れを未然に防ぐには

蛇口の水漏れは、いつ発生するか予測がたてられません。
そのため、事前に予防できる対策はできるだけ取っておいた方が良いでしょう。

自動止水機能がついたニップルに取り替える

たとえば、不在時に何らかの原因で洗濯機のホースが外れてしまうと、水を止められないので最悪の事態を招く可能性があります。

それを防ぐのが、自動止水機能がついたニップルです。
吐水口の先に水漏れ防止のストッパーがついており、万が一ホースがはずれた際の事故を防げます。

交換手順は、次の通りです。

(1) 水の元栓を閉める
(2) 吐水口部分のナットを外し、吐水口を取り外す
(3) 自動止水機能が付いたニップルを取り付ける
(4) ナットを戻して締める
(5) 通水して漏れがないかチェックする

吐水口部分が外れる蛇口であれば、交換はそれほど難しくはありません。
念のための保険として、交換しておくのをお勧めします。

吐水口が固定されている蛇口であれば、蛇口本体を交換しなければなりません。
よくわからなければ、水道修理の専門業者に聞いてみるのも良いかと思います。

賃貸住宅の場合は、大家さんか管理会社に交換しても良いかまず聞いてみましょう。
退居する際に原状復帰を求められるかもしれませんので、外した吐水口は保管しておきます。

蛇口はこまめに閉める

洗濯機の蛇口は、常に開けっ放しという方が大半なのではないでしょうか。

洗濯機を使用しないときは、こまめに蛇口を閉めておくだけで、不在時に大量に水が漏れる事故を防げます。
また、蛇口を毎回触ることで細かい異変に早く気付けて、不具合が大きくなる前に対策がうてます。

使わないときは蛇口を閉める、これを習慣化しましょう。

まとめ

水漏れを見つけた際の対処方法と主な水漏れ箇所の修理方法、水漏れを事前に防ぐ方法について解説しました。
水漏れを発見した時にあせってしまい、被害を大きくしてしまうのはできるだけ避けたいものです。

事前に対処方法を知っているだけで、落ち着いて対処できます。
あわてないでまずは水を止める、これを必ず実行してください。

また、水漏れ箇所が自分で修理できなさそうなら、被害が大きくなる前に専門業者にお願いして対処してもらいましょう。