「トイレの水の水位が低いかも…」「トイレの水がない」などトイレの水の変化に気づいた方は、レバーは回せば水が出るからと放置せずに、早めの対処をしましょう。

そこでこの記事では、トイレの水がなくなる原因と放置するリスク、対処方法について詳しく解説していきます。ぜひ最後まで読んでくださいね。

トイレの水がなくなる原因とは?

トイレの水がなくなる原因は主に3つです。原因によってはすぐに対処できる場合もあれば、水回りの専門業者に依頼しなければいけない場合もあります。

長時間の未使用

家を長期間空けたりなどでトイレをしばらく使用していないと、トイレの水が蒸発してなくなってしまいます。特に夏だとトイレ内の気温が高くなるので、トイレの水の蒸発は顕著です。

水が蒸発していたせいでトイレに溜まった水(封水)がなくなった場合は、一度水を流すことで簡単に対処できます。

毛細管現象

トイレの排水管はくねくねと曲がった形状をしていて、それによりトイレの水を溜めることができます。しかしそれに反して、汚れも溜まりやすいです。

そして毛細管現象と呼ばれる、排水管内の汚れのせいで少しずつしか水が流れ行かない現象が起き、トイレの水の水位が低くなってしまいます。

排水管の気圧の変化

主にマンションなどの集合住宅で起きる現象で、上の住人が大量の水をトイレに流すことで排水管内の気圧が変化し、封水が排水管に引っ張られて水がなくなってしまいます。

設備の劣化や設計ミスが原因なので、水回りの専門業者に依頼して排水管内の気圧を安定化させる工事が必要です。

トイレの水がなくなった状態を放置するリスク

トイレの水(封水)がなくなると、排水管の臭いがそのまま上がってきてしまい、トイレが下水の臭いで蔓延してしまいます。

また、つまりが原因で水がなくなっている場合は、いずれトイレの汚水が逆流して床が水浸しになったり、階下漏水などのリスクもあります。

放置せず次に紹介する対処方法で確実に直しましょう。

トイレの水がなくなる時の対処方法

長時間家を空けたことで封水が蒸発している場合は、水を流すことで簡単に解決できます。それ以外の「毛細管現象」や「排水管の気圧の変化」が原因でトイレの水がなくなる場合は、以下の方法で対処しましょう。

ラバーカップ

ラバーカップ

ラバーカップは和式用・洋式用・節水型トイレ用の3種類あるので、購入する際はご自宅にあった物を選びましょう。ラバーカップを購入したら手順は以下の通りです。

1.バケツに水を入れて、ラバーカップの先が水に浸かるほど便器に流す

2.ラバーカップを便器の穴にゆっくり押し込み、素早く引き抜く

3.1度で解消されなければ、数回繰り返す

4.水を少しずつ流して問題なければ完了

上記で直らない場合は水道修理業者に依頼

つまりの原因が異物であったり、頑固な詰まりとなっている、その他設計ミスが原因の場合は自分で対処することは困難です。

高度な水道工事が必要なこともあるので、水回りの専門知識を有した水道修理業者に依頼してください。

トイレの水がなくなることでお困りの方は『水道修理ルート』にお任せください

先ほどお伝えした通り、つまりの原因が異物であったり、頑固な詰まりとなっている、その他設計ミスが原因の場合は水道修理業者に依頼する必要があります。

その際は、経験豊富な有資格者が多数在籍しており、水道局認定工事店である『水道修理ルート』にお任せください。

『水道修理ルート』なら、

など、高額請求に不安な方やなるべく費用を抑えたい方、急な水回りのトラブルでお困りの方にとって気軽にご利用できるシステムとなっております。

水道修理ルートの料金をチェック!

またその他にも、漏水調査やその他水道関連の修理も受け付けており、修理・工事中の不測の事態にも対処いたしますので、自力での解決が難しい場合は安心してお任せください。