住宅のトイレは毎日何度も利用する住宅設備ということもあり、何かとトラブルが発生してしまいがちです。

そして、特によく発生してしまいがちなのが、トイレの床の水濡れです。
特に水を飛び散らせてしまったりしたわけでもないのにトイレの床で水濡れが発生する場合、トイレに不具合が生じている可能性があります。

この記事では、トイレの床で水濡れが発生するようになってしまったときにチェックするべきポイントと、水濡れが発生してしまったときの対処法についてご紹介します。

トイレの床で水濡れが発生するときにチェックするべき5つのポイントと対処法

トイレの床で水濡れが発生するようになってしまった場合、床が水で濡れてしまう原因をハッキリさせなくてはいけません。

そのためにチェックするべきなのが、

の、5ヶ所です。

それぞれのチェックポイントについて詳しく解説していきます。

便器

トイレの床で水濡れが発生してしまっている場合、まず確認したいのが便器からの水漏れです。

便器は耐久性の高い住宅設備ですが、長年使用していると劣化してヒビが入り、そこから水漏れが発生してしまうことがあります。
その場合、便器からの漏れた水が床に付着し、床の水濡れを発生させてしまうわけです。

便器と床の設置部分

トイレの床で水濡れが発生してしまっている場合、便器と床の設置部分からの水漏れによる影響も考えられます。

便器や便器の排水管が劣化した場合に発生してしまいがちなのが、便器と床の設置部分からの水漏れです。
また、便器の設置方法に不備があるときもこういった不具合が発生してしまうことがあります。

タンク

一般的なトイレには排泄物を流すための水を貯水しておくタンクが設置されていますが、タンクからの水漏れによって床の水濡れが発生してしまうケースもあります。

トイレのタンクは便器と同じく耐久性の高い住宅設備ですが、長らく使用しているとどうしても劣化が進んでヒビ割れなどが生じ、水漏れが発生してしまいやすくなります。
その場合、タンクから漏れた水がトイレの床に落ち、水濡れを発生させてしまうわけです。

タンク周辺の床に水濡れが発生する場合は、タンクからの水漏れを疑った方がいいと言えるでしょう。

給水管

便器やトイレのタンクに水を供給する給水管

この給水管も、長年使用していると劣化が進み、水漏れが発生するようになります。
給水管の中には水漏れを防ぐためのゴムパッキンが入っていますが、このゴムパッキンが劣化して水漏れを発生させてしまうケースもあります。

給水管の劣化やゴムパッキンの劣化によって水漏れが発生すると、その水が床に落ち、水濡れを発生させてしまうようになります。

ウォシュレット

トイレにウォシュレットを設置しているお宅も多いかと思いますが、そのウォシュレットに不具合が生じ、水漏れが発生するケースもあります。

ウォシュレットはプラスチック製ですし、給水管から水が供給される仕様になっているため、水漏れが発生する可能性は十分に考えられます。

トイレの床の水濡れは「結露」や「尿」が原因の場合も

トイレの床で水濡れが発生するようになってしまった場合にチェックするべき5つのポイントについて紹介してきましたが、トイレの床の水濡れは設備の不具合以外でも発生する可能性があります。

梅雨の時期や冬の時期に暖房を入れていたりすると窓際で発生する結露はタンクや便器で発生することもありますが、その場合、結露によって発生した水滴が床に落ち、水濡れを発生させてしまいます。

また、意外と盲点になってしまいやすいのが尿の飛び散りです。
男性は立ったまま排尿してしまいがちですが、立ったまま排尿するとどうしても尿が飛び散って床に付着し、水濡れのような状態を発生させてしまいやすくなります。

【原因別】トレイの床の水濡れへの対処法

トイレの床の水濡れは、

のいずれかに原因があるケースがほとんどだと解説してきました。

実際それらの設備に不具合が見られる場合の対処法について解説していきます。

便器から水漏れが発生しているときの対処法

便器からの水漏れによって床で水濡れが発生している場合は、ヒビ割れてしまった便器を交換しなくてはいけません。

便器のヒビ割れはパテで補修できますが、パテでの補修はあくまで応急処置でしかありません。
またいつ便器から水漏れが発生してもおかしくありませんので、業者に依頼し、便器を交換してもらうようにしましょう。

便器と床の設置部分から水漏れが発生しているときの対処法

便器と床の設置部分からの水漏れによって床の水濡れが発生してしまっている場合は、劣化した便器の交換や配管の修理をおこなわなくてはいけません。

また、設置の不備によって水漏れが発生してしまっている場合も便器を外して設置状態などを確認しなくてはいけません。
そのため、自分での対応は難しく、専門家である水道業者に依頼し対応してもらう必要があります

タンクから水漏れが発生しているときの対処法

タンクからの水漏れはタンクのヒビ割れが原因となっているケースがほとんどです。
タンクのヒビ割れも便器のヒビ割れ同様パテで補修できますが、応急処置にしかなりません。

水道修理業者に連絡し、タンクの交換などの方法で対応してもらうようにしましょう。

給水管から水漏れが発生しているときの対処法

トイレの給水管からの水漏れが原因で床で水濡れが発生している場合、ゴムパッキンの交換であればDIYでの修理も可能です。

を用意し、以下の手順で対応しましょう。

1、止水栓を閉める
2、固定ナットを緩める
3、給水管を取り外す
4、ゴムパッキンを取り替える
5、給水管を取り付ける
6、固定ナットを締める
7、止水栓を開ける

まずトイレの給水管の止水栓を閉めましょう。
止水栓を閉めたら給水管の下にバケツを用意します。

次に、モンキーレンチを使って給水管とタンクを接合している固定ナットを緩め、給水管を取り外しましょう。
取り外した給水管の先端部分にゴムパッキンが設置されているはずですので、新しいものと取り替えてください。

ゴムパッキンを取り替えたら給水管を取り付け直し、固定ナットをしっかりと締め直しましょう。
後は止水栓を開け、タンクに給水される状態に戻すだけです。

給水管の交換は新しい給水管を選ぶ必要がありDIYでの対応が難しいので、業者に依頼するようにしましょう

ウォシュレットから水漏れが発生しているときの対処法

ウォシュレットから水漏れが発生している場合はウォシュレットの修理や交換が必要になります。

ウォシュレットは精密機械で自分で修理できるようなものではありませんので、メーカーや修理業者に連絡し、修理してもらうようにしましょう
また、ウォシュレットの交換も対応が複雑ですので、この場合も業者に対応を依頼するようにしてください。

まとめ

今回ご紹介した「トイレの床で水濡れが発生するときにチェックするべきポイントと対処法」はいかがだったでしょうか?

トイレの便器やタンクなどの設備は消耗品であるため、しばらく使い続けているとどうしても不具合が発生してしまうようになります。
そのため、それらの設備の劣化によってトイレの床の水濡れが発生するのは決しておかしなことではありません。

実際にトイレの床が水で濡れるようなトラブルが発生した場合は、5つのポイントをチェックし、おかしな部分が見られるようであれば紹介した対処法で対処するようにしてください。

ただ、発生の原因によっては自分で対処するのが難しい場合もあります。その際は、無理に自分で対応しようとせず、専門家である水道修理業者に対応を依頼するようにしましょう。

水道修理業者に対応を依頼する際は、ぜひ私たち「水道修理ルート」にご依頼ください。私たちは水道設備のことを知りつくした水道局指定の水道修理業者です。
トイレの床で発生する水濡れなどのトラブルにも適切な方法で迅速に対処させていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。