日々の暮らしのなかで、欠かせない存在のトイレ。
毎日使用するからこそ、突然のトラブルに困ってしまいますよね。

トイレのトラブルといっても多岐に渡ります。専門業者の修理が必要なものから、依頼するか迷うようなちょっとした悩みもあるのではないでしょうか。
また、専門業者に依頼が必要になったら、費用はどのくらい掛かるのか心配なるかと思います。

この記事では、トイレの代表的なトラブルや悩みの症状や修理費用などについてご紹介します。

よくあるトイレのトラブル4選

トイレに関する代表的なトラブルを4つご紹介します。
また、各トラブルの症状の特徴なども詳しく説明していきます。

トイレのつまり

もっとも多いトイレのトラブルの1つがトイレがつまりです。

便器の中や排水管のどこかで何か異物などがつまり、水の流れが悪くなってしまうトラブルです。
なんとなく水の流れが悪いと言った軽度のものから、汚水が逆流してしまうなど重度の症状まであります。
関連記事:トイレの水が逆流したら確認すべき3つのこと|放置すると大変な被害に!?

【トイレのつまりの症状】
便器の水の流れが悪い
タンクの水が正常に流れているにも関わらず、便器の水が流れていかない状態です。

水の水位が高い
便器の中にはある常時水が一定の水位で水が溜まっています。
これが通常時より高い水位になっているとつまりを起こしている可能性があります。

水を流したときに異音がする
水を流した際に「コポコポ」や「ポタポタ」など音が続くときは、便器の中や排水管につまりにより水の流れが悪くなっています。

【トイレのつまりの主な原因】

こういった要因でトイレのつまりが発生することが多いようです。

【節水トイレのつまり】
節水トイレは水の流れが渦を巻くように流れることで、少ない水の量でキレイに流すことができるトイレです。
通常のトイレより水圧や水量が少ないため、一度に大量のトイレットペーパーを流してしまうなど適切な使い方ができていないとつまりの原因となります

建物の立地や排水管の構造も考えられますが、日々のトイレの使用方法によりトラブルに繋がるので十分な注意が必要です。
何より、こういったつまりの症状は、気づいたときに早めの対策を行うことで、大きなトラブルを回避することができます。

【トイレのつまりの対処法】

ご家庭でも軽度の症状であれば、つまりを解消することができます。
詳しいトイレのつまりの原因や症状、対処法などは「トイレつまりの原因と症状とは?今すぐ自分でできる対処方法5つ」で紹介しています。

トイレの水漏れ

トイレ周りの部品の経年劣化などによる破損が引き起こすトラブルです。
水漏れの症状によって破損している箇所が異なります。

【トイレの水漏れの症状】
ロータンクの中から水の音がする
便器の背面にある水が溜まっているロータンクの中で、「ポタポタ」など水の音が続くときは、ロータンク内で水漏れを起こしている可能性があります。

便器内での水漏れ
ロータンクの水漏れに伴い、便器内にもチョロチョロと少しづつ水漏れを起こしている場合があります。

ナット(接続部分)からの水漏れ
給水管パイプと分岐水栓、ウォシュレットの給水ホースなどをつなぐ「ナット」が緩み、水が漏れることがあります。

止水栓からの水漏れ
止水栓とは、故障時に水を止める・水勢を調節するために、排水管と給水器具の間に設置された水栓のことをさします。
トイレの給水管にはこの止水栓が設置されていることがあり、この止水栓の部品の隙間から水漏れを起こしていることがもあります。

便器本体からの水漏れ
陶器でできた便器の破損によって起こる水漏れです。

床下配管・便器接地面から水が染みている
水漏れしている箇所が見当たらないのに、水で床が濡れている場合は床下配管や便器接地面から水が盛れている可能性が高いです。

【トイレの水漏れの主な原因】
ロータンクの中から水の音がする
ロータンク内にある水位に合わせて給水を行う「ボールタップ」や水位をボールタップに伝える「浮き球」の不具合です。
浮き球を持ち上げても水漏れが止まらない場合はボールタップに、浮き球を持ち上げるを持ち上げて水漏れが止まる場合は浮き球に問題があります。

便器内の水漏れ
トイレのレバーと連動している「フロートバブル」に問題があります。タンクの底にある黒いゴム栓がフロートバブルです。
レバーとフロートバブルを繋ぐチェーンや、ゴムの部分が劣化することで、タンク内の水が便器内へ漏れてしまいます。

ナット(接続部分)からの水漏れ
給水管パイプと分岐水栓、給水ホースなどの接続部品の「ナット」の緩みにより水が漏れています。
締めなおしても水が止まらない、空回りして締めなおすことができない場合は、部品の破損が考えれます。

止水栓からの水漏れ
止水栓の水漏れを防ぐ三角パッキンや、トイレの給水を行うコマパッキンなどの部品の経年劣化による破損が原因で水が漏れることがあります。
止水栓のナットなどが緩んでしまうことで、水漏れを起こすこともあります。

便器本体からの水漏れ
陶器でできているため、物がぶつかったり、経年劣化によりひび割れてしまうことから水漏れが生じることがあります。
環境によっては結露することもあるようです。

床下配管・便器接地面から水が染みている
床下の排水管の破損、床下に続く排水管とトイレの接地面にあるフランジパテの劣化などが原因として考えらえます。
また、稀ですが業者の施工不備により生じることもあるようです。

トイレの水漏れの原因は、大半が経年劣化による部品の破損です。
破損箇所によっては、比較的簡単に部品を交換できることもあり、ご自身で修理される方も多いようです。

【水漏れの対処法】
止水栓を閉める

水が漏れている箇所・原因を確認する
 1, トイレタンク
  1-1ボールタップ・浮き球の状態
  1-2フロートバブルの状態(チェーンの絡まり・劣化含む)
  1-3オーバーフロー菅の状態
 2, ナットなどの接続部品の状態
  給水管パイプ、分岐水栓など
 3, 止水栓の状態
  三角パッキンやコマパッキン、ナットの状態
 4, 便器のひび割れ・破損箇所はないか
 5, 便器と床の接続部、床の状態
  場合によっては床が腐食している可能性もあります。

故障している部品を交換する、パテやコーキングで補修

詳しい修理方法は「トイレの水漏れを自力で直す方法を原因別にかんたん解説!」で紹介しています。

ウォシュレットを利用されているご家庭では、ウォシュレットから水漏れをしている場合もありますので、併せて注意が必要です。
関連記事:ウォシュレットからの水漏れの原因はどこ?応急処置のやり方【保存版】

トイレの悪臭

トイレを利用するうえで、いやな臭いがすると不快を感じずにいられません。
しかし、トイレの悪臭というトラブルには大きなトラブルが潜んでいる可能性があります。

【トイレの悪臭の症状】

【トイレの悪臭の原因】
封水切れ
便器に一定量の水を溜めておく排水トラップの故障や劣化している可能性があります。
トイレのつまりや排水管の気圧の変化によって、封水切れを起こしていまうこともあります。

通気管の不調
2階以上にトイレが接地されている場合、トイレの排水管に通気菅が備え付けられており、破損や歪みによりトイレに臭いが発生してしまうことがあるようです。

タンクなどでカビが発生している
タンクの中にカビが発生し臭いの原因となっていることがあります。
また、床下の排水管から水漏れを起こし、カビが繁殖してしまっている場合があります。

【悪臭の対処法】
封水切れ
 水を足して水位を上げる
通気管の不調
 窓をあけ、排気と吸気を調節する
タンクなどでカビが発生している
 塩素系漂白剤などで清掃する
 
その他の臭いの原因や、臭いの解消方は「トイレを掃除しても臭いが取れない時の悪臭の発生原因と解消方法」でご紹介しています。

トイレの水がでない・流れが悪い

トイレの水が流れない・手洗い場から水が出ないど、トイレの水が適切に出ないことも深刻なトラブルの一つです。

【トイレの水が出ない原因】
ボールタップや浮き球の不具合
水を流すことや給水をするための部品であるボールタップや浮き球のどちかが壊れていることが原因になります。水漏れの原因にも繋がります。

ダイヤフラムが壊れている
トイレタンクのボールタップにはダイヤフラムが使用されているものがあります。ダイヤフラムとは、水圧や空気をの力で水を流したり、給水したりする際に、水が出ないように被せているゴムの部品になります。
この部品に不具合が生じると水の出が悪くなることがあります。

止水栓が空いていない
なんらかのことで閉めてしまった止水栓を空けていない可能性があります。

トイレタンクに水が溜まるのが遅い場合も、これらが問題になっていることがあります。

【流れが悪い時の対処法】

水の流れが悪いなどの症状は、比較的ご家庭でも対処しやすいかと思います。
こちらの記事で詳しくご紹介していますので、ご自身で修理可能か確認してみてください。
関連記事:トイレの流れが悪い!うまく流れない時の原因と対処法を解説

修理業者に依頼したほうがいい事例

ここまで、トイレの代表的な4つのトラブルについて、紹介してきました。
ご自身で応急処置や修理することができる内容も多くあります。

しかし、場合によっては専門の修理業者に依頼することも必要です。

【水道修理業者に依頼が必要な場合】

水道修理ルートの症状別修理料金

水道修理ルートで修理を依頼した場合の料金について、一部ご紹介します。
症状によって対応内容や金額が変わっていきますので、あくまで大まかな目安として参考にしていただければと思います。

トイレのつまり

●便器内詰まり異物除去作業(詰まり軽度)

詳細 料金
修理料金 ¥5,000(税込¥5,500)~
部品代 ※必要な場合のみ
廃材引き取り料 ※必要な場合のみ

●便器内詰まり(ローポンプ使用)異物除去作業(詰まり重度)

詳細 料金
修理料金 ¥19,000(税込¥20,900)
部品代 ※必要な場合のみ
廃材引き取り料 ※必要な場合のみ

トイレの水漏れ

●タンク内フロートゴム交換の場合

詳細 料金
修理料金 ¥5,000(税込¥5,500)~
部品代 ※必要な場合のみ
廃材引き取り料 ※必要な場合のみ
別途 タンク脱着代

●タンク内ボールタップ交換の場合

詳細 料金
修理料金 ¥10,000(税込¥11,000)
部品代 ※必要な場合のみ
廃材引き取り料 ※必要な場合のみ
別途 タンク脱着代

●トイレタンクと便器の間からの水漏れ※密結パッキン交換

詳細 料金
修理料金 ¥5,000(税込¥5,500)~
部品代 ※必要な場合のみ
廃材引き取り料 ※必要な場合のみ

トイレの水がでない・流れが悪い

●水量の調整ができない・水漏れ※アングル止水栓交換

詳細 料金
修理料金 ¥9,500(税込¥10,450)
部品代 ※必要な場合のみ
廃材引き取り料 ※必要な場合のみ

その他、水道修理ルートでは様々なトラブルに対応しています。
詳しいサービスと料金については水道修理ルートの料金をチェック!

トイレのお手入れ

日々のお手入れを行うことで、トラブルの早期発見や重大なトラブルを回避することが大切です。

特にトイレの中の整理整頓や、棚上の収納品など落ちない工夫をすることで、便器内に異物を落としてしまうことを未然に防ぐことができます。

また、手洗い場や床掃除をする際に一緒に給水管や止水栓周りの拭き掃除などを行うと、異常があった際、早期発見に繋がります。
そして、汚れを蓄積させないことで菌の繁殖や臭いの原因を取り除くことにもなるので、週に1回で良いのでトイレの掃除や整理整頓を心がけると良いでしょう。

関連記事:トイレ掃除の頻度ってどれくらい?効果的な掃除方法やできるだけやらなくて済む方法をご紹介!

まとめ

代表的なトイレのトラブルを4つをご紹介しました。
もしご家庭のトイレにご紹介したトラブルの症状が出ているなどありましたら、早めに対処が必要です。

また、まだ故障かわからない・4つのトラブルに該当しないというお悩みも少なからずあるでしょう。
水道修理ルートでは無料でお見積り・点検を行っていますので、お気軽にご相談ください。